「助動詞」タグの記事一覧

助動詞の意味と使い分けまとめ!意識とニュアンスを捉えよう!

    助動詞は話し手の心理や意識を表す文の要素になります!! それだけに日本語訳や意味だけでなく、 それぞれの助動詞の意識やニュアンスを理解するのが大事です。 これまで当ブログでは主用な助動詞をお伝・・・

続きを読む»

助動詞「Would」と「used to」の意識やニュアンスの違い!

    前回は助動詞「Will」と「be going to」の違いをお伝えしました。 助動詞は英文に話し手の意識を加える重要な品詞です!! それだけに、とても繊細なイメージが必要なのですが、 学校の授・・・

続きを読む»

助動詞「Will」と「be going to」の意識やニュアンスの違い!

    前回は助動詞「Can」と「be able to」の違いをお伝えしました。 その違いについては学校の授業では教えてくれず、 むしろ「Can」=「be able to」と間違った意識を教えてしまっ・・・

続きを読む»

助動詞「Can」と「be able to」の意識やニュアンスの違い!

    前回は助動詞「Must」と「have to」の意識の違いをお伝えしました。 この意識の違いは学校の授業では教えてくれず、 むしろ「Must」=「have to」と間違った意識を教えてしまってい・・・

続きを読む»

助動詞「Must」と「have to」の意識やニュアンスの違い!

    これまで、当ブログでは基本的な助動詞をいくつか紹介しました。 しかし英語には助動詞には分類されないのですが、 助動詞と同じような働きを持つフレーズが数多く存在します!! どのフレーズも学校で教・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!助動詞「Should」の意識とイメージ!

    助動詞は「話し手の心理」を表す文の要素です。 助動詞なしの英語の文は「動作を客観的に表す文」ですが、 助動詞を使うと「話し手の意識」が加わります。 そんな助動詞を上手に使いこなすためには、 日・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!助動詞「Can」の意識とイメージ!!

    助動詞とは「英文に話し手の意識を加える品詞」です。 私たちは学校の英語の授業でも助動詞を教わってきましたが、 学校で教わる助動詞は日本語主体のテスト用の助動詞です。 英会話初心者やペーパーテス・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!助動詞「Must」の意識とイメージ!!

    助動詞は、文章に「話し手の意識」を加える品詞です!! 例えば、以下の例をご覧ください。 I play tennis.(僕はテニスをします) I can play tennis.(僕はテニスがで・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!助動詞「May」の意識とイメージ!!

    助動詞は「文に話し手の意識」を加える要素で、いくつか種類があります。 そんな助動詞ですが、 客観的な事実を述べる通常文と違い、話し手の意志が加わる分、 繊細な意識を使い分けが必要になってきます・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!助動詞「Will」の意識とイメージ!!

    助動詞は「文に話し手の意識」を加える品詞です!! 助動詞ありの文は、客観的な事実を述べる助動詞なしの文と違って、 話し手の考えが加わるため、非常に複雑な感覚があります。 なので、日本語で助動詞・・・

続きを読む»

英会話で話し手の想いを加える品詞!助動詞の基本的な使い方!!

    助動詞は「話し手の想い」を文に加える要素です。 英会話で助動詞を使う際には、 それら助動詞を日本語訳だけで判断するのではなく、 それぞれの助動詞に含まれる意識を理解することが大事です。 今回は・・・

続きを読む»

サブコンテンツ

このページの先頭へ