英会話のための英文法!基本動詞「Bring」のイメージを掴もう!

 

基本動詞 (5)

 

英語には、日本語の意味を覚えただけでは使えないものが多くあります。

中でも基本動詞と呼ばれている「会話によく使われる動詞」は、
幅広いニュアンスを持つものが特に多く、イメージを捉えないと扱えません。

これまでにも、いくつかの基本動詞のイメージをご紹介してきましたが、
今回は、そんな基本動詞の中から「Bring」のイメージをご紹介致します。

 

基本動詞「Bring」のイメージ!!

 

基本動詞 (2)

 

基本動詞「Bring」のイメージは「持ってくる」です!!

ただ「持ってくる」だけだと日本語の意味と対して変わらなく感じますよね?

ですが、重要なのは動きがあるということで、
例えて言うなら「Come + モノ」が同時に起こったといった感覚です!!

⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Come」のイメージを掴もう!

また、その際に注意すべきことがあるのですが、
持ってくる動作をするモノ、つまり「主語は人とは限らないという点」です。

 

では、そのイメージを抑えて、
早速「Bring」の基本イメージ「持ってくる」を見てみましょう。

He brought me some flowers.(彼は私に花を持ってきてくれた)
I’ll bring my girlfriend to the party.(パーティーに彼女を連れて行くよ)
The summer brought heat waves. (その夏は何度か猛暑日だった)

これらを見て頂いくと分かる通り、
基本動詞「Bring」は、いろいろなモノを持って来てますよね。

持ってくる・持ってこられるモノは「人や物とは限らない」と覚えておいて下さい。

 

基本動詞「Bring」の「持ってくる」イメージ!!

 

基本動詞 (4)

 

「Bring」はイメージから「何かをしむける」イメージを生み出します。

A phone call from the hospital brought him hurrying to there.
(病院からの一本の電話が彼をそこへ急がせた)
What brings you here?(何しにここへ着たの?)

これらは、主語などが誰かを「そうさせる」理由や状況を持っているからで、
まさに「Bring」の「Come + モノ」のイメージから生まれてきています!!

 

基本動詞「Bring」のイメージで注意すべき点は、
この動詞には必ず方向性があり、同時に「何かが来る」ということです。

例えば以下の文↓

The Internet has brought many changes to our life.
(インターネットは私達の生活に大きな変化をもたらした)
The product will bring our company a huge profit.
(その製品は我が社に莫大な利益をもたらすでしょう)

どちらも、来るという方向と一緒に何かが付いてきていますよね?^^

このように「Bring」では、必ず方向とモノが同時にやってきます!!

 

基本動詞と前置詞の組み合わせ!!

 

基本動詞 (1)

 

さて、今回は基本動詞「Bring」のイメージをお伝えして来ていますが、
動詞は前置詞などと合わさると、更に爆発的にニュアンスを広げます。

例えば、今回の「Bring」だったら。。。

・Bring about ~(~をもたらす)
・Bring back ~(~を持ち帰る、連れ帰る、~を思い出させる)
・Bring out ~(~を明らかにする、~を出版する)
・Bring ~ to …(~を…する気にさせる)
・Bring up ~(~を育てる、~を持ち出す)

このように前置詞と組み合わさることで様々なニュアンスを持ちますが、
基本となる動詞「Bring」の持ってくるイメージは、そのまま残っています。

 

今回は基本動詞のお話なので前置詞の説明は抜きにしますが、
基本動詞(動詞)は前置詞と合わさってもほとんどの場合、
その動詞が本来持つイメージを失うことはありません!!

だからこそ、動詞を日本語に頼って意味だけで暗記をしてしまうと、
前置詞と合わさったり文になった際、ニュアンスが掴めなくなってしまいます。

英語は人が作った言葉なのですから、
使う文や使う人、タイミングや背景など、様々な要素で意味が変わってくるので、
臨機応変に対処できるようにイメージを抑えるようにしましょう。

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Give」のイメージを掴もう!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Carry」のイメージを掴もう!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “英会話のための英文法!基本動詞「Bring」のイメージを掴もう!”

  1. momo より:

    ちょっと 難しいですね・・・雪が大雪を持ってくる・・と考えると
     That snow brought much snow sometimes .
    と 思ったんですが・・今一自信は有りません

    • choro より:

      >momoさん

       
      コメントありがとうございます。

      。。。というか私の送ったメールの問題文が間違ってました。

      × その雪は何度か大雪だった ← 意味不明ですよねw
      ○ その冬は何度か大雪が降った

      スミマセン!!

       

      本当に出したかった問題はこれです↓

      ・その冬は何度か大雪が降った
      ・The winter brought heavy snowfalls.

      ですが、momoさんの送ってくれた文の型は合ってますので正解です。

       

      • momo より:

        hahaha………(≧◇≦)
        間違った問題に 普通に答えてしまった・・てのも ちょっと変?
        雪が降った中に 何度か大雪の時が有った・・て 考えた訳で・・
        想像力が 豊かなもので・・
        恥ずかしい・・・・・

        • choro より:

          >momoさん

           

          コメントありがとうございます。

          いえいえ、間違った問題でもしっかり構造どおり文を完成させた。
          。。。ということなので嬉しかったです。

          バッチリ理解してもらえてるんだなぁって(^^)

          単語を型に当て嵌めて文を完成させる!!

          momoさんは簡単な文なら日本語的におかしな文でももう完璧ですね♪

           

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ