英会話のための英文法!基本前置詞「against」の意味とイメージ!

 

前置詞 (2)

 

前置詞は、文脈によって多くの日本語訳を生み出します!!

なので、日本語で意味をひとつひとつ覚えていくのは効率が悪いですし、
また、文脈によって意味が決まるので暗記では対応できないこともあります。

そんな前置詞を攻略するためにに欠かせないのが、
それらの日本語の意味を生み出す「コアイメージ」です!!

前置詞には、文脈に左右されないコアのイメージが必ずあるので、
そのイメージを使って、文脈にあった前置詞を選択してくことが大事になります。

今回は、そんな前置詞の中から「against」のイメージをお伝えしようと思います。

 

前置詞「against」の基本的なイメージ!!

 

前置詞 (1)

 

前置詞「against」のイメージは「対抗して」です!!

前置詞「against」には「力をかける方」と「かけられる方」の2つがあり、
その両方を意識することが「コアイメージを掴む鍵」になります。

・押す方(支えられる方)
・押される方(支える方)
・またはその両方

向かい合う力「お互いに力」がかかって圧し合っているイメージ!!

では、せっかくなので、具体例を見ながらイメージを掴んで行きましょう。

 

派生イメージ : 接触する

He leaned against the wall.(彼は壁にもたれかかっていた)
I pushed the desk against the door.(ドアに机を押し寄せた)
She stood her umbrella against the wall(彼女は傘を壁に立てかけた)

上の例では、1つ目の文は壁にもたれかかっているので、
もたれかかっている彼と壁との間に「対抗する感覚」がありますよね?

2つ目のドアを机を押し寄せるのも双方に力がかかってますし、
3つ目の傘を壁に立てかけるだけでも、傘と壁の両方に力が発生します!!

 

派生イメージ : 逆らう・対抗する

They fight against the enemy.(彼らは敵と戦います)
We found the evidence against the suspect.
(我々は容疑者に不利な証拠を見つけた)

これらの文は「何かを押し通そうとする力」と「対抗する感覚」、
その2つが「向かい合って力を加える感覚」が分かりやすい例ですね。

 

派生イメージ : 逆らう・そむく

We sailed against the wind.(風に逆らって航行した)
I did it against my will.(自分の意思に逆らってやった)

先ほどの反対や反抗に近いですが、
流れや意思に逆らうのにも「対抗する感覚」がありますよね?

 

派生イメージ : 備える

The police warned us against pickpockets.
(警察は私たちにスリに注意するように呼びかけた)

何かに備える事は、それに「対抗する」ということ、
今現実にかかっている力だけでなく、将来かかる力にも対応できます。

 

このように「against」は「対抗の感覚」が意識される前置詞になります。

 

前置詞「against」の拡張

 

前置詞 (3)

 

そんな「against」ですが、力だけでなく以下のような場合にも使えます。

Stars are shining against a black sky.(暗い空に星が輝いている)

この文章は、星に対して空が力を加えている訳ではありませんが、
暗い空の中で輝く星々は、夜空に対抗しているように感じられますよね?

この他にも、これと同じように。。。

The tree stood out against the sky.(木は空を背景にそびえたっていた)

こんな感じで、実際に「向かい合った力」がかかっていなくても、
2つのもの同士に「対抗する感覚」を感じることができれば使う事ができます!!

最後のコントラストの対比は少し高度なイメージでしたが、
前置詞「against」の「向かい合うの意識」が感じられたのではないでしょうか?

 

前置詞 (1)

 

但し、前置詞は「反抗・接触・対比」などと「用法」だけで覚えるではなく、
その前置詞が持つ「コアイメージ」も一緒の覚えて使いこなすのが大事です。

最初に「コアイメージ」を掴んでしまえば、
後に様々な「用法」に出会った際にも納得することができますし、
また、他の似たような意味を持つ前置詞にも対処がしやすくなります!!

なので前置詞は、まずは「コアイメージ」をしっかりと掴み、
理解したら覚えて終わりではなく、実際に話して定着させていって下さいね。

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「after」のイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「along」のイメージ!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “英会話のための英文法!基本前置詞「against」の意味とイメージ!”

  1. りあん より:

    ちょろさん、こんばんは!

    ビジッポでもお世話になっています^^
    いつも思うんですけど…、

    ちょろさんの英単語の説明って、
    めちゃめちゃ分かりやすいですネ!

    図や絵があって、イメージがとても湧きやすい!!
    すごく参考になります~(*´▽`*)/

    前置詞ってホント、大切ですから、
    私もしっかり勉強させていただきますね!

    それでは∻ヾ(≧▽≦)ノ
    また、お伺いしますね!

    りあん

    • choro より:

      >りあんさん

      こんばんは、コメントありがとうございます。

      英単語の説明、分かりやすいですか?
      ありがとうございます(^^)

      極たまにですが、分かりづらい
      。。。なんて言われる事もあるので、
      そう言って頂けると本当に嬉しいです!!

      また宜しくお願いいたします。

  2. jj より:

    They walked across the street against a red light.

    でどうでしょうか?

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      正解です。
      文章を作るのが上手になってきましたね♪

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ