英会話のための英文法!基本副詞「Now」の使い方とイメージ!!

 

副詞 (4)

 

これまで当ブログでは基本的な副詞を紹介してきました。

副詞は修飾語の中でも特に用途が広く、名詞以外は全て修飾できる性質を持ちます。

また、文中での配置や文脈によってもニュアンスが変わるものが多くあるので、
その副詞が本来持つイメージをしっかり掴む事が重要です。

今回は、そんな副詞の中から「Now」についてのイメージと使い方を紹介いたいます。

 

基本副詞「Now」のイメージ!!

 

副詞 (2)

 

基本副詞「Now」のイメージは「現時点」「今」です!!

時間を表す副詞「Now」ですが、
そのイメージから「勢い」を文に与える事もできます。

海外の映画やドラマなどを観ていても

・さぁ
・さて
・今だ!!

。。。のように文中で使うと勢いを与える使い方がされていますよね?

その意識の根本にあるのが「現時点」というイメージです!!

 

せっかくなので、例文をあげて見て行きましょう。

I’m free now.(今ヒマなんだ)
He is busy now.(彼は今忙しい)
Do it right now!!(今すぐやりなさい)

こんな風に時間軸で「たった今」「現時点」を表現したい時に使います。

 

また先ほどお話したとおり「勢い」を与える時にも使えます。

Now listen to me.(さて、話があります)
Now is the time for action!(今こそ行動の時だ!)

こんな風に「Now」を使うと文に「勢い」を与える事もできます!!

どちらもすごく簡単ですね^^

私なんかは、勢いづけて「Now」なんて言われると焦ってしまいますが、
急かす時にも使えますし、なんとなく強調の意識も含まれてる気がします。

 

基本副詞「Now」を使った様々な表現!!

 

副詞 (3)

 

時間軸の「現時点」を表す「Now」は、他の語句と合わせて様々な表現ができます。

その感覚は「Now」の意識に基づいたものですが、
中には少し分かり辛いものもあるのでいくつか紹介します。

・for now(今のところは)
・by now(今頃は)
・just now(ちょうど今)
・right now(たった今)
・now for(では~移ります)
・day now(もういつなんどき)
・now and then(時々)
・from now on(今から)
・until now(今まで)

これらは、よくある「Now」のフレーズですが、
その感覚の中心に「現時点」「今」の意識があるのが分かりますよね?^^

その意識を中心に他の単語が力を加えて、それぞれのニュアンスを生んでいます。

 

せっかくなのでいくつかピックアップしてみました。

Good-bye for now.(今はこれでさよならです)
The pain should be dry by now.(ペンキは今頃はもう乾いているはず)
You must be more careful from now on.(今後は注意しなさい!!)

こんな風に使います。

この辺はとても簡単ですね^^

 

ですが中にはちょっと似たようなニュアンスのものもあります。

例えば以下の文↓

You must be more careful from now.(今から注意しなさい!)
You must be more careful from now on.(今後は注意しなさい!)

この2つの文の違いを感じ取ってみると。。。

最初の文は「~から」と「今」が合わさって「今から」ですが、
2つ目の文は「~から」と「今」と「線上」が合わさって「今後は」になり、
前置詞の「On」つまり「線上」が加わった事で「継続」の意識が生まれた訳です。

そこまで厳密に考える必要はないですが、
なんとなく後者の方が強調的なニュアンスがついている気がしますね^^

 

また、同じようなニュアンスのフレーズとして以下のものもあります。

I get your mail just now.(ちょうど今、メールを受け取りました。)
I get your mail right now.(ちょうど今、メールを受け取りました。)

この2つの「ちょうど今」は日本語で考えると差がないですが、
最初の「just now」は過去形にも使えますが「right now」は使えません!!

理由は「right now」は、まさに今「その瞬間」を指しているからです。

 

何故その差が生まれるのかは、それぞれの単語イメージを掴むのが大事です。

副詞の「Just」のイメージは「”ピタッ”と決まる!嵌る!」です!!

⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Just」の使い方とイメージ!

「Just」は時間を意識しているわけではなく、
「ピタッ」と嵌ればOKなので、過去形にも使うことができます!!

ですが「Right」には「正に」「正確な」というイメージがあります。

だから「今」と言ったら「正に今」になので、過去形では困るのです!!

 

こうやって、単語ひとつひとつの意識やイメージを正確に掴むと、
何故「ここでは使えて、ここでは使えないのか」が分かるようになってきます。

英語は語順の言語なので、常にロジックがあります。

ただ単純に暗記をしたり、ルールを覚えても使えない英語になってしまいますし、
辞書や学校で習った日本語訳で覚えるなんて大間違いです!!

英語は、その単語がそれぞれ個々に持つ「意識・感情・イメージ」を覚えて、
その意識を生かしつつ順序良く並べていかなければなりません!!

小手先のテクニックや暗記は、生きた英語には役に立たないので、
日本語の意味を覚えるのではなく、意識やイメージを掴むようにして下さいね^^

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Just」の使い方とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Then」の使い方とイメージ!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

6 Responses to “英会話のための英文法!基本副詞「Now」の使い方とイメージ!!”

  1. momo より:

    今日の宿題
     今でしょう!色々考えましたが・・
    It’s from right now .で どうでしょうか?

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます!!

      いろいろ考えたやつ全部載せて良いですよ~、
      他の人がどう考えるのか興味心身です

      さて、では宿題の答えに参りましょう!!

      ・When are you going to do it?
      ・いつやるの?

      ・( )
      ・今でしょ!!

      1.Do it now!
      2.Now!
      3.Now is the time!
      4.Right now

      momoさんの「It’s from right now.」でも通じますよ!!
      今回の宿題の答えは合って無いような物ですね(^^)

       

      • momo より:

        私の考えたのも 紹介します・・が 殆ど 思いつきなので 悪しからず。
          Just now !
        It’s on time .
        Now is the best !
        Try it right now !
        何か ちょっと 無理やり感満載ですね(≧◇≦)

        • choro より:

          >momoさん

          無理やり感ですか?そんなことないですよ!!

          それもちゃんと通じます。

          それくらい英語って自由なので自信を持ってくださいね♪

  2. jj より:

    Just now!
    You have to do right now.
    You should do it, now.
    Do it immediately.

    遅くなりましたが、いくつか考えてみました。
    キャッチコピーみたいですが…
    あっ、キャッチコピーでしたね、これ(笑)

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。
      確かに偶然生まれたキャッチコピーですね。

      さて、宿題の答なのですが。。。

      ・When are you going to do it?
      ・いつやるの?

      ・( )
      ・今でしょ!!

      1.Do it now!
      2.Now!
      3.Now is the time!
      4.Right now

      私が思いついたのはこんな感じです。

       

      もちろん、jjさんの答えも全部合ってますよ、
      間違いを恐れない自由な発想が大事ですね。

      ただ、2つ目はこうしましょう↓

      ・You have to do right now.
      ・You have to do it right now.

      何かをやるわけですから何かに影響を与える他動型の文型ですよ↓

      ・主語+動詞+目的語

      作った文を振り返ってみて、4つの基本文型を考えてみてくださいね。

      ・自動型 ⇒ 主語+動詞
      ⇒単純な動作を表す
      ・他動型 ⇒ 主語+動詞+目的語
      ⇒何かに影響を与える
      ・説明型 ⇒ 主語+動詞+説明語句
      ⇒何かを説明する
      ・授与型 ⇒ 主語+動詞+目的語+目的語
      ⇒何かに何かを授与する

      そうすれば自ずと足りないパーツがぼんやり見えてきますので。。。

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ