英会話のための英文法!比較表現の基本と形容詞と副詞の法則!!

 

比較 (2)

 

英語には語句や文を修飾するための修飾語が多数存在します。

それら修飾語の中でも、特に形容詞、副詞、助動詞、前置詞は頻繁に使われ、
形容詞や副詞は、文の中で様々な形態に変化します。

その中でも、最もよく使われるのが物事を比較するための比較表現です。

今回は、そんな比較表現の基本をご紹介致します!!

 

英語の比較表現!!

 

比較 (3)

 

比較表現には主に以下の3つの種類があります。

1.同格
2.比較級
3.最上級

学校の授業でも習ったので、この言葉を聞くと英語が苦手な人には難しく感じますが、
実はこれらの表現は、形容詞と副詞の基本が分かっていれば難しくありません!!

なぜなら比較表現は、普通の文章をただ法則に従って変えただけに過ぎないからです。

そうは言っても、なんか苦手意識を持ってしまいますよね?^^;

実際私も法則を知るまでは、複雑でごちゃごちゃした文章だなと思っていたのですが、
慣れてしまえばすごく簡単で、とても使い勝手の良いものでした。

せっかくなので、比較表現を実際に見ながら基本の形を説明したいと思います。

 

比較表現の基本的な法則!!

 

比較 (1)

 

先ほどもお話しましたが、比較表現には3種類あります。

具体的には「彼は私と同じくらい背が高い」という表現を表す同格
「彼は私よりも背が高い」という2つ以上のものを表す比較級、
「彼は3人の中で最も背が高い」という最上級の3つです。

【原型】 He is tall.(彼は背が高い)
【同格】 He is as tall as me.(彼は私と同じくらい背が高い)
【比較】 He is taller than me.(彼は私より背が高い)
【最上】 He is the tallest of the three.(彼は3人の中で最も背が高い)

実際に文章を書くとこんな感じになりますが、原型にアレンジが加わっただけで、
実は何一つ難しいことはないのが比較表現だったりします。

これまでに当ブログ内でも形容詞や副詞のお話はしてきましたが、
その法則にただアレンジを加えただけ!!

それが、英語の比較表現なので、そちらを覚えて行くようにして下さいね^^

 

復習:形容詞と副詞の基本ルール!!

 

形容詞 (1)

 

細かい比較表現の説明に入る前に、形容詞と副詞の基本ルールを復習します。

これが分かっていれば、比較表現はアレンジするだけなので簡単ですよ^^

まず、形容詞と副詞の基本ルールとしてあげられるのが下の2つのルールです。

形容詞・・・名詞を修飾する
副詞・・・・名詞以外を修飾する

これは読んで字のごとくなので簡単ですね♪

つまり逆を言えば、名詞を修飾していれば形容詞、
それ以外を修飾していれば、だいたい副詞になるということです。

よくやってしまいがちなミスとして、
覚える際に「これは形容詞、これは副詞」と覚えてしまう事がありますが、
その考え方だと、応用ができなくなってしまいますし、数が多すぎて大変です。

なので、形容詞は名詞を修飾し、副詞は名詞以外を修飾している。

このように判断するようにして下さい!!

【副詞】  I studied hard.(一生懸命勉強した)
【形容詞】 This apple is hard.(このりんごは固い)

ご覧のように上の文では動詞、下の文では名詞を修飾していますよね?

だから同じ語句でも、一つ目の文は副詞、二つ目の文は形容詞というわけなんです。

 

形容詞 (1)

 

次にあげられる形容詞と副詞(修飾語)のルールは以下の2つです。

・前から限定
・後ろから修飾

このルールは、文中で形容詞や副詞を配置する位置のルールです!!

英語が苦手な方や初心者が英文を組み立てる際に悩んでしまう事のひとつに、
形容詞や副詞を配置する位置が分からないと悩んでしまう事があります。

ですが、語順が重要な英語の配置のルールは至ってシンプルで、
修飾したい語句を限定したいときには前、説明したいときには後ろに置く、
たったそれだけのことで、文章を作る事ができてしまいます。

【限定は前】  This is a black cat.(これは黒猫です)
【説明は後ろ】 This cat is black.(この猫は黒いです)

一つ目の文では「この猫は”黒”の猫」と限定しているのに対し、
二つ目の文では「この猫は”黒い”猫」と説明しているのが分かりますよね?

つまり、形容詞でも副詞でも修飾したい語句の前に置けば「限定」の意識になり、
修飾したい語句の後ろに置けば「説明」の意識になるというわけなんです。

これが分かっていれば、どんな文章だって簡単に作る事ができます。

 

例えば以下の文、

She played the violin fluently on the street yesterday.

この文章も、今回お話した法則の元に全て成り立っています。

She played the violin.(←バイオリンを)
She played the violin fluently.(←上手に)
She played the violin fluently on the street.(←道で)
She played the violin fluently on the street yesterday.(←昨日)

まず英語では、文の中心になる主語と動詞「She played」が必要です。
でも、それだけでは何をしたのか分からないので「the violin」をと説明しています。

。。。で、その後は「上手に」「道端で」「昨日」

こんな感じで「説明」を加えていくから、後ろにどんどん語句が足されていきます。

 

限定の場合も同じ理屈です!!

The castle.(その城)
The beautiful castle.(美しい→城)
The beautiful big castle.(大きな→美しい城)
The beautiful big old castle.(古い→大きな。。。城)
The beautiful big old black castle.(黒い→古い。。。城
The beautiful big old black wooden castle.(木造の→黒い。。。城)

こちらでは「その城」が、どんな城なのか限定の意識を加えていますよね?

だから、前にどんどん語句が足していくというわけです。

 

どうですか?

そう考えると英語ってめちゃくちゃ簡単じゃないですか?

今回の比較表現も、この法則の形容詞と副詞部分にアレンジを加えただけに過ぎません。

次回以降にもう少し詳しく比較表現について触れていきますが、
とりあえず、この形容詞と副詞の基本を抑えられれば後は簡単です!!

なので、基盤となると形容詞と副詞の基本的なルールはしっかり覚えておいて下さいね。

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Down」の使い方とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!「as」を使った同等の比較表現の作り方!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ