不定詞の修飾語としての働き②名詞的・形容詞的・副詞的用法!!

 

不定詞 (1)

 

不定詞は英文法を代表する英語のトピックのひとつですよね?

実際、学校の授業では多くの人が3つの以下の用法を教わったと思います。

1.名詞的用法
2.形容詞的用法
3.副詞的用法

こんな風に聞くと、不定詞がすごく難しいものに感じてしまいますが、
これらの用法は別に英語を使う際には意識しなくても大丈夫です。

なぜなら、この3つの用法には、ひとつの共通する意識が働いているからです。

今回は、そんな不定詞の共通する意識についてお伝えいたします。

 

不定詞に共通する意識!!

 

不定詞 (3)

 

不定詞に共通する意識、それは「物事を指し示している意識」になります!!

例えば、以下の例文をご覧下さい。

To play tennis is fun.(テニスをする事は楽しい)

この文では「To play tennis」という表現(不定詞)を使って、
「こういう事(テニスをする事)はね、楽しいんだよ」と指し示しています。

なぜ、この指し示す意識が生まれるのかというと。。。

その理由は、前置詞「To」自体に物事を指し示す意識が宿っているからです。

⇒ 前置詞「to」のイメージと使い方!!

なので、不定詞には「一般的な物事を客観的に指し示している感覚」があります。

 

因みに、この文章は学校で習った表現を使うと「名詞的用法」になります。

理由は文中で名詞のような働きをしているからなのですが、
この文章で不定詞が名詞的な働き(名詞的用法)をしている理由は。。。

用法うんぬんではなく、名詞の働きをする位置に置かれているからです。

つまり不定詞で重要なのは「○○的用法」ではなく「文中のどこに配置する」か?

。。。になるというわけなんです。

⇒ 英文の要素!不定詞の主語・目的語・修飾語としての働きと使い分け

 

不定詞の配置!!

 

形容詞 (1)

 

そんな不定詞なのですが、学校では以下の3つの用法を軸に教わりましたよね?

1.名詞的用法
2.形容詞的用法
3.副詞的用法

これらの用法は、すごく重要なもののように教わりましたが、
実際に英会話などで不定詞を使う際には全く重要ではありません!!

先ほどもお伝えしましたが、不定詞で重要な事は用法ではなく、

「文中でどこに配置するか?」

。。。です!!

これさえ抑えることができれば「不定詞の○○的用法」は必要ありません!!

 

そうは言っても、なかなか英語の「配置の重要性」が分からないと思いますので、
分かりやすく「in」という単語を使って「配置の重要性」を説明しますね。

まず、お聞きしたいのですが。。。

あなたはinという単語を何詞として覚えましたか?

おそらく多くの人が「in=~の中」だから「前置詞」と覚えたと思います。

また、中には「in」は「前置詞、形容詞、副詞」、
。。。といった感じで覚えていった人もいるのではないでしょうか?

ですが、その覚え方がまず根本的に間違っています!!

なぜなら「in」に限らず、英語は配置によって品詞や用法が変わるからです。

 

例えば、以下の文をご覧下さい↓

①In the box is empty.(箱の中身は空です)
②Pink was in color last year.(ピンクは去年の流行色でした)
③Please come in.(どうぞお入り下さい)

これらの文を見てみると分かると思いますが。。。

①では主語の位置に置かれ「箱の中身」と名詞的な働きをしていますし、
②では「ピンク(名詞)」を修飾する位置に置かれ形容詞的な働きをしていますし、
③では「来る(名詞以外)」を修飾する位置に置かれ副詞的な働きをしていますよね?

つまり、単語でも何でも用法や品詞は、文中での配置次第なんです。

 

では、それを踏まえて不定詞について考えてみてください!!

例えば以下の例文↓

①名詞的用法  ⇒ To study English is fun.
②形容詞的用法 ⇒ I bought a book to study English.
③副詞的用法  ⇒ I go to school to study English.

私達はこれらの使い方を、名詞のような働きだから名詞的用法、
形容詞のような働きだから形容詞的用法、副詞のような働きだから副詞的用法、

。。。と名づけて学びました。

しかし、それは日本語を中心に考えた「英語の捉え方」であって、
英語の文そのものから導き出した「英語本来の捉え方」ではありません!!

 

つまり、以下の例文が「○○的用法」を持つのは用法をありきではなく。。。

①名詞的用法  ⇒ To study English is fun.
②形容詞的用法 ⇒ I bought a book to study English.
③副詞的用法  ⇒ I go to school to study English.

主語(名詞)の位置に不定詞が置かれているから名詞的用法、
名詞(本)を修飾する位置に不定詞が置かれているから形容詞的用法、
名詞以外(学校へ行く)を修飾する位置に不定詞が置かれているから副詞的用法、

。。。になるわけです。

そう考えると、不定詞も単純に配置に注意すれば使いこなせるんですね。

 

不定詞の「○○的用法」に共通する意識!!

 

不定詞 (2)

 

それを踏まえて、不定詞の名詞的・形容詞的・副詞的用法を見て行きましょう。

これら3つの用法に共通する意識、
それは「足りない情報を補う」という意識になります。

例えば、以下の例文をご覧下さい↓

I like.(私は好き)

多くの人は、この文だけでは「何が言いたいのか分からない」ですよね?

なので、不定詞を使って足りないを補うという訳です↓

I like to play tennis.(テニスをするのが好き)

 

不定詞は意識を掴めば、後はただ「足りないを補う作業」をすればOKです。

例えば「名詞的用法」なら、先ほどの例文のように。。。

I like. ← 何が好きなの?

I like to play tennis. ← テニスをするのが

不定詞が目的語の位置に置かれ、名詞の働きをしていますよね?

 

同じように形容詞的用法も副詞的用法も「足りないを補う作業」をすればOKです。

例えば「形容詞的用法」なら。。。

Do you want anything? ← どういったものが欲しいの?

Do you want to anything to drink?. ← 飲むためのものが

。。。といった感じで、名詞の「anything」を不定詞で説明しています。

また「副詞的用法」なら。。。

I’m excited. ← 何に?

I’m excited to hear the news. ← その知らせを聞いて

。。。という感じで、動詞(名詞以外)の「excited」を不定詞で説明しています。

 

これが学校でも習った不定詞の名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法ですが、
重要なのは、不定詞の3用法ではなく「足りないを補う気持ち」です!!

それを意識すれば、用法なんて関係なく不定詞は自由自在に操る事ができます。

不定詞に限らず英語は「配置」と「意識」が全てです!!

そのためには「配置の法則」と「英語の意識」を掴んで下さいね

不定詞や英語の配置を勉強するなら以下の通信講座がお薦めです↓

⇒ 1年でTOEIC900点!分かる!解ける!英文法!

この講座では、英語の配置の法則を学ぶ事ができるので、
文字通りTOEICなどのテスト対策、英会話にも役に立つ文法が身に付きます。

この講座は、かなりお薦めなので絶対に損をしないと思いますよ^^

それを身に付けたら、今度は話す練習をして感覚を身に付けて行って下さいね。

 

前のページ ⇒ 不定詞の修飾語としての働き①要素の配置の感覚と使い方を掴もう!

次のページ ⇒ 不定詞のその他の使い方!「仮主語のit」と「否定表現」を覚えよう!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “不定詞の修飾語としての働き②名詞的・形容詞的・副詞的用法!!”

  1. jj より:

    ・切手を集めることは私の趣味です
    To get stamps is my hobby.

    ・私の趣味は切手を集めることです
    My hobby is to get stamps.

    ・私は買い物に行くのが好きです
    I like to go shopping.

    ・私は弱音を吐かないと決心しました
    I decided not to make complaints.

    ・私は弱音を吐く決心をしませんでした
    I didn’t decide to make complaints.

    ・彼は彼女にあげるための本を買いました
    He bought a book to give her.

    ・あなたに会えて嬉しいです
    I’m glad I get to meet you.

    これでどうでしょうか?

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。最近は提出率100%ですね。

      では早速、宿題の答えに参りますね。

      ・切手を集めることは私の趣味です
      ・To collect stamps is my hobby.

      ・私の趣味は切手を集めることです
      ・My hobby is to collect stamps.

      ・私は買い物に行くのが好きです
      ・I like to go shopping.

      ・私は弱音を吐かないと決心しました
      ・I decided not to make complaints.

      ・私は弱音を吐く決心をしませんでした
      ・I didn’t decide to make complaints.

      ・彼は彼女にあげるための本を買いました
      ・He bought a book to give her.

      ・あなたに会えて嬉しいです
      ・I’m glad to meet you.

      1問目と2問目の切手を集めるはコレクションの語源である
      コレクトを使った方がゲットより、しっくりきますね。

      7問目は「I get」は要らなかったです。
      不定詞の「to meet you」が直接「glad」を修飾してますね。

      不定詞に副詞的用法です。

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ