英語・英会話の基本文型!自動型の英文の作り方をマスターしよう!

 

基本文型 (4)

 

あなたは英語の基本文型をマスターして使いこなすことができていますか?

前々回の記事でネイティブは英文を作る際には4つの文の形の中から、
自分が話したい、表現したいことに適した形を瞬時に選び出し、
そこに要素(単語や構文など)を得てはめているという話をしました。

英会話も英作文も文を組み立てる際には、
一番最初に文の形の中から「何を使うか」を感覚的に選べるようになると、
文章を作ったり話すのがラクになります。

今回は4つの文の形の中から自動型について詳しくお話します。

 

英文の構成!「主語」と「動詞(述語)」について!

 

基本文型 (2)

 

英語に限らず文章は主語と述語で構成されています。

主語とはその文章の主人公のことで、文章の物語の中心になります。

そして、意味さえ通じれば、どんなものでも主語にできます。

例えばこんなもの。。。

「肩のうしろの2本のツノのまんなかにあるトサカの下のウロコの右」

こんなものでさえ、主語にすることができるんですね。

 

そして述語は、文章で言えば物語の部分!!

主語が何をしたのか?どういう状態なのか?などを表現・説明し、
英語では主に動詞・助動詞以下の部分のことを指します。

To watch TV all day long is not good for education.
(一日中テレビばかり見ることは、教育によくありません)

紫・・・主語  緑・・・述語

ここまでは前回の復習です。

⇒ 英語の主語の捉え方とルール!構造を抑えて文章を理解しよう!!

 

さて、そこで重要なことがあるのですが、
英語には、どの文型にも必ずある2つの要素が入っています。

それは何でしょうか?

答えは「主語」と「動詞(述語)」です。

説明した通り、主語には何でも入れられるので名詞とは限らないですが、
動詞はどの英語の文章にも必ず必要な文の要素になります!!

そしてご存知のとおり、動詞には「be動詞」と「一般動詞」があり、
「原型・現在形・過去形・過去分詞形・-ing形」に変化します。

 

自動型を理解して英文を作ってみよう

 

基本文型 (1)

 

さて、では4つの文の形の中から1の自動型の理解をしたいと思います。

1.『主語 + 動詞』(自動型:動作を表す)
2.『主語 + 動詞 + 目的語』(他動型:他のものに力を及ぼす)
3.『主語 + 動詞 + 説明語句』(説明型:主語を説明する)
4.『主語 + 動詞 + 目的語 + 目的語』(授与型:受け渡しをあらわす)

英語はどんなに複雑で長い文章でも、上の4つの形しかありません!!

それは関係詞だろうが、不定詞だろうが、過去形だろうが絶対です。

そして、その中でも一番単純なのが、単純な動作を表す「自動型」です。

 

あなたが英文を作ったり話したりする際に、単純な動作を表現したければ、
自動型「主語+動詞」を選んで、その中に要素を入れればそれで完成です。

I swim in the pool.(私はプールで泳ぐ)
She cried.(彼女は泣いた)
My sister jogs every morning.(私の姉は毎朝ジョギングする)
His dad eats a lot.(彼の父さんはよく食べる)
She sings with a beautiful voice.(彼女は美しい声で歌う)

こんな感じで自動型で表現できるのは単純な動作です。

この際注意すべき点は「a lot」や「with a beautiful voice」などは、
文章全体や文の中の要素を修飾する「修飾語句」である点です。

なので、数が増えても文の形(自動型)を崩す事はありません!!

 

自動詞と前置詞の組み合わせ

 

基本文型 (3)

 

さて、この自動型なのですが、よく動詞が前置詞とセットになります。

いくつか例を書くとこんな感じです↓

I looked at the dog.(私はその犬に目を向けた)
I looked over the script.(私は台本に目を通した)
I looked through some magazines.(私は何冊かの雑誌に目を通した)
I looked into the big hole.(私はその大きな穴を覗き込んだ)
I am looking for a new partner.(私は新しい仲間を探している)

前置詞とのセットになると「何に対して・どのようになれるのか」といった
ニュアンスが加わってくるので、単純な動作より内容が鮮明になります。

例えば

I looked at the dog.(私はその犬に目を向けた)

この文では、前置詞の「at」がついたことにより、
「その犬に目を向けた」と少女への焦点の意識がより強くなっています。

 

そこで大事なことがひとつあるのですが、
この「動詞+前置詞」は、よく熟語として紹介され暗記されてしまいます。

ですが、それが命取りになることを多くの人が理解していません。

大事なのは「look」と「at」が持つ「意識」や「ニュアンス」が合体して、
それが「look at」の意味を形成していると理解することです。

例えば「look at」の場合、「look」は「見る」、「at」は「点」というニュアンスです。

なので。。。

I looked at the dog.(私はその犬に目を向けた)

この文は犬に目を向けるという意味になります。

同じように「lookには見る」、「forには~求めて」というニュアンスがあります。

なので。。。

I am looking for a new partner.(私は新しい仲間を探している)

この文は「仲間を求める、仲間を探す」という意味になるわけです。

 

ただ単純に「”look at”はこう!」「”look for”はこう!」と暗記してしまうと、
英文が複雑になるにつれて使いこなせなくなってしまうんですね。

それぞれの単語が持つニュアンス、それが組み合わさるとどうなるのか?

そういう点に着目して英語の勉強をしていくと、
TOEICなどの試験にも、英会話などの応用にも生きてきますよ。

 

基本的に動詞と前置詞の場合は、単語のニュアンスを覚えてしまえば、
ほとんどの場合、それぞれのニュアンスから意味を予想することができるので、
構文としての丸暗記で終わりにしないようにしましょう。

英語は暗記よりも動詞や前置詞がそれぞれに持つイメージの理解が大事です。

暗記だけではなく、ニュアンスも掴むようにして下さいね。

 

前のページ ⇒ 英語の主語の捉え方とルール!構造を抑えて文章を理解しよう!!

次のページ ⇒ 英語・英会話の基本文型!他動型の英文の作り方をマスターしよう!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ