動名詞の修飾語としての働き!進行形の使い方とイメージを掴もう!

 

動名詞 (2)

 

動名詞は中学生でも習う簡単な英語表現のひとつです。

学校で習う英語では「意味上の主語」だとか難しい言葉で教わりますが、
動名詞を使う際には、そんな難しい考え方は必要ありません!!

大事なのは、動名詞の感覚を身に付ける事です!!

今回は動名詞の修飾語(進行形)としての使い方についてお話します!!

 

動名詞の3つの基本的な働き!!

 

動名詞 (3)

 

動名詞は、文中で「-ing形」を使った英文になり、以下の3つの働きを持ちます!!

1.主語
2.目的語
3.修飾語

前回は「動名詞の名詞としての働き」についてお話しました。

⇒ 動名詞の名詞としての働き!主語・目的語での使い方を掴もう!

動名詞は「主語・目的語」などの働きをする時は「名詞の位置」に配置され、
主語や目的語ではなく「修飾語」の働きをする時には「修飾語の位置」に配置されます。

⇒ 英文の要素!動名詞の主語・目的語・修飾語としての働きと使い分け

 

例えば、以下の3つの文をご覧下さい↓

① Walking in the park with my dog is fun.
(犬と公園を散歩する事は楽しい)

② I like walking in the park with my dog.
(犬と公園を散歩する事が好きだ)

③ The boy walking in the park with my dog is Tom.
(犬と公園を散歩している少年はトムです)

上の3つの例文を見比べてみると分かると思いますが、

①では「文の主語(名詞)」としての働き、
②では「文の目的語(名詞)」としての働きをしていますし、
③では「少年を修飾する修飾語」としての働きをしていますよね?

このように、動名詞が「主語・目的語・修飾語」の働きをする理由は、
用法があるからではなく「そういう働きをする位置」に配置されているからです。

 

動名詞の修飾語(進行形)としての働き!!

 

動名詞 (1)

 

動名詞「-ing形」を使った表現には「be動詞」と組み合わせた進行形があります。

具体的に進行形を使った表現を見てみると。。。

He is playing soccer.(彼はサッカーをしている)
My sister is acting on the stage.(姉はステージで演じている)

上の例文を見てみても分かる通り、
どちらも「進行形」として「今やっていること」を表現していますよね?

学校では「進行形」と「動名詞」と切り離されて教わりましたが、
進行形は大きな括りで見ると、動名詞と同じ考え方で捉える事ができます!!

例えば1つ目の文では「サッカーをやっている」という進行状態を表していますが、
動名詞のように考えると「○○をやっている事」と捉える事もできますよね?

 

前回の記事で「動名詞には躍動感がある」というお話をしたと思います。

例えば、以下の文↓

Taking photo is my job.(写真を撮るのが私の仕事です)
Walking in the park with dog is fun.(犬と公園を散歩するのは楽しい)

これらの文を聞いた時に、ネイティブが思い浮かべる景色は、
正に「写真を撮っている動き」や「犬と一緒に公園を散歩している動き」です。

つまり、進行形と動名詞の躍動感は、全く同じイメージになんです。

そう考えると「進行形は動名詞の仲間」というのも納得できるのではないでしょうか?

 

さて、そんな「-ing形」ですが「be動詞 + ing」が「いつも進行形」とは限りません。

例えば、以下の例文をご覧下さい↓

My hobby is collecting stamps.(私の趣味は切手集めです)
He is usually traveling all over the world.(彼はよく世界中を旅している)

これらの文は「be動詞 + ing」ですが、今現在している事ではないですよね?

主語(私・彼)は「そういう動作や事」をよくやっているんだよ!!

。。。といった「名詞だけど躍動感があるもの」になっています。

つまり、これらは「進行形」ではなく、文字通り「動名詞」という訳なんですね^^

 

そう考えると「進行形」と「動名詞」の境界線は、本当に曖昧ですよね?

ですが、重要なのは進行形や動名詞といった括りで「-ing形」を分ける事ではなく、
「-ing形」そのものが持つ「躍動感を感じてイメージする事」になります!!

この「-ing形の躍動感」さえ感じられれば「ing形」はマスターしたも同然です♪

なぜなら、それができたら後は「配置の意識」に従って、
適切な位置に「-ing形」をポンポンと配置していけば、文が完成するからです↓

【動名詞】 Walking in the park is fun.(主語の位置に置く)
【動名詞】 I like walking in the park.(目的語の位置に置く)
【動名詞】 My hobby is collecting stamps.(修飾語の位置に置く)
【進行形】 He is playing soccer.(修飾語の位置に置く)

 

熟語 (1)

 

英語は配置に従って、要素をポンポンと置くだけのシンプルな言語です。

そして、動名詞もそれらの要素のひとつに過ぎません!!

1.主語の位置に置けば主語として働く
2.目的語の位置に置けば目的語として働く
3.修飾語の位置に置けば修飾語として働く

本当にめちゃくちゃ簡単です!!

配置の意識や感覚を身に付けると文法を意識することなく感覚的に使って、
瞬間的に英語を組み立てながら、スラスラと話せるようになれます。

 

もちろん、そのためには文法の理解をした後に、話す練習が不可欠になるので、
まずは、英文法を基礎レベルまで鍛えた後に話す練習をして下さいね♪

話す練習のお薦めは、なんと言っても英語ぺらぺら君シリーズです。

 

【英語ぺらぺら君 レッスン5】

 

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の実践レビューと効果

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の公式ホームページ

この教材は全額返金保証があるのでノーリスクで始められますし、
自分で話さなければならないので、意識せずに話す訓練をするのにピッタリです。

日本で勉強していたら、英語を話して定着させる機会がないので、
覚えた英語の知識を定着させて、使えるようになりたい人は是非お試しください^^

 

前のページ ⇒ 動名詞の名詞としての働き!主語・目的語での使い方を掴もう!

次のページ ⇒ 動名詞の修飾語としての働き!名詞句と目的語を修飾しよう!!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ