英会話のための英文法!基本動詞「Fall」のイメージを掴もう!

 

基本動詞 (6)

 

動詞の中には日本語で意味を覚えるだけでは、使いこなせないものがあります。

それらの動詞は一般的には「基本動詞」と呼ばれており、
日常的な英会話の中でも非常に良くに使われます。

基本動詞が日常会話よく使われる理由は、
他の難しい動詞の代わりに使うことが出来るので使い勝手が良い点、
そして誰もが知っている簡単な英語という点があげられます。

今回は、それらの基本動詞の中から「Fall」のイメージをお伝えいたします!!

 

基本動詞「Fall」のイメージ!!

 

基本動詞

 

基本動詞「Fall」のイメージは「下がる」「落ちる」などです!!

こちらの動詞も、以前にお伝えした「Rise」と同様に、
方向の動きを表す動詞で「下」方向への動作の比喩などにも使われます。

例えば、先ほどお話した「下がる」が一番頻繁的な用法ですが、
その他にも「倒れる」「落ちる」「減る」「減退する」などなど、
「下」に関わる動きであれば、広範囲で使用することができます。

その辺の感覚は、やはり日本語の「下」に関わる動詞に近いですね。

 

では、それを踏まえて「Fall」を使った様々な例文を見てみましょう。

The snow was falling slowly.(雪がシンシンと降っていた)
The apple fell down from the tree.(りんごが木から落ちた)
He fell down on the snow field.(彼は雪原に倒れた)
She fell asleep on the train.(彼女は電車で居眠りをした)
The population in this town is falling every year.
(この町の人口は毎年減っている)

こんな風に「下方向」であれば、様々なシーンで「Fall」が使えます。

 

基本動詞「Fall」の様々な使い方

 

基本動詞 (4)

 

基本動詞「Fall」も他の動詞と同様に前置詞などとの組み合わせによって、
ありとあらゆるニュアンス(イメージ)を生み出します。

・Fall apart(ばらばらになる)
・Fall away(減る、衰える、なくなる)
・Fall back(後退する)
・Fall behind(遅れる)
・Fall for ~(~に夢中になる)
・Fall in(中に崩れ落ちる)
・Fall into ~(~の状態になる)
・Fall off(外れて落ちる)
・Fall on ~(~に襲い掛かる)

他にもまだまだありますが、このように様々なイメージを持ち、
それらのイメージは元々の「Fall」のイメージをベースに生まれてきます。

つまり、イメージを掴むことが、動詞本来の意味はもちろんのこと、
英文全体の意味を理解するのに役立つわけです。

 

また「Fall」などの動詞は、そのイメージから名詞として使うこともあります。

例えば「落下」「転倒」「滝」「低下」「秋」などがそれにあたります。

He had a fall from a horse.(彼は落馬した)
The waterfall with a fall of 100 feet.(落差100フィートの滝)
A heavy fall of snow.(大雪)

中でも名詞として使われる「Fall」で特に目を引くのは「秋」という意味です。

これは「秋になると葉っぱが落ちる」ことから生まれてきたもので、
そこから考えても、英語が如何にイメージが大切な言語かが分かりますね。

 

基本動詞 (3)

 

今まで当ブログ内でも、何度もお伝えしてきていますが、
英語を覚える際には、とにかく日本語だけで覚えないことが重要です!!

英語に限らず言語は、感情や情景を伝え合うためのツールです。

つまり「Fall」の「落ちる」イメージと「葉が落ちる様子」を結びつけて、
「Fall=秋」いう名詞が生まれたように、英語はイメージで成り立っています。

だから、真の意味で英語を理解するためには、ただ暗記をするのではなく、
英語の気持ちやイメージを汲み取ってあげることが大事なんですね^^

今回の「Fall」などの動詞に限らず、英単語、英熟語、英文法、英文など、
英語を勉強する時には、そのイメージを感じ取って勉強するようにしましょう。

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Rise」のイメージを掴もう!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Turn」のイメージを掴もう!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “英会話のための英文法!基本動詞「Fall」のイメージを掴もう!”

  1. momo より:

    fallの イメージも 凄く難しいですね 落ちる・・から 生まれるイメージ・・て 色々思い浮かべましたが 前置詞と一緒になって 出来る言葉の中でも fall for fall into fall on は 中々イメージが結びつかなくて(◞‸◟) その事に 陥る・・みたいな ニュアンスなのでしょうか?襲い掛かる・・と言うと 落ちるとか 減退とかよりも 前進のイメージが有るのですが??
    所で今日の 宿題です
       He is falling on the snow field .
    かな?単語の持つイメージて 難しいですね

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      そうなんですよね、動詞と前置詞が組み合わさるとイメージが広がりすぎて、
      なかなか掴めないものが多くなってきます!!

      私も「え?何で?」って感じるのが多々あります(^^;)

      何しろ、動詞と前置詞のイメージの掛け算ですからね、
      イメージの掛け算なので広がり大きすぎて句動詞専門の辞書があるくらいです。

      なので句動詞は漠然と掴んで、今後多くの英語に触れていく中で、
      徐々に理解や使い方を覚えていくようにすると良いですよ、私はそうしてます。

       

      あと句動詞だけじゃなく動詞のイメージも最初はザックリ覚えると、
      英語と触れ合う中で「そういうことだったんだ」って繋がっていきますよ。

      私たちが習う学校英語って、意味を覚えて文を作る形式じゃないですか?

      言ってしまえば、こんな感じの文の作り方です↓

      ・小(意味) ⇒ 大(イメージ)

      ですが、イメージはその逆のパターンでこうなります↓

      ・大(イメージ) ⇒ 小(意味)

      英会話は小さいところから大きくするよりも、
      相手との共通イメージを大きいところから小さくして行く方が簡単です。

      イメージをお伝えしていますが、
      テストではないので完璧にする必要はありません。
      ゆっくり時間をかけて徐々にイメージと意味を結び付けて行きましょう。

       

      因みに宿題ですが惜しかったです↓

      ・彼は雪原に倒れている
      △ He is falling on the snow field.
      ○ He is falling down on the snow field .

      倒れているは「fall down」で1つの括りなので、
      難しいですが動詞部分を進行形にして「falling down」です。

      単純に「falling」だけだと「落下してる感じ」に思えてしまいます!!
      (雪の上にジャンプして飛び降りたのかな?って感じますね)

      これもイメージ(映像化)です↓

      ・彼は雪原に倒れている
      △ He is falling on the snow field.
      ○ He is falling down on the snow field .

      もし、動詞1つでイメージ通りのことを映像化するならこうですね↓

      ・彼は雪原に倒れている
      ・He is lying on the snow field.
      ・彼は雪の上で横たわっている ⇒ つまり倒れている

      どうですか?

      映像が浮かんできましたよね?

      今回のは動詞が句動詞(動詞+前置詞)だったので難しかったかもですが、
      こうやって文を一から考えて間違えることはとっても大事です。

      これからもどんどんトライしてきて下さいね♪

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ