英会話のための英文法!比較級を使った比較表現の作り方!!

 

比較 (5)

 

英語の比較表現には主に以下の3つのパターンがよく使われます。

・同級(同等のレベルを表す)
・比較級(レベルの差の比較を表す)
・最上級(グループの中で最高レベルを表す)

これらの比較表現は細かい違いを表現する事ができますが、
それぞれに変化形や法則などがあるので注意が必要です!!

前回の記事では比較表現の変化のパターンについて触れましたが、
今回はそのパターンを使って、実際に比較級を解説して行きます!!

 

比較級の基本的な使い方!!

 

比較 (1)

 

比較級の基本的な使い方は、普通の形容詞や副詞を使った文を変化させた形です。

【原級】 This car is fast.(この車は速い)
【比較級】This car is faster.(この車の方が速い)

【原級】 This book is good.(この本は良い本だよ)
【比較級】This book is better.(この本の方が良い本だ)

【原級】 Speak slowly.(ゆっくり話しなさい)
【比較級】Speak more slowly.(もっとゆっくり話しなさい)

上の文を見ていただいても分かる通り、
比較級の基本は単純に形容詞や副詞の原級の代わりに比較級を使っただけです!!

なので、形容詞と副詞の基本が分かっていれば、それ程難しくないと思います。

⇒ 英会話のための英文法!英語の修飾の基本的なルールを覚えよう!

 

上の文は、形容詞や副詞を変化形のパターンで変化させるだけですが、
比較の対象を決めて、はっきり比較したい場合には「Than」を使って比較します。

This car is fast.(この車は速い)
This car is faster.(この車の方が速い)
This car is faster than old one.(この車は古いのより速い)

This book is good.(この本は良い本だよ)
This book is better.(この本の方が良い本だ)
This book is better than that one.(この本はあの本より良い本だ)

先ほどの比較対象がはっきりしない比較の文に、
比較対象を加えただけなので、それ程難しくないですよね?^^

こんな風に比較級の英文の作り方はオリジナルの文を変化させただけのものです。

なので、まずはオリジナルの文を作る練習をして、
次に比較対象なしの比較文を作る練習、最後に比較対象ありの比較文を作る!!

そんな風にレベルアップさせながら勉強していくと使いこなせるようになりますよ^^

 

比較級の否定形の作り方

 

比較 (6)

 

比較級の表現を否定件にすると「○○より~じゃない」という意味を表現できます。

This car is fast.(この車は速い)
This car is faster.(この車の方が速い)
This car is faster than old one.(この車は古いのより速い)

This car is not fast.(この車は速くない)
This car is not faster.(この車の方が速くない)
This car is not faster than old one.(この車は古いのより速くない)

上の文章のように、比べながら否定しているので「~じゃない」となる訳です!!

比較級の否定文もこうやってオリジナルの文から考えていくと簡単ですよね?^^

 

比較級の表現を応用してみよう①

 

比較 (4)

 

比較級の表現は「限定する語句」と一緒に使うと様々な表現ができて便利です。

例えば、量や数の多い少ないと一緒に使うと。。。

This car is fast.(この車は速い)
This car is faster.(この車の方が速い)
This car is faster than old one.(この車は古いのより速い)
This car is a little faster than old one.(この車は古いのより少し速い)

This book is good.(この本は良い本だよ)
This book is better.(この本の方が良い本だ)
This book is better than that one.(この本はあの本より良い本だ)
This book is much better than that one.(この本はあの本よりはるかに良い本だ)

このように比較対象との差を強調することができます!!

但し比較対象との差を強調する際には、以下のような強意表現は使えません!!

・Very
・really
・so
・pretty

その理由は、比較級はあくまでその差について述べる文なので、
少しやたくさんなどの「”差”が分かる限定する語句」を伴う必要があるからです。

なので、以下のような文は作れません!!

○ This book is much better than that one.
× This book is really better than that one.

この手の文章は結構作ってしまいがちなので注意するようにして下さいね♪

 

比較級の表現を応用してみよう②

 

比較 (2)

 

比較級では、量や数の多い少ないをより具体的に表現することもできます。

例えば、具体的に数字を使って表してみると。。。

He is 3 years older than me.(彼は私より3歳上です)
We need 3 more volunteers.(もう3人ボランティアが必要です)
This car is 2 times faster than old one.(この車は古いのの2倍速い)

こんな風に具体的な差を比較表現で表すこともできます!!

これらもここまで紹介した比較級の基本をしっかり掴めていれば簡単ですよね?

 

比較級の表現の幅を広げる!!

 

比較 (3)

 

比較級も同等の比較表現と同じく「比較対象」を自由に広げる事ができます。

例えば、以下の文は「比較対象」に動名詞を使っています。

Watching TV is more interesting than listening to the radio.
(テレビを見るのはラジオを聞くより面白い)

また、以下の文では不定詞を使っています。

It’s more interesting to play sport than to watch it on TV.
(テレビで見るより、自分でやる方がスポーツは楽しいよ)

このように「比較対象」を自由に拡張できるのが比較級の特徴のひとつです。

 

比較級の表現は長い文章だったり、一見複雑な文章に感じますが、
どれもオリジナルを元に限定詞を付けたり、比較対象を拡張しただけのものです。

最初のうちは難しいと思いますが、基本的な形容詞や副詞の文!!

例えば。。。

This car is fast.(この車は速い)

。。。のような文を作って、以下の文のように拡張する練習をし、
実際に話す練習をしながら感覚を掴むようにしていってください!!

This car is fast.(この車は速い)
This car is faster.(この車の方が速い)
This car is faster than old one.(この車は古いのより速い)
This car is not faster than old one.(この車は古いのより速くない)
This car is a little faster than old one.(この車は古いのより少し速い)
This car is 2 times faster than old one.(この車は古いのの2倍速い)

お薦めは「英語ぺらぺら君」です。

この教材はパターンプラクティスという手法を取り入れているので、
上で紹介した例文ように、オリジナルの文を徐々に拡張して行く練習を、
実際に英語を話す練習をしながら続けていく事ができます!!

⇒ 英語ぺらぺら君の内容とレビュー!!

⇒ 英語ぺらぺら君公式ホームページ!!

使ってみて効果が実感できなかった場合も全額返金に応じてくれるので、
まずはお試しで実践してみると良いと思います!!

英語は頭で理解しただけでは話せるようになりません!!

必ず、実際に声を出して英語を話す練習をして身に付けていってくださいね^^

 

前のページ ⇒ 英語の比較表現の作り方!比較級と最上級の規則変化と不規則変化!

次のページ ⇒ 英語の比較表現「比較級」を使ったフレーズを習得しよう!!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “英会話のための英文法!比較級を使った比較表現の作り方!!”

  1. jj より:

    This apple is twice bigger than that one.
    The population of Japan is twice larger than that of UK.
    America is twenty larger than Japan.

    英語に慣れるために、iPhoneの設定も英語にしてるのですが、英文書くとき予測ワードを補完してくれます。スペルチェックもあり便利なのですが、単語のスペル覚えなくなるので弊害もありますね。
    あと、学習していくワード補完もウッカリ使うと、英文メール書いたあとに、He is … とか書こうとしてメールの挨拶で使った Hi, が残ってて Hi is … になっちゃったりします(笑)

    すみません、今日は割と早く英文作れたので長くなりました。

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます、宿題の答えもバッチリですね♪

      iPhoneの英語設定ですか?

      最近スマホデビューしたばかりの身としては夢のまた夢です。
      今でもいまいち設定分かりませんw

      英語のアプリも良いものがあるそうなので私も探してみますね☆

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ