前置詞「under」の意味とイメージ!「below」との違い!!

 

前置詞 (1)

 

前置詞は位置関係を表す品詞で、似た意味を持つものが多くあります!!

ですが、その意味にはニュアンスの違いがあり、
日本語を主体で覚えてしまうと、上手に使いこなすことができません。

なので、前置詞を覚える際には「意味」や「用法」ではなく、
それらを生み出している「コアのイメージ」を掴むことが重要です。

今回は、そんな前置詞の中から「under」の意味やイメージをお伝えします。

 

前置詞「under」の基本的なイメージ!!

 

前置詞 (2)

 

前置詞「under」のイメージは「下」です!!

基本的なイメージは「下」ですが「覆われている状態」も表現できます。

せっかくなので、例文を見ながらイメージを掴んで行きしょう。

 

派生イメージ : 様々な下

There is a cat under the tree.(木の下に猫がいます)
I found the key under the sofa.(ソファーの下で鍵を見つけた)
He is wearing a vest under his suits.(彼はスーツの下にチョッキを着ていた)

これらの「下」は、基本的な「under」のイメージです。

木の下に、ソファーの下で、スーツの下に、
。。。と「物理的に何かの下」にある様子を表していますよね?

The bridge is under repair.(その橋は修理中です)
The issue is under investigation.(その問題は調査中です)

また、上の例文のように「状況などの下」を表現することもできます。

 

派生イメージ : 影響下

He yelled under the infulence of wine.(彼は酒の勢いで叫んだ)
I want to study under the best teacher.(僕は最高の師の元で学びたい)

何かの状況や誰かの「監視下・影響下」にある時にも使えます。

日本語でも「~の下(もと)で学んだ」「影響下」っていいますよね?

 

命令 (4)

 

派生イメージ : 未完成

The road is under construction.(道路は工事中です)

ある「活動の下(もと)」にあるイメージです。

先ほどあげた例

The bridge is under repair.(その橋は修理中です)
The issu is under invesitigation.(その問題は調査中です)

この2つもこちらに当てはまりますよね?

何かが遂行中で「まだ完成していないという意識」つまり下です!!

 

基本前置詞「under」と「below」の違い!!

 

前置詞

 

同じように「下」を表現する前置詞には「below」などがありますが、
それぞれニュアンスが異なります!!

・under ⇒ 真下、影響下、覆われているなどがある(場所)
・below ⇒ 単に低さを表す、覆われるイメージはない(位置)

具体的に例文を上げて説明するとこうです。

○ The book is under the table.(その本は机の下にあります) ← 場所
× The book is below the table.(その本は机の下にあります) ← 位置

違いを表現するために上のような例をあげましたが、
意味が不明なので、本来は2つ目のような言い方はあまりしません!!

ですが「場所」と「位置」の考えが理解出来ましたよね?

こんな風に「under」は「何かの下という場所」を指しますが、
一方の「below」は「何かよりも低い場所という位置」を指しています。

 

なかなか難しいので、一度で覚えて使いこなすことは大変だと思います。

なので、実際に使いながら徐々に身に付けるようにしましょう。

英会話はテスト違い「理屈が半分、残りの半分は練習」です。

こういう「英語の理屈」を学んだら、
今度はそれを定着させるための「練習」が何よりも大事になってきます。

そのためにお薦めなのが「英語ぺらぺら君シリーズ」です。

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の内容とレビュー!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)の内容とレビュー!!

この教材は米元大統領の通訳を務めた方が監修人を務めており、
実際に英語を話しながら英会話を身に付けて行く方法が採用されています。

その方法は「クエッショニング」と呼ばれており、
英語の質問に対して、英語で何度も何度も答えて行く方法なので、
英語に対する瞬発力が身に付き、英語が自然と口から出てくるようになります。

正に慣れるより慣れろですね^^

使ってみて効果が得られなかった時は全額返金してくれるので、
英語を話せるようになりたい、英語を話す練習がしたい方はお試しください!!

 

英語はイメージと感情の言語です。

日本語主体で意味や用法だけをではなくイメージも一緒に覚えて、
覚えたら納得するだけでなく、実際に声に出して使う練習を行って下さいね^^

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「through」のイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「with」の意味とイメージ!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “前置詞「under」の意味とイメージ!「below」との違い!!”

  1. jj より:

    ・少佐は大佐の支配下にある
    The major is under the colonel.

    ・少佐は大佐より地位が低い
    The major is below the colonel.

    ん〜、「a」か「the」か悩みます…

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      この場合は「a」ですね。

      ここで「The」を使うと「特定の少佐・大佐」になってしまうので、
      一般的な地位を指すのなら「a」が相応しいです。

      宿題の答え自体は合ってますよ。

       

  2. momo より:

    1 The major is under the colonel .
    2 The major is below the colonel .

       こんなに単純で良いのかな?

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      正解です、単純で大丈夫ですよ。

      ただここで「The」を使うと「特定の少佐・大佐」になってしまうので、
      一般的な地位を指すのなら「a」が相応しいです。

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ