単語が覚えられない人へお薦め!ボキャブラリー教材で語彙力UP!

 

単語 (2)

 

英単語を習得するには、その単語との出合いの回数と質が大事です。

単語は1回で覚えるのは難しく、
覚えたとしてもすぐ忘れてしまうもの。。。

だからその単語を自分のものにするには、
その単語に何度も出合い、定着させていかなければなりません。

また単語を習得する際は、
同じシチューエーションで出合うよりも印象的な出合いをして、
イメージとして覚える方が定着しやすいです。

詳しくはこちらからどうぞ↓

⇒ ボキャブラリー習得の鍵は出合いの回数

⇒ ボキャブラリー習得の鍵はインパクト!

では、どうやったら印象に残る出合いを増やすことができるのでしょうか?

 

英単語との印象的な出合いを作る

 

単語 (3)

 

記憶に定着しやすい単語との出会いの方法はいくつかありますが、
一番定着しやすいのはニュースなどで気になったものが定着しやすいです。

英単語を単語本などで勉強していると集中力があるときは良いですが、
気乗りがしなかったり、集中できない時はなかなか身につきませんよね?

しかし英語のニュースなどを観ていた時に気になったものに関する単語は、
既に自分の心と結びついているので簡単に覚えることができます。

また、ニュースなどで覚えた単語は同ジャンルの本などにも出てくるので、
そちらを利用し、出合う回数を増やし定着させていくこともできます。

 

【印象深い出合いを作る方法】

・テレビで英語ニュースなどを見る
・英字新聞などを読む
・本や雑誌を読む

これらを同ジャンル同士で結びつけて見たり読んだりすることで、
出会いの回数やシチュエーションを変化させて定着させることができます。

 

語彙力UPにオススメの教材

 

単語 (1)

 

とはいえ、同ジャンルに絞っても勉強量が多くなければ、
自分が覚えたい英単語に再び出合える可能性はそこまで高くありません。

また、最低でも中九社以上の読解やリスニングのスキルがないと、
読み物をしたりニュースを聞くのは難しく、効率的にも悪くなってしまいます。

しかし、そんな問題を解決し、様々なパターンでの出合いを
人工的に作り出してくれるボキャブラリー用の教材があります。

この教材は、英単語を覚える際のポイント「出合い」と「質」を重視し、
ひとつの単語といろいろなシチュエーションで何度も繰り返し出合うように
巧妙に計算されて作られています。

出合いのパターンも、コラム記事内で出てきたり、会話分で出てきたり、
マンスリーテストででてきたり。。。とバリエーションが豊富で、
印象に残るように工夫されており、最大で7回同じ単語に出合うことができます。

しかも、どの例文も話の内容が異なっているので定着させやすいのが特徴です。

 

人との出会いもそうですが、単語との出合いで、

1回目の出合い : 「この単語始めて見たな」
2回目の出合い : 「見たことあったかな・・・?」
3回目の出合い : 「見たことあったけど、覚えてないな」
4回目の出合い : 「そういえば、あそこで見たぞ」



のようなことを、違うシチュエーションで短期間に7回も繰り返せば、
嫌でもその単語が自分の中に定着させることができます。

自分でそういったシチュエーションを作り出すのは難しいですし、
時間もかかってしまいますので、単語の学習が苦手な方にオススメです。

対称レベル : 英検3級・TOEIC350点以上

⇒ 英単語との印象的な出合いができる教材(初・中級者用)

対象レベル : 英検準1級・TOEIC800点以上

⇒ 英単語との印象的な出合いができる教材(上級者用)

もちろん、こちらのボキャブラリー教材には音声CDが付いてくるので、
単語学習に不可欠な「発音」「コロケーション」も同時に学べます。
(しかも例文は単文ではなく、そこそこ長さの文章で収録されています。)

また、音声が付いているので忙しい人でも隙間時間を活用した学習が可能です。

 

英単語を覚えるには、その単語との出合いの回数と印象深い出合いが大事です。

短期間で多くの単語を覚え、自分の中に定着させたい人は是非お試し下さい。

 

前のページ ⇒ 単語が覚えられない人必見!ボキャブラリー習得の鍵はインパクト!

次のページ ⇒ 英語脳?単語は英英辞典で勉強すべき?語彙力UPの効率的な勉強法

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ