英語・英会話の基本文型!授与型の英文の作り方をマスターしよう!

 

授与型 (4)

 

英語の文章はどんな複雑な文章でも、4つの基本文型に分類されます。

ネイティブは自分の話したいことに合わせてこの4つの型から、
瞬時に使うべき型を選択し、その型に要素を組み込んで文章を作ります。

基本文型は中学などで英語を習うと最初に教わる項目ですが、
実はこの項目をしっかりと理解することが英語上達の近道です。

これまで「自動型」「他動型」「説明型」の3つの型を紹介しました。

今回は4つの型のうち、最後の「授与型」についてお話します。

 

授与型を理解して英文を作ってみよう

 

授与型 (3)

 

英語はどんなに複雑で長い文章でも、たった4つの基本文型に分けられます。

1.『主語 + 動詞』(自動型:動作を表す)
2.『主語 + 動詞 + 目的語』(他動型:他のものに力を及ぼす)
3.『主語 + 動詞 + 説明語句』(説明型:主語を説明する)
4.『主語 + 動詞 + 目的語 + 目的語』(授与型:受け渡しをあらわす)

以前、単純な動作を表す「自動型」をご紹介、

⇒ 英語・英会話の基本文型!自動型の英文の作り方をマスターしよう!

主語が対象に力を及ぼす「他動型」をご紹介、

⇒ 英語・英会話の基本文型!他動型の英文の作り方をマスターしよう!

そして主語を説明する「説明型」をご紹介しました。

⇒ 英語・英会話の基本文型!説明型の英文の作り方をマスターしよう!

もし覚えていなかったら、そちらから見てみてください!!

 

今回スポットを当てるのは「授与型」!!

この「授与型」は文字通り「AにBを授与する・与える」場合に使われます。

つまり、何かを誰かに渡す場合などに、これを使えばいいわけなんですね♪

具体的な例をあげると。。。

He gave her a ring.(彼は彼女に指輪をあげた)
My father bought me a watch.(父が私に時計を買ってくれた)
He sent his boss an e-mail.(彼は上司にメールを送った)

He gave me a book.

主語・・・茶   目的語A・・・紫   目的語B・・・緑

ご覧のとおり主語目的語A目的語Bを与える」といった型ですね。

 

この場合注意すべき点は「AにBを」の順番になり、
「授与型」では、語順を自由に入れ替える変えることはできません!!

理由は英語は語順によって意味が決まる言語だからです。

日本語では。。。

彼は彼女に電話番号を教えた
彼は電話番号を彼女に教えた

こんな感じで、助詞を変えれば自由自在ですが、
英語は助詞が無いので、語順で文の意味が決まってしまうんですね♪

⇒ 英語を話すための文法!英会話の基本4ルール!その1「配置」

 

また「授与型」は単純なものだけでなく、抽象的なものも授与できます。

具体的には。。。

She will tell him the reason tomorrow.
(明日、彼女は彼に理由を伝えるでしょう)

こんな風に「理由」といった抽象的なものもOKです。

つまり、授与型は「何かへ何かが渡る時」であれば何でもOKなんですね♪

 

授与型はあげるだけじゃない!!

 

授与型 (2)

 

「授与型」は名前から考えると与えることだけを考えてしまいますが、
逆に何かから何かを奪うことも「授与型」に分類されます。

具体的には。。。

Collecting classic cars cost me a lot of money.
(クラシックカー収集はお金がかかるよ)
To fix that car took me more than 3 days.
(あの車を直すのに3日以上もかかっちゃったよ)
He charged me $500 for repair cost.
(彼は私に修理費用として500ドルを請求した)

こんな感じで「AからBを奪う」のも「授与型」になります。

 

説明型と前置詞の関係

 

授与型 (1)

 

この「授与型」で一番学習者を混乱させるのが前置詞を使う時です。

なぜなら、前置詞を使うと他の型に近くなるからです。

更によく使われるのが「to」と「for」ですが、それが厄介です。

例えば以下の文↓

I brought the chair to him.
I brought the chair for him.

あなたはこのニュアンスの違いが分かりますか?

 

答えはこうなります↓

I brought the chair to him.(私は彼の方に椅子を持ってきた)
I brought the chair for him.(私は彼のために椅子を持ってきた)

理由は、どちらも方向を表す前置詞ですがニュアンスが違うからです↓

・to ⇒ 到達点 ⇒ 彼の方
・for ⇒ 目的 ⇒ 彼のため

参考書などでは「toは”~に”」「forは”~のために”」と説明されますが、
根本にあるのは前置詞が持っているニュアンスです。

こういう風に「気持ち」で理解することが文法では大事なのですが、
試験などが目的の場合、多くの英語学習者が組み合わせで暗記をしてしまいます。

・Aという単語だから「to」
・Bという単語だから「for」

ですが、この覚え方は英語を使いこなす上で危険です。

なぜなら、英語は言葉なので気持ちから生まれていて、
そして「言葉のルール」である文法も感情から生まれたルールだからです。

 

そう考えると「英語の気持ち」を理解することが、
文法を理解して使える文法を身に付けるためには重要なんですね^^

実際、お話してきた基本4文型も感情に基づいて決められています↓

・自動型 ⇒ 何か単純な動作を表す
・他動型 ⇒ 何かに影響を及ぼしている
・説明型 ⇒ 何かが何なのかを説明している
・授与型 ⇒ 何かが何かに何かを受け渡ししている

英語は難しく考えず、ましてや機械的でもなく、
自分の言いたいことに合わせて文型から型をチョイスして、
あとはその中に要素(単語や構文など)を入れていけばいいわけです。

なので、4つの基本文型をバッチリ抑えれば、
テストでも英会話でも使える英語を身に付けることができますよ^^

 

前のページ ⇒ 英語・英会話の基本文型!説明型の英文の作り方をマスターしよう!

次のページ ⇒ 英語の4つの基本文型と動詞の関係!それぞれの型には相性がある!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “英語・英会話の基本文型!授与型の英文の作り方をマスターしよう!”

  1. 児玉 法子 より:

    こんばんは。今までは、授与型はgiveとかbuyなど
    限られた動詞でしか使わない、あまり使い道のない
    文法だと思い込んでいて、
    「奪う」動詞もも同じ分類とは知らなかったので
    目からうろこの気持ちです。
    ところで、最近見かけた英文で、
    “The stress hormone puts working mothers at higher
    risk for health problems.”
    というのがあったのですが、母たちにリスクを
    もたらすという意味で、この英文も授与型の意味の
    英文なのでしょうか?

    • choro より:

      >児玉さん

      コメントありがとうございます。

      授与型って名前なので奪うのも授与だとはなかなか思えないですよね。
      本当に混乱してしまう名前ですね(^^;)

       

      さて、授与型の型は「主語+動詞+目的語+目的語」の形になります。

      そこで今回の質問の文なのですが。。。

      The stress hormone puts working mothers at higher risk for health problems.

      授与を表す、もう1つの型と言っても良いと思います。
      肝心の授与型かどうかという点ですが、私的にはこれは他動型の部類に入ります。

      こう考えると分かりやすいですよ↓

      The stress hormone / puts / working mothers at higher risk for health problems.

      ・他動型 ⇒ 主語+動詞+目的語
      ・授与型 ⇒ 主語+動詞+目的語+目的語

      ただテキストによっては、この手の形の文を授与型に分ける事もあるようです。

       

      私の中では。。。

      working mothers at higher risk for health problems

      。。。と全部一括りにして捉えていて、
      どっちかと言えば他動型で考える方がしっくりくる感じがします。

      これの1-Cの意味で考えると、他動型だなと感じられると思いますよ↓

      ⇒ Putの意味〔+目的語+前置詞+(代)名詞〕

      ストレスはワーキングマザーの健康のリスクをより高い状態にする!

      ストレスが働くお母さんの健康に。。。

      つまり、主語が何かに影響を与えているので他動型ですね。
      日本語の意味から考えると授与型っぽいですが英文の型は他動型です!!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ