動名詞の名詞としての働き!主語・目的語での使い方を掴もう!

 

動名詞 (2)

 

動名詞は英語の文章を作る際にとても便利な表現です。

学校で習う英語では「意味上の主語」だとか難しい言葉で教わりますが、
動名詞を使う際には、そんな難しい考え方は必要ありません!!

気軽にパーツとして使う事が「動名詞習得」の近道です。

今回は動名詞の名詞としての使い方について、ご紹介致します!!

 

動名詞の3つの基本的な働き!!

 

動名詞 (2)

 

動名詞は、文中で「-ing形」を使った英文になり、以下の3つの働きを持ちます!!

1.主語
2.目的語
3.修飾語

前回の記事では「英語の配置」についてお話しましたが、
動名詞が「主語」と「目的語」の働きをする時は「名詞の位置」に配置され、
主語や目的語ではなく「修飾語」の働きをする時には「修飾語の位置」に配置されます。

⇒ 英文の要素!動名詞の主語・目的語・修飾語としての働きと使い分け

 

例えば、以下の3つの文をご覧下さい↓

① Walking in the park with my dog is fun.
(犬と公園を散歩する事は楽しい)

② I like walking in the park with my dog.
(犬と公園を散歩する事が好きだ)

③ The boy walking in the park with my dog is Tom.
(犬と公園を散歩している少年はトムです)

上の3つの例文を見比べてみると分かると思いますが、

①では「文の主語(名詞)」としての働き、
②では「文の目的語(名詞)」としての働きをしていますし、
③では「少年を修飾する修飾語」としての働きをしていますよね?

このように、動名詞は「主語・目的語・修飾語」の働きを持つ事ができ、
どういう働きを持つかは「文中でどこに配置されるか」で決まります。

 

動名詞の主語としての働き!!

 

196

 

動名詞の働きとしてポピュラーなのは「主語・目的語」としての働きですよね?

まずは「主語」としての働きをしている動名詞について見てみましょう。

Taking photo is my job.(写真を撮るのが私の仕事です)
Walking in the park with my dog is fun.(犬と公園を散歩するのは楽しい)

上の例文を見てみると分かる通り、
どちらの文も「主語(名詞)」として動名詞が使われていますよね?

日本語にすると「~すること」といった感じで訳されますが、
そこから感じられるのは「-ing形」ならではの動きや躍動感です!!

つまり、1つ目の文では「写真を撮っているその瞬間」という動き、
2つ目の文では「犬と公園を散歩しているその瞬間」という動きが生きています。

 

また、動名詞を主語として使う場合には所有格を使って文を作ることもできます。

His winning made us happy.(彼の勝利は私達を幸せにした)

上の文を見てみると分かると思いますが「彼の勝利」という風に、
ここでも「彼が勝ったこと」。。。という動きを感じることができますよね^^

このように動名詞は「主語」の位置に置けば「主語」としての働きを持ちます。

 

動名詞の目的語としての働き!!

 

動名詞 (1)

 

「主語」としての動名詞と同じくらい使われるのが「目的語」としての動名詞です!!

せっかくなので「目的語」としての働きの動名詞を見て行きましょう。

Stop smoking here.(ここで煙草を吸うな)
I like walking in the park with my dog.(犬と公園を散歩する事が好きだ)

上の例文を見てみると分かる通り、
どちらの文も「目的語(名詞)」として動名詞が使われていますよね?

こちらも日本語にすると「~すること」と訳されますが、
目的語として使われているのは「目的語の位置」に配置されているからです!!

 

また、目的語として動名詞を使う際には前置詞の目的語としても使う事ができます。

He is good at playing soccer.(彼はサッカーをするのが上手だ)
We won the game by practicing very hard.(一生懸命練習して試合に勝った)

その際に注意すべき点としてあげられるのが
前置詞の目的語として動名詞を使う場合には不定詞は使えない!!

。。。という点になります。

理由は簡単ですよね?

前置詞は「名詞の前に置かなければならない」というルールがあるからです。

⇒ 英会話に役立つ英文法!前置詞の基本的な働きとイメージを掴む!

なので「前置詞+動名詞」の文の際には、気をつけるようにして下さいね!!

 

動名詞の「名詞としての働き」どうでしたか?

学校の授業では、動名詞に関してあれこれ難しい事をいろいろ教わりましたが、
なんのことはなく名詞と同じように普通に扱えば良いというのが分かったと思います。

英語は配置に要素をポンポンと置くだけのシンプルな言語です。

そして、動名詞もその要素のひとつなのでルールに従い文中に配置するだけです。

1.主語の位置に置けば主語として働く
2.目的語の位置に置けば目的語として働く
3.修飾語の位置に置けば修飾語として働く

本当にめちゃくちゃ簡単です!!

シンプルなルールを使いこなせるようになって、動名詞の理解を深めて下さいね。

 

前のページ ⇒ 英文の要素!動名詞の主語・目的語・修飾語としての働きと使い分け

次のページ ⇒ 動名詞の修飾語としての働き!進行形の使い方とイメージを掴もう!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ