英会話のための英文法!基本副詞「Off」の使い方とイメージ!

 

副詞 (3)

 

英語の修飾語は、主に形容詞、副詞、前置詞、助動詞があげられます。

その中でも副詞は名詞以外の語句を全て修飾することができる品詞で、
修飾できる範囲が幅広いだけに多くの用途があります。

主に副詞が修飾する英語(単語や語句)に付加するニュアンスは、
時、場所、頻度、程度、様態などで、それぞれに意識が込められています。

今回はそんな副詞の中から「Off」の使い方とイメージをお伝えします!!

 

基本副詞「Off」のイメージ!!

 

副詞 (2)

 

基本副詞「Off」のイメージは「離れている」「離れる」です!!

感覚としては、対象物(修飾される語句)との位置関係を表し、
物理的、抽象的、精神的、全ての面において「距離」を置く感覚です。

対義語としては「On」があげられます。

 

では、分かりやすいように「Off」を使った例文をいくつか見ていきましょう。

Please take off your shoes.(靴を脱いでください)
I’ll get off the bus at next stop.(次のバス停で降ります)

1つ目の文は「靴を脱ぐ」つまり「靴を足から離す」、
2つ目の文は「バス停で降りる」つまり「バスから離れる」、

。。。と、こんな感じで物理的に離れる様子を文に付加しています^^

 

Christmas is a week off.(クリスマスは1週間後です)
He is off today.(彼は今日休みです)
You can get 30% off with this ticket.(このチケットで30%オフだよ)

1つ目の文は「一週間後」つまり「今から一週間離れている」、
2つ目の文は「彼は離れている」つまり「休み」、
3つ目の文は「値段が30%割引になる」つまり「定価から30%離れている」、

。。。と、こんな感じで抽象的に離れている様子を文に付加しています^^

 

どうですか?

全ての文を見ても分かる通り、基本副詞の「Off」には、
ある位置から「離れる」「離れている」といった意識があるのが分かりますね♪

こんな風に「Off」の使い方は、めちゃくちゃ簡単!!

難しい事も、捻りも何もないので、イメージがとても掴みやすい単語です。

 

基本副詞「Off」を使ったフレーズ!!

 

副詞 (4)

 

基本副詞の「Off」には、とにかく多くのフレーズがあります!!

パッと考えただけでも、たくさん思い浮かびますよね?

・Get off(降りる、終える、など)
・Go off(行く、去る、離れる、など)
・Fall off(落ちる)
・Turn off(電源を切る)
・Come off(とれる、外れる)
・Bite off(噛み切る)
・Back off(後ろに下がる、後ずさりする)
・Take off(脱ぐ、外す、出発する、など)

。。。こんな感じでたくさん浮かぶ「Off」を使ったフレーズですが、
そのニュアンスの裏には「離れる」「離れている」意識があるのが分かります。

 

せっかくなので、いくつか例文をあげて見てみましょう。

I got off the bus.(バスから降りた)
I’ve got to be off now. (もう行かなきゃ)
I get off work in one hour.(1時間以内に仕事は終えるよ)

あえて、全部「Get off」の文を使いましたが、
私達日本人の悪い癖で「降りる」「去る」「終わりにする」、
。。。と言った感じで、ひとつひとつの意味を覚えようとしてしまいます。

でも、こんなのはひとつひとつ覚える必要は全くなく、
基本副詞「Off」の「離れるイメージ」を掴めていれば理解できますよね?

ですが、結局ひとつずつ文脈を無視して意味だけ覚えて使おうとしても、
単語やフレーズは、文中での使われ方でニュアンスが変わってしまうものです。

だから英語は、日本語の意味を覚えるだけではなく、
その単語本来の「意識」と「イメージ」がとても重要という訳なんですね^^

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Out」の使い方とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Up」の使い方とイメージ!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

11 Responses to “英会話のための英文法!基本副詞「Off」の使い方とイメージ!”

  1. momo より:

     今日の前置き・・正にその通り!!メチャクチャムカつきますよね(-“-)以前 来日した ウルグアイの 大統領の爪の垢でも煎じて飲んで欲しい・・って思いますよ 私も税金で 破産しそうです。
      さて本題に・・近頃チョロさんの ブログを見る前に イメージを考えて見るのですが 今日のoffは 切ると 考えましたが 離れる・・何ですね そう考えると なるほどと思う事も多々有ります。
      1 I bought it at 30%off ….30% 離れるイメージ
      2 I have just got off the train . …電車から離れるイメージ
    3 My house is just go off the road …道から離れるイメージ
    余り自信ないですけど 又チョロさんの添削で勉強します。

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      そうなんですよー、パナマ文書の件なんて調べるほど唖然としますよ。

      さて「off」の件ですが、先にイメージを予測するのはいいですね、
      予想と合っているか外れているか楽しみになりそうです。

      これからもやってみて下さいね。

       

      では、宿題の答えに行ってみましょう。

      ・これを3割引で買いました
      ・I bought this at 30 percent off.

      ・ちょうど電車から降りたところです
      ・I’ve just got off the train.

      ・家は道路からちょっと入ったところだよ
      ・My house is just off the road.

      こんな感じです。

      最後の3番だけ2つの動詞「Is」と「Go」を使ってたのが少し残念ですが、
      もう一度、4つの基本文型を思い出してみて下さい。

      説明型の文ですよー

       

  2. jj より:

    遅くなりました。休みの日はメールを見ないので、今日は行きの電車です。立ったままなので辛い…

    I brought it with 30% off at the store.
    I’ve just got off a train.
    My house is just a bit off the street.

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      そうですね、休みの日は開封率も落ちてる印象があります、
      でもこうして平日にまとめて送って下さってありがとうございます。

       

      さて、今回の宿題の答えなのですが。。。

      ・これを3割引で買いました
      ・I bought this at 30 percent off.

      ・ちょうど電車から降りたところです
      ・I’ve just got off the train.

      ・家は道路からちょっと入ったところだよ
      ・My house is just off the road.

      こんな感じです。

       

      1つ目の文なのですが「brought」ではなく「bought」ですね。

      ・I bought it with 30% off.

      これでOKです!!

      他2つは完璧です。

      3つ目なんか「なるほど」。。。て思い感心しちゃいました!!

       

  3. shunji より:

    weblio英和和英辞書より、get one’s overcort(ring)off オーバーを脱ぐ[指輪を外す] 【他動詞】+【副詞】 ー getの意味が分からなくて検索してたらこのサイトにヒットしました。これって(sは無いけど)s+v+o+cの文型で副詞のoffをc(補語)としているのかなぁ。それとも、「~を(o=overcoat)離して(副詞=off)動かす(v=get)」と考えればいいのかなぁ。どう思われます?

    • choro より:

      >shunjiさん

      コメントありがとうございます。

      う~ん、どうでしょうね?難しいですね。。。

      多分「ある状態を得た」と考えたらいいのかな?と思います。

      ・get one’s overcort(ring)off
      ・オーバーを脱ぐ[指輪]を外す状態を得る

      そんな風に捉えたら、いいんじゃないでしょうか?

  4. shunji より:

    choroさん 
    申し訳ございません!ご返信頂いていたのですね。ありがとうございます!!参考にさせていただきます。このサイトはショートカットもコピーも出来ないものですからサイトに再アクセス出来なくなっていました。

    • shunji より:

      おっしゃるように、「ある状態を得た」。それが自然なのですが、そうするとoffは「形容詞」になりますよね。offが「副詞」と明記されているので悩んでしまったのですよ・・。get one’s overcort (to be)offと捉えてto be の省略と考えればoffは副詞となるのですが。男性は理屈を考えすぎて英語が上達しないとか?choroさんはどちらの性であられますか?研究社に問い合わせても回答が無いことが多いです。こちらのサイトしっかりアクセスできるようにいたしました。

      • choro より:

        >shunjiさん

        コメントありがとうございます。

        副詞の定義は「名詞以外を修飾する」になるはずなので、

        ・get one’s overcort
        ・オーバーを脱いでいる動作(動詞句)

        ・get one’s overcort ← off
        ・オーバーを脱いでいる動作(動作句)← offで修飾

        そう考えると動詞句を修飾する副詞になるのかもしれませんね。

  5. shunji より:

    お忙しい中、問い合わせに真摯にご回答をいただきありがとうございます。choroさんはどんな管理人の方かと思い自己紹介読ませていただきました。他の方も投稿されているように素晴らしい方なのですね。やる気が出ます!

    • choro より:

      >shunjiさん

      コメントありがとうございます。

      私も勉強しながら備忘録的な感じで書いているので、
      プロとは違い、解釈や受け止め方など間違いがあるかもしれませんが、
      その辺は温かい目で読んでいただけると助かります。

      お互い頑張っていきましょう(^^)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ