英会話のための英文法!基本動詞「Think」のイメージを掴もう!

 

基本動詞 (3)

 

当ブログではこれまでにも多くの基本動詞のイメージを伝えてきました。

なぜ、わざわざ基本動詞をひとつずつ紹介しているのかというと、
基本動詞(動詞)は英文の中に必ずひとつは必要な品詞であり、
その文全体の方向性を決定付ける重要なパーツだからです。

そして、逆を言えば基本動詞のイメージさえ掴んでしまえば、
主語や修飾語などの残りのパーツは入れ替えるだけで済んでしまいます。

つまり、それほど基本動詞の理解は英語において大事なんですね。

今回は、そんな基本動詞の中から「Think」のイメージをお伝え致します。

 

基本動詞「Think」のイメージ!!

 

基本動詞 (2)

 

基本動詞「Think」のイメージは「思う」や「考える」です!!

感覚としては「頭の中でぐりぐりとする感じ」でしょうか?

私がこの記事を書いている時に「どうやったら分かりやすいか?」だとか、
そうやって頭の中で試行錯誤している状態が正に「Think」です!!

そしてその「頭の中でのぐりぐり」は、
ちょっと「思う」程度から、少し深く「考える」程度まで、
頭の中で起こっている作業であれば、幅広く当てはめて使うことができます。

 

では、せっかくですので「Think」を使った例文を見て行きましょう。

I think she is kind and cute.(私は彼女は優しくてかわいいと思うよ)
I’ve never thought about that before.(今までそんな事考えた事が無かった)

こんな風に自分の思ったことや考えたことを表現する際に使います。

 

「Think」と「Believe」の違い!!

 

基本動詞 (3)

 

基本動詞「Think」に近い動詞として「Believe」があります!!

学校の授業などでは、

・Think  ⇒ 考える・思う
・Believe ⇒ 信じる

。。。と教わったと思いますが、その意味のイメージ通りで、
「Think」の方は「頭でぐりぐり感じる」といった感覚ですが、
「Believe」の方は「心で感じる」といった感覚になります。

実際はどちらの方が「強い思い込み」が宿っているというわけではないですが、
頭で感じる分「Think」の方が論理的な思考に基づいていることが多く、
心と繋がっている分「Believe」の方が強い意識をなんとなく感じますね。。。

 

「Think」と前置詞の関係!!

 

センス

 

さて、そんな基本動詞の「Think」ですが「前置詞」と仲良しこよしで、
会話や文章では、よくセットで使われています。

中でもよく聞くのが以下の2つのパターンです↓

What do you think about this job?(この仕事についてどう思う?)
What do you think of this job?(この仕事どう思う?)

この2つの例文は違うのは「前置詞」の部分だけですが、
話し手や聞き手の意識は大分違います!!

もう日本語訳を書いているので分かると思いますが、
最初の文の方は「about」を使っている分、周りの物も含めた考えになりますが、
次の分は「of」を使っているので、ズバリ仕事そのものを指しています。

この辺は、前置詞のイメージに大きく左右されていますね。。。

 

そして「Think」は、動作が自分の頭の中で完了してしまう単なる心の動きなので、
相手(対称)に影響を及ぼす「他動型」との相性は非常に悪いです!!

× I think her.(他動型)
○ I think about her.(自動型)

なので、「Think」の後には必然的に「”of”などの前置詞」が置かれやすくなります。

⇒ 英語の4つの基本文型と動詞の関係!それぞれの型には相性がある!

 

様々な「思う」!!

 

英会話 (4)

 

少し記事が短かったので、補足で他の「思う」についても考えてみましょう!!

英語には「Think」の他に「意識の違い」で多くの「思う」があります↓

・Think ⇒ 一番一般的な「思う」
・Suppose ⇒ 確信はないけど根拠はある「思う」
・Guess ⇒ 根拠も何もない個人的見解で「そう思う」
・Assume ⇒ はっきりした根拠はない「こう思う」
・Presume ⇒ 違うという根拠がないので「こう思う」

こんな風に多くの「思う」がありますが、
はっきり言って、簡単な英会話では「Think」だけで十分です。

上の単語はTOEIC試験やテストなどには必要な単語ですが、
英会話の習得では、邪魔なものばかりなんですよね。。。(((;_ _)ノ

テストなどで必要でない限り、難しい英単語を覚えるのは後回しにして、
まずは基本動詞の「Think」を完璧に使えるようになることを目指しましょう!!

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Know」のイメージを掴もう!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「Believe」のイメージを掴もう!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “英会話のための英文法!基本動詞「Think」のイメージを掴もう!”

  1. momo より:

    今日も お願いします。
    Think 本当に頻繁に使いますね。believeとのニュアンスの違いも 何となくイメージ出来ます。さて 今日の宿題です
      I think that it’ll be fine .
    動詞のイメージで 型が決まる事も有る・・には 納得です。前置詞がなぜ 必要になるのか・・?て事も その文章を 何度も何度も 目にしてると 何となく 分かってくる気がします。

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      宿題の答えなんです↓

      ・いい天気になると思うよ
      ・I think it’s going to be a fine day.

      これが答えになります。

       

      因みに、momoさんの送ってくれてこの答えなんですが↓

      ・I think that it’ll be fine.

      これだけだと、何が「fine」なのか分からないですね。
      前後の文脈次第ではありますが。。。

       

      本当に動詞のイメージで型が決まったり、前置詞が必要になったり、
      逆に型によって前置詞が必要になったり。。。

      といろいろなパターンがあるので、何となくでも分かるのは大事です。

      グッジョブですね♪

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ