独学で簡単に英語を上達させよう!初心者のための英会話勉強法!

 

英語勉強 (5)

 

前回から始まった英会話(スピーキング)の上達方法なのですが、
いよいよ今回から具体的な練習方法についてご紹介して行きます。

英会話を上達させるために必要な力は、まずは基本的な「文法力・語彙力」
そして「リスニング力」と「スピーキング力」になりますが、
文法はともかく、話す練習はネイティブと話す機会を作るのが一番です!!

とはいえ、最初からそんなこと出来ないしネイティブと知り合う機会なんてない
という方のために、まずは独学でできる勉強法から紹介して行きます。

 

独学でスピーキング力UP!オススメ勉強法

 

英語勉強 (2)

 

なるべくお金をかけずに独学で英会話(スピーキング力)を
上げる方法の一つ目は教材です!!

教材と言っても高い教材ではなく、安くて良いものを紹介します。
ただし「中学レベルの基礎力がある」のが前提ですのでご了承下さい。

 

1.英会話なるほどフレーズ100(スティーブ・ソレイシィ)

独学で英会話の勉強をするなら、
最初のステップはこれ英会話なるほどフレーズ100です!
(見て頂ければ口コミの多さで良いものとわかると思います)

この本はCD付きで日常的に使われるフレーズが100個まとまってます。
英会話番組や映画を観ていると、ここにある言い回しがたくさん出てきます。
ある程度英語が出来る人には少し物足りないですが、基本を抑えるには良い本です。

この本に出てくる100個の言い回しを聞いて声に出して練習して、
反射的にでてくるようになったらOKです。

また一緒に英語の日記を書き始めると更に爆発的に英会話力を上げることができます。
日記を書く際は、細かい文法は気にせず話し言葉で書いてしまって大丈夫です。
多少文法的に間違っていても言葉は通じますので、この本で練習をしながら、
メモ程度の日記を付けてみましょう!

 

2.英会話なるほど練習帳(スティーブ・ソレイシィ)

1が終わったら次は同シリーズの 英会話なるほど練習帳がオススメです。

こちらもCD付きで、実際の発音を聞きながら練習できます。

英会話なるほど練習帳は英会話なるほどフレーズ100の
前半50個のフレーズを問題を通しながら繰り返し練習させ、
日常生活で反射的に使えるようにするための本になります。

これをやりきると「なんか英語話せるかも?」って気になってくるので不思議です。

 

3.英会話1000本ノック(スティーブ・ソレイシィ)

またまたスティーブ・ソレイシィですが、
このシリーズは英会話に特化しているので本当に良いです。

この英会話1000本ノックは今までの集大成としてやりましょう。

ただしこの本は後半900問には、
回答例が2パターンしか載っていません、
またCDには最初の100問しか回答がないので、
正しい答えがわかりません!

ただ、実際の英会話では正しい答えなんか元々無いですし、
英会話は「英語を話す練習」をすることがとにかく大事なので、
間違えても自分の頭で考えて意見を述べる練習をするのが大事です。

そもそも「英語が出てこない」と悩んでいる人が、
始めから答えのある本を練習しても意味がありません!!
最終的な目標は「自分の意見を反射的に出せるようにすること」ですよね。

この本での目標は間違えでもいいので、自分の言葉で答えを出すこと、
そして、その答えを後ほど辞書や参考書で答え合わせをしてみることで、
考える力を訓練することが出来ます。

 

ただし、この「スティーブ・ソレイシィ」シリーズは、
フレーズを覚えてそこから広げるためのものだと思って下さい!!

次回は英会話の反射神経を鍛える方法を紹介します。
実はその方法が一番効果的ですので是非試してみて下さいね♪

 

前のページ ⇒ 簡単に短期間で英語がしゃべれるようになるコツ!裏技テクニック!

次のページ ⇒ 英語の反射神経を鍛えよう!話せない人のための英会話練習法!!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ