速度で英語力をアップ!ペンギンリーダーズとラダーシリーズ!!

 

リーディング (3)

 

リスニングでは、英語を英語のまま理解するための方法として速読がお薦めです!!

私達は学校の英語教育の影響で「英語を日本語に翻訳して考える癖」があります。

この癖は長い期間かけて、そのように教育されてきてしまっているので、
意識して修正しならなければ、なかなか英語を使いこなせるようにはなれません!!

そのためには、英語を翻訳する間もないほど速く読む「速読」が適しています。

今回はリーディングにお薦めの「安くて使い勝手の良い本」をご紹介致します!!

 

リーディング!速読のやり方!!

 

リーディング (3)

 

速読用の本をご紹介する前に、前回お話した速読の注意点を覚えていますか?

それは以下の3つです↓

・基礎を先にやる
・簡単な英語を読む
・とにかくたくさん読む

⇒ 速読で英語を英語のまま理解する!お薦めのリスニング学習法!!

これによって、英語を理解できる最高の速度で多く読むことができます。

そしてその結果、英語を返り読みせずに英語の語順のまま理解する、
つまり、英語を翻訳せずに英語のまま理解する能力が養われます!!

また、それに加え、多くの英語表現に出会う機会も増えるため、
自分の中の英語の引き出しに、多くの英語表現をしまうこともできます!!

 

英語を使う、つまり「読む、聞く、書く、話す」は、
英語の基礎を抑えた後に、どれだけ実際にその動作を反復したか?

。。。にかかっていると言っても過言ではありません!!

なので、リーディングでは、特に速読をメインに行い、
自分の能力の限界の速度で、数多くの英語に出会うようにしましょう!!

そのために速読用の本は以下の点に注意して選んでください↓

1.自分のレベルよりも下のもの
2.知らない単語が全くない(あっても数パーセント)のもの
3.安くてたくさん手に入るもの

以前にもお話しましたが、アウトプットはインプットの質と量で決まります!!

考えるまでも無く理解できる、そういう簡単な英語を増やしていってくださいね^^

 

リーディング!速読にお薦めの本!!

 

リーディング (2)

 

以上の点を踏まえて、具体的なリーディングにお薦めの英語の本を紹介します。

英語学習者用の本で安くてお薦めなのは以下のシリーズです↓

・ペンギンリーダーズ
・ラダーシリーズ

この2シリーズは、小説、映画、ドラマ、伝記など種類が豊富にあり、
本のレベルも段階的に分かれているのでピッタリの本が見つけやすいです。

 

例えば、ペンギンリーダーズであればレベルが7段階に分かれています!!

【ペンギンリーダーズレベル3の場合】

・語彙数1200語
・TOEIC400点
・英検準2級

。。。となっており、高校1~2年生レベルになっています。

ただし、この目安は「そのレベルの人に調度いいレベル」ということなので、
速読用に読むのであれば、2つくらいレベルを落として読むのをお薦めします!!

 

ペンギンリーダーズ

 

ペンギンリーダーズ

 

ペンギンリーダーズはクラシックの英語の小説や映画の本では超有名どころなので、
英語学習者であれば、一度は読んだ事があるのではないでしょうか?

私がこのシリーズを知ったのは、十数年前の英語の専門学生の時で、
このシリーズを使った英語のブックプレゼンを授業で毎週行っていました!!

先ほどもご紹介しましたが、ペンギンリーダーズは7段階に分かれています↓

 

レベル 単語 TOEIC 英検
Easystart  200  250点  4級
Level1  300  250点  4級
Level2  600  350点  3級
Level3  1200  400点  準2級
Level4  1700  500点  2級
Level5  2300  600点  2級
Level6  3000  750点  準1級

 

この目安を元に、スラスラ読めるレベルの本を中心に探してみると良いと思います。

特に中学校レベルの英語も自信のない方は、Easystartsから始めましょう。

ちなみに専門学生時代は最初はレベル2からスタートし、
卒業時にはレベル6か、それ以上の本でのプレゼンの課題になっていました!!

当時の私の英語のレベルだと、レベル2も最初は難しかったのを覚えています。

 

具体的なラインナップはこんな感じですね^^

 

レベル2 レベル3 レベル4 レベル5 レベル6
不思議の国のアリス ビートルズ ラブ・アクチュアリー シャーロック・ホームズ レ・ミゼラブル

 

ペンギンリーダーズは、主に古典映画や小説が充実してます。

最近では、オバマ大統領やマイケル・ジョーダンなどの人物を取り上げているものも、
増えてきているようですので、レベルに注意して読みたいものを選びましょう。

 

ラダーシリーズ

 

リーディング (1)

 

ラダーシーリーズもペンギンリーダーズに似たラインナップですが、
同じレベルでもペンギンリーダーズよりもバラつきがあります!!

 

レベル 単語 TOEIC 英検
level1  1000  300点  4級
level2  1300  350点  3級
level3  1600  400点  準2級
level4  2000  500点  準2級
level5  制限なし  500点以上  2級以上

 

ラダーシリーズはペンギンリーダーズに比べてノンフィクションが多く、
日本の作家が書いた小説の英語版も数多く出版されているので、
日本語版と比べて勉強してみるのも、いろいろとためになると思いますよ^^

 

レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
ローマの休日 美女と野獣 盲導犬クイールの一生 1リットルの涙 バカの壁

 

ペンギンリーダーズが良いか、ラダーシリーズが良いかは好みの問題ですが、
どちらかといえば、ペンギンリーダーズの方が癖が少ないと思います!!

 

CD付きペンギンリーダーズ

 

リーディング (3)

 

私が学生だった頃には無かったのですが、最近ではCD付きの本も出ています↓

・ペンギンリーダーズCDパック

CD付きならリスニングも同時にできるので尚いいですね^^
ラインナップも充実しているのでアマゾンや楽天などで検索してみて下さいね↓

 

レベル2 レベル3 レベル4 レベル5 レベル6
E.T. タイタニック シークレット・コード オペラ座の怪人 ザ・ビーチ

 

とにかく簡単な英語をたくさん読もう!!

 

トラベル英会話

 

私達は中学生(最近は小学生)の頃から、授業で英語を習ってきていますが、
学校教育で習う英語は「日本語へ翻訳する日本語主体」の学習になっています。

これは受験のために英語教育を行っているので仕方がないのですが、
実際に読む、聞く、書く、話すなど、英語を使えるようになるためには、
英語を日本語へ翻訳する勉強を行っていてはダメです!!

 

また、これも日本人の悪い癖なのですが、難しい勉強してしまう癖があります。

多くの人が勘違いしているのですが、難しい構文や単語を多く覚えるよりも先に
簡単な英語を「考えるまでも無く使えるようになる事」の方が役に立ちます!!

もちろん英語を理解できるようになるためには、分析する能力も必要ですが、
中学生レベルまでの英語の基礎を抑えたら、今度は実践練習へ徐々に移行しましょう。

 

前のページ ⇒ 速読で英語を英語のまま理解する!お薦めのリスニング学習法!!

次のページ ⇒ リーディングの勉強法!簡単な本を読んで英語力を上達させよう!!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ