英会話のための英文法!基本副詞「Just」の使い方とイメージ!

 

副詞 (2)

 

副詞は名詞以外を全て修飾できる万能の修飾語です。

それだけに1つの副詞でも位置や文脈によってニュアンスが大きく変化します。

当ブログではこれまでにもいくつか副詞をご紹介してきましたが、
今回は副詞の中でも特によく使われる副詞でありながら、
文脈によって様々な意味に変化する副詞をご紹介して行こうと思います!!

この副詞は本当によく使う副詞なので、是非使いこなせるようになって下さいね。

 

基本副詞「Just」のイメージ!!

 

副詞 (4)

 

基本副詞「Just」のイメージは「しっくりと決まる!嵌る!」イメージです。

この「しっくりと嵌るイメージ」は、多くの場面で使われます。

・時間
・表現
・ちょうど、ぴったり
・~だけ

特に多いのが上の4つの場面で、時、表現、状況など、
全ての「しっくりと嵌る場面」で使いまわせる副詞が「Just」です!!

せっかくなので、ひとつひとつ例文をあげて見て行きましょう。

 

・時間

It’s just 5 o’clock.(ちょうど5時だ)
His letter just came.(彼の手紙はたった今届いたよ)
I play baseball just then.(その時はちょうど野球をやってたよ)

これの文では時間やタイミングが今まさにその時間!!
ピッタリだ。。。という「しっくりした時間」を表しているのが分かります。

 

・表現

It’s just too bad.(まったく運が悪いね)
I just can’t stand his attitude.(彼の態度が我慢できないんだよ)

これらの文では表現がまさにその状態!!
ピッタリだ。。。という「しっくりくる表現」を表しているのが分かります。

 

・ちょうど、ぴったり

You are just like your mother.(君はお母さんにそっくりだね)
I have money. But just a little.(お金あるけど少ししかないよ)
She just might pass the entrance exam.(彼女は入試に合格するだろう)

これらの文では「Just」の後ろに置かれている語句をピッタリと言っています。

特に2つ目の文が分かりやすいですよね^^

I have money.(私はお金を持っているよ)
But just a little.(でも、少しね)

こんな風に後ろに続く語句を強調!!それがここでの「Just」の働きです!!

 

・~だけ

Just like that.(それだけのことだよ)
Just call me Mike.(マイクと呼んでくれ)
Can I just use your car?(ちょっと車借りるよ)

基本副詞の「Just」は「しっくり嵌る」をイメージさせる副詞ですが、
そのイメージと「~だけ」は似たような意識の元に働いています。

例えば以下の文↓

I have just 1000 yen.(私は千円ちょうど持っています。)

この「千円ちょうど」は、言い換えれば「千円だけ」つまり「しっくり」になります。

この感覚が掴めれば最後の文

Can I just use your car?(ちょっと車借りるよ)

これも「ちょっと使うだけ、いいよね?」という意識があるのが分かってきます。

 

基本副詞「Just」を使った様々な応用表現!!

 

副詞 (3)

 

こんな風に「Just」には「しっくりちょうど」の意識が宿っているのですが、
会話の中では様々な場面で使いまわす事が可能な語句です。

 

例えばこんな状況の時にも使えます↓

A君がある女の子に恋をしています。
ですがデートに誘う勇気が無く、ウジウジしているので親友のB君が一言

Just call her.(とにかく電話してみろよ)

こんな風に「とにかく」「とりあえず」「いいから」
。。。つべこべ言わずやってしまえ!!みたいな場面でも使えます!!

 

他にもこんな状況の時にも使えます↓

A君とCさんがドライブデートに行きました。
楽しいデートで何もかも順調だったのですが車が突然停まってしまいました。

Cさんが「何どうしたの?」とA君に尋ねます。

そこでA君が一言

I don’t know, it just stopped.(分かんない、なんか突然停まっちゃった)

こんな風に「よく分からないけど」「何もしてないのに」
。。。といった理由が定かではない場面でも気軽に使う事ができます!!

I just can’t stop.(どうしてもやめられないんだ)
I just like it.(よくわからないけど、それが好き)
It just happened.(何か分からないけどそうなった)

どれもなんか良く分からないけれど、そういう状況に嵌ってしまった!!

。。。といった感じで裏に「しっくりと嵌るイメージ」がありますよね^^

 

このように基本副詞の「Just」は会話の中でもよく出てくるので、
しっかりとそのイメージを掴んで使いこなせると便利です。

そして、そのためには実際に声に出して練習する事が大事です!!

お薦めは「英語ぺらぺら君(中級編)」です。

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)公式ホームページ!!

この教材は「Just」を含めた様々な副詞、形容詞、前置詞などの修飾語が、
多く盛り込まれた会話形式なので実際に話しながら勉強ができます。

よくある英語教材は聞き流して理解したつもりになって終わってしまいますが、
この教材では「実際に声に出して”自分の言葉”で話さなければならない」ので、
理解した英語を自分のものとして定着させて話せるようになれますよ!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)の内容とレビュー!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)公式ホームページ!!

この教材は、英語教材にしては珍しく「全額返金保証」がついているので、
使ってみて効果が感じられなかった場合にもリスクなく取り組めますよ!!

Just do it!!

とりあえず、つべこべ言わず「やれること」には挑戦してみる!!
英語もこの精神で取り組んでいけば、必ず話せるようになれそうですね^^

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Rather」の使い方と意識!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Now」の使い方とイメージ!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

11 Responses to “英会話のための英文法!基本副詞「Just」の使い方とイメージ!”

  1. jj より:

    えーっと、これでどうでしょ?

    His song is rather good.
    His song is too terrible.
    His song is very well.
    His song was so good.
    I just listened his song yesterday.

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      早速、宿題の答え合わせに参りますね!!

      ・彼の歌は相当良いよ(rather)
      ・His song is rather good.

      ・彼の歌は酷すぎるよ(too)
      ・His song is too terrible.

      ・彼の歌はかなり良いよ(well)
      ・His song is well good.

      ・彼の歌は超良かったよ(so)
      ・His song was so good.

      ・彼の歌を昨日聴いたばかりです(just)
      ・I just listened to his song yesterday.

      こんな感じです。

       

      3つ目の「well」を使った文ですが、jjさんの答えにするなら、
      彼は歌が上手いの方がしっくりくる気がします。

      ・He sings very well.

      そして5つ目の「listen」は「listen to」をセットで考えます。
      私が歌を聴くという動作は自動型の文ですよね?

      自動型の型は「主語+動詞」になります。

      jjさんの送ってくれた回答だと他同型「主語+動詞+目的語」になるので、
      そうならないために動詞の後ろに前置詞を入れて自動型にします。

      ・I just listened his song yesterday.
      ・I just listened to his song yesterday.

      細かいことですが、そこまで意識が回るようになると完璧に近づけますよ。
      英文を作る時には4つの基本文型を思い出して下さいね。

      ・自動型 ⇒ 主語+動詞
      ⇒単純な動作を表す
      ・他動型 ⇒ 主語+動詞+目的語
      ⇒何かに影響を与える
      ・説明型 ⇒ 主語+動詞+説明語句
      ⇒何かを説明する
      ・授与型 ⇒ 主語+動詞+目的語+目的語
      ⇒何かに何かを授与する

       

  2. momo より:

    今日は お仲間が居て 超嬉しいです!(^^)!
     今日も 考えましたよ!!
    1 His songs are rather good .
    2 His songs are too sucks .
    3 His songs are very well .
    4 His songs were so good .
    5 I just heard his songs yesterday .
    確かに just て良く使います。・・・・したばかり とか 丁度・・してるとか でもそのイメージってあまり 考えてなかったから イメージを知ると もっともっと使えそうですね!!

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      お仲間さんが増えて良かったですね、私も嬉しいです(^^)

      では、宿題の答え合わせに参りますね!!

      ・彼の歌は相当良いよ(rather)
      ・His song is rather good.

      ・彼の歌は酷すぎるよ(too)
      ・His song is too terrible.

      ・彼の歌はかなり良いよ(well)
      ・His song is well good.

      ・彼の歌は超良かったよ(so)
      ・His song was so good.

      ・彼の歌を昨日聴いたばかりです(just)
      ・I just listened to his song yesterday.

      こんな感じです。

       

      momoさんは複数形で考えてくれたんですね、もちろん複数形もOKですよ。

      気になったのは3つ目ですが、jjさんの回答同様です。

      彼は歌が上手いの方がしっくりくる気がします。

      ・He sings very well.

      でも、jjさん同様間違いじゃないのでOKです!!

      5つ目を「listen」じゃなくて「hear」にしたのも面白いですね。
      この場合、他動詞になるので他動型でOKです。

      ・I just heard his songs yesterday.
      ・I just listened to his song yesterday.

      但し、文脈から考えると「hear(聞こえた)」よりは、
      自ら率先して聞く「listen(聴いた)」の方がしっくり来る気がしますね。

      ただ「hear(聞こえた)」でも間違いじゃないですし文としてはあってますよ!!

       

  3. pse より:

    「調度」じゃなくて「丁度」ですよ

  4. ぐーりこ より:

    いつも遅い回答で申し訳ないです。
    宿題の答えは、jjさんとほぼ同じ。
    very well にしちゃったのも同じでした (^^;)

    5. は「ちょうど昨日! まさに昨日聞いたとこ!」という感じかなと思い
    just を yesterday にかけて
    I listened his song just yesterday.
    としてしまったのですが、間違いになりますか?
    yesterday にかけると、形容詞になっちゃいますしね…。
    よろしくお願いいたします。

    • choro より:

      >ぐーりこさん

      コメントありがとうございます。

      ・His song is very well
      ・彼の歌はとても良い

      これでも全然間違いじゃないですよ。

      伝えたい内容は「彼の歌はかなり良い」なので、
      それを強調するために以下の答えにしました。

      ・His song is well good.
      ・彼の歌はかなり良いよ

       

      副詞の位置は難しいですよね、
      通常、英語は配置が決まってる言語なのですが副詞だけは例外です。

      例えば、

      ・I have eaten a delicious apple (recently).
      ・(Recently) I have eaten a delicious apple.
      ・I have (recently) eaten a delicious apple.
      ・I (recently) have eaten a delicious apple.

      副詞は文の構造を無視してどこにでも入れることができる品詞で、
      どこがしっくり来るかは人によって違うんですよ。

      但し、以下のように一塊になっているブロックの間、
      今回の文では名詞ブロックの間に割り込ませることは出来ません!!

      × I have eaten a delicious (recently) apple.

       

      副詞を置く位置として一般的なのは以下の3つです。

      1、文頭
      2、文末
      3、動詞の間もしくは動詞の直前

      なので今回、ぐーりこさんが送ってくれた文は間違いじゃないです。
      副詞はブロックを壊さなければどこにでも入れられるので。

      ・I listened his song (just) yesterday.

      この文なら「just yesterday」が副詞ブロックで「listened」を修飾します。

      ぶっちゃけ、この「yesterday」は名詞じゃなくて副詞ですね。
      なぜなら元々「yesterday」は「listened」を修飾してるので副詞だからです。

      だから「yesterday」の前に「just」を置くのも問題ないです、
      副詞は副詞(名詞以外を修飾できる品詞)なので。。。

      副詞の位置はどこでもOK、自然なのは先ほど上げた3つと覚えておいて下さい。

       

      • ぐーりこ より:

        ちょろさん、たいへん詳しいご説明ありがとうございました。
        その人がこれを強調したい、と思うところで良いのですね。
        副詞の基本位置、覚えておきます!
        また、yesterdayは副詞(でもある)…、
        そうでした。「昨日」だから名詞と思っちゃってました。
        副詞だから前置詞も必要ないんですよね。
        いつもたいへん勉強になります。ありがとうございました。

        • choro より:

          >ぐーりこさん

          はい、英単語の品詞は文中の位置で決まります。

          ・Yesterday was hot.
          ・昨日は暑かった
          ⇒主語の位置に「Yesterday」があるので名詞

          ・I played tennis yesterday.
          ・昨日テニスをしました
          ⇒修飾語として名詞以外を修飾しているから副詞

          そうなりますね。

           

  5. ぐーりこ より:

    あっ、listened to の to が抜けました!! すみません。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ