英語学習の方法まとめ!!効率良く英会話を上達させるためには?

 

英語の学習法まとめ

 

世の中には、英会話スクール、英語教材、参考書、語学留学など、
いろいろな英語の勉強法がありますよね?

しかしこれらの学習法も上手に使わなければ効果が薄れてしまいますし、
英語を勉強する目的にあった学習法を選択しなければ意味がありません!

当ブログでは、英会話習得に向けて学習に悩んでいる方のために、
できるだけ短期間で効率良く、英語を習得するための方法を紹介しています。

今回は総集編として、今まで紹介してきた英語の学習方法をまとめました。

 

効率の良い英語の学習の順番

 

リスニング (1)

 

英語を習得する上で効率の良い学習の順番は以下の通りです。

1.文法 + 日常的な単語 + リスニング
2.本気でリスニング + 日常的な単語
3.英会話 + 日常的な単語
4.難しい単語

英語を学習している人の多くは、英会話を習得するのが目的だと思います。

その内のほとんどの人がリスニングやスピーキングから勉強を始めますが、
英文を構成している基礎である文法や単語そのものの意味が曖昧なまま、
リスニングやスピーキングの学習をしている人が非常に多いです。

英会話に関わらず、言語は文法と単語に基づいて構成されています。

遠回りに思えますが、初級者も上級者も必ず基礎から勉強を始めましょう。

基礎をないがしろにしたら後が大変ですよ♪

 

文法の学習法まとめ

 

文法

 

文法の習得は言語をマスターする上で基本中の基本です。

私達日本人は、中学校や高校、短大、大学などで散々英文法を勉強していますが、
実はしっかり勉強していなかったり、忘れてしまった人も多いと思います。

あなたも半分寝ながら授業を受けたり、おしゃべりしていませんでしたか?^^

文法をしっかり習得できていないと、英語を聞いても理解できないですし、
言いたいことを、きちんと組み立てて話すこともできません!!

なので、英会話を習得したい人は必ず文法から始めてください!!

学生時代の影響で文法は難しいと感じている人も多いと思いますが、
文法は英語を組み立てるルールなので増えることはありません。

また一度習得すれば、使っているうちに使いこなせるようになります。

英語に苦手意識がある方でも、半年から1年程度勉強すれば、
テストで満点を取るくらいの文法力は簡単に身につけられるので、
頑張って文法からマスターしていってくださいね♪

【文法の章】 

         10 11 文法まとめ

 

英単語の学習法まとめ

 

単語 (1)

 

英語では文法を木の幹だとすると英単語は葉っぱです。

単語を意味だけでなく背景まで理解し、それが深くなればなるほど、
英語を使う(読む、聞く、書く、見る)ことができるようになります。

英単語に限ってはコツコツと学習を積み重ねていくしかありません!!

 

語彙力アップのポイントは以下の3つです。

1.その単語が使われている状況にできるだけたくさん出合う
2.その単語とのインパクトのある出合いを増やす
3.その単語の意味・発音・コロケーション(使い方)を意識する

英単語の習得のコツは、書くのではなく音と文も一緒に覚えることです。
使われている文と一緒に音で覚えることで、使い方や発音も同時に習得できます。

また多くの人が単語を一度で覚えようとしますが、必ず忘れてしまうものなので、
1回の出合いで覚えようとせず、その単語との再会を楽しむようにしてください。

英単語は文法と違って無限にありますし、増えていくので一生勉強になります。
基礎的な英単語を覚えたら、あとは出合うたびに少しずつ習得していきしましょう。

【単語の章】 

         英単語まとめ1 英単語まとめ2

 

リスニングの学習法まとめ

 

リスニング (1)

 

リスニングの学習を始める前に文法と英単語の勉強を必ずしましょう。

多くの人が勘違いしている部分なのですが、英語のシャワーを浴び続けても
英語脳はできないですし、突然英語が聞き取れるようになることはありません!!

英語に限らず、言語は理解できるものを聞いて初めて習得できます。

「りんご」っていう単語を知らない人が1万回「りんご」と聞き続けても、
「りんご」の意味を認識できることは永遠にないですよね?^^

英語の習得は、リスニングで文脈から勘でなんとなく認識して覚えていくよりも、
文法や単語をしっかり勉強して、意味を認識してから学ぶ方が遥かに早いです。

リスニングでは意味を考えるではなく、使われ方を意識しましょう。

そのためにはやっぱり文法と単語の習得レベルが大事ですね♪

 

学習法のポイントは「精聴」と「多聴」の両方をバランスよく行ない、
英文一つ一つ分析する訓練と全体をガバッと掴む訓練を積むことです。

また机に向かわなくても、耳さえ空いていればどこでもできる学習なので、
通勤時間や家事の合間などを上手に利用して習慣化を心がけてください^^

【リスニングの章】 

         10 11 12 13 14 15 
リスニングまとめ1 リスニングまとめ2

 

リーディングの学習法まとめ

 

リーディング (2)

 

リーディングの学習は文法と英単語の勉強と同時にしましょう。

私達日本人は、中学校や高校などの学校の英語教育で長年に渡り、
英文を読むというよりも分析をする癖をつけらてしまっています。

その結果、多くの人が日本語で考えなければ英語を理解できません!!

リーディングではその癖を無くすのがまず大事で、
その癖を修正しない限り、英語を使いこなすことは無理です。

あなたも英語の本を読んでいて途中で話の内容を見失ってしまった
英会話や映画で話を聞いていて話についていけなくなってしまった
。。。なんて経験をしたことがありませんか?

原因は、英語を分析し順番を並び替えてしまう癖にあります。

その分析癖を修正し、英語を英語で理解できるようになるためには、
全く分析する必要が無いほど、簡単な英文をたくさん読むようにし、
英語の使われ方を習得しながらレベルを上げていくことが大事です。

私達は英語を学習する際に、とにかく難しいものに挑戦してしまいます。

リーディングでも同じで、簡単な英語すら殆ど読んだことのない私達が、
いきなり難しい単語や構文が使われている英字新聞や本を読もうとしても、
全然読めなくて嫌になってギブアップしてしまうのは当たり前ですよね?

リーディングでは、本当にバカバカしいくらい簡単でスラスラ読めるものを
あなたが内容を理解できる最高速度で返り読みをせずたくさん読んでください!!

【リーディングの章】 

      リーディングまとめ

 

スピーキングの学習法まとめ

 

英会話 (3)

 

英語ではインプットしたものの一部しかアウトプットできません!!

つまり、文法の習得度、知っている単語の数、聞き取れる英語の量など
インプットの量が多ければ多いほど、英語を上手に話せるようになれます。

なので、英語の学習の順番はこの順番

1.文法 + 日常的な単語 + リスニング
2.本気でリスニング + 日常的な単語
3.英会話 + 日常的な単語
4.難しい単語

この順番を無視して、いきなり映画を字幕なしで観ようとしてみたり、
スクールに通ってみたり、有名だから聞き流す教材を購入する人が多いです。

当たり前の話ですが、文を組み立てる設計図である文法や単語を知らなければ、
英語を聞いても理解できるはずがないですし、英語を聞いて理解できないのなら、
ネイティブと英語でコミュニケーションが取れるわけがありませんよね?

なので、英語を使いこなせるようになりたければ順番どおり勉強しましょう!!

 

スピーキング学習のコツは以下の3つです。

1.大量にインプットをする
2.英文を組み立てる訓練をする
3.大量にアウトプットをする

文法を習得し、単語を覚え、リスニングとリーディングで使い方をインプットし、
自分で組み立てて、スピーキングで英語を話す練習をたくさんする!!

この順番で英語を勉強していけば、旅行英会話や日常英会話だけではなく、
ビジネスでも通用する本物の英語力・英会話力を身につけることができます。

【スピーキングの章】 

         10 11 12 13 スピーキングまとめ

 

ご紹介してきた文法からスピーキングの学習をやりきるのは難しそうですが、
初心者でも継続すれば1年程度で最後までやり遂げることができます。

なぜ英語を勉強したいのか?英語を習得したらどんな未来が待っているのか?
それを想像し、きちんと目標を定めて、日々の勉強を頑張ってくださいね^^

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ