助動詞「Must」と「have to」の意識やニュアンスの違い!

 

助動詞 (2)

 

これまで、当ブログでは基本的な助動詞をいくつか紹介しました。

しかし英語には助動詞には分類されないのですが、
助動詞と同じような働きを持つフレーズが数多く存在します!!

どのフレーズも学校で教わってたとは思いますが、
学校で教わった意味よりも深い意識の差がそこにはあります。

今回からは、学校では教えてくれない、
助動詞相当のフレーズの深い意識の差についてご紹介いたします!!

 

助動詞「must」と「have to」違い

 

助動詞 (1)

 

助動詞には似た意味を持つ、助動詞相当のフレーズが多く存在します。

今回ご紹介するのは「must」に似た意味の「have to」ですが、
多くの方が学校で「must」と「have to」は同じだと教わったと思います。

しかし、実は一見同じ意味に思えても、ニュアンスに違いがあります!!

例えば、以下の文をご覧ください。

You must call her.(彼女に電話しなくちゃダメだよ)
You have to call her.(彼女に電話しなくちゃダメだよ)

この2つの文は、日本語にすると同じ意味になりますが、
片方は「単純な個人の想い」、もう片方には「必然性」が存在しています。

・must  ⇒ 個人的な「想い」や「考え」
・have to ⇒ 誰が見ても必要と感じる「必然性」

つまり、客観的な「必然性」を強く感じられるなら「have to」を使い、
単に「個人的に強く思うだけ」なら「must」を使うのが正しい使い方になります。

 

そして、これは「義務」の時だけでなく「確信」の時にも同じことが言えます。

He must be the culprit.(彼が犯人に違いない)
He has to be the culprit.(彼が犯人に違いない)

どちらも日本語にすると、同じ意味になりますが、
助動詞「must」の方は個人的な思い込み、つまり話し手の「確信」ですが、
「has to」の方は「客観的に裏付けされた根拠」がある「確信」になります。

どうですか?

この差ってかなり大きいですよね?^^

学校の授業やテストなどではでは「must」は「have to」に置き換える
なんて、当たり前のように教えてますが全然違うんです。

実際、先生でも「このニュアンスの差」を知っている人はあまり多くなく、
また知っていたとしても、受験に関係ないから教えないそうです。

そう考えると、日本の英語教育が凄くデタラメなのが分かりますよね^^;

 

助動詞「must」の否定と「have to」の否定

 

助動詞 (3)

 

先ほどお話しした「必然性の差」が、よく分かるのが「否定文」です。

例えば以下の文をご覧ください。

You must not go to the hospital.(君は病院に行ってはいけない)
You don’t have to go to the hospital.(君は病院に行く必要はない)

どうですか?

こんな風に否定文にしてみると、
助動詞「”must”の個人的な見解」と「”have to”の必然性」の差が、
一層、際立って感じられますよね?^^

 

また、この文の主語を私に変えて肯定文にすると。。。

I must go to the hospital.(病院にいかなければならない)
I have to go to the hospital.(病院にいかなければならない)

上の「must」をの文は「自らの体調の悪さを自覚」して感じた考えで、
「have to」の文は「客観的に見ても体調が悪そう」に感じられる文です。

難しい意識の差ですが「この差」を感じとって使い分けられないと、
テストはできても英会話では、細かい意識が伝えられなくなってしまいます。

 

命令 (4)

 

。。。とはいえ、細かいニュアンスの差なので、
最初は「must」ではなく「have to」を使っていればOKだと思います。

どちらも、相手に「圧力」を与える意識がある英語ですが、
必要性を伴った「have to」の方が丁寧で説得力を感じられますしね♪

他にも助動詞には「will」と同じ日本語訳の「be going to」や
「can」と同じ日本語訳の「be able to」にもニュアンスの差がありますが、
それは次回以降にお伝えして行きたいと思います!!

とりあえず、まずは学校で教わった英語の鵜呑みは辞めて、
英語は意味だけでなく、意識も一緒に勉強するようにして下さいね^^

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!助動詞「Should」の意識とイメージ!

次のページ ⇒ 助動詞「Can」と「be able to」の意識やニュアンスの違い!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “助動詞「Must」と「have to」の意識やニュアンスの違い!”

  1. momo より:

    今日の違いの説明で モヤモヤが晴れました。
    実は昨日の宿題 mustか have to か 迷ったんですよね・・・
    でも 疑問文にしてみたら そうか!!て気づきました 
    これで 迷わず使えると思います
    I must study English more and more !!  ですね

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      学校で教わった「must = have to」のままだと失礼な奴になります。
      そう考えると、如何に意識が大事なのかは分かりますよね?

      I must study English more and more !!

      そうそう、その意気で頑張って下さい(^^)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ