前置詞「among」の意味とイメージ!「between」との違い!!

 

前置詞 (4)

 

前置詞は英語を勉強して行く上で、最も混乱を招く品詞のひとつです。

その理由は、個々の前置詞がもつ「イメージ」が、
文中で様々なニュアンスを生み出し、無限の広がりを見せるからです。

また、日本語の意味だと同じような意味に思えるものがありますが、
ニュアンスが微妙に異なるため、その点にも注意が必要になります。

今回お伝えするのは「among」のイメージですが、
似たような意味を生み出す「between」との意識の違いを感じ取って、
使い分けられるように練習してみて下さいね。♪

 

前置詞「among」の基本的なイメージ!!

 

前置詞 (1)

 

前置詞「among」のイメージは「どさくさ・入り組んだ物の間」です!!

この「among」という単語は「何かの間」をイメージさせる前置詞ですが、
その「何かの間」とは「ごちゃごちゃしたものの間」にあるものであって、
明確に「個々がはっきりしたものの間」ではありません!!

つまり、固有名詞など個体がはっきりしたものの間にはあまり使われず、
集合体やグループの中で「個々がはっきりしていない時」に使われます。

せっかくなので、分かりやすく例文を見て行きましょう。

 

派生イメージ : どさくさ、はっきりしないものの間の位置

He moved among the crowd.(彼は人ごみの中を動き回った)
Among his friends, he is popular.(友人の間で彼は人気です)

上の例は、典型的な「among」の例です!!

1つ目の文は人ごみの中、2つ目の文は友人の間になっており、
個々のメンバーが「はっきりと意識されていない」のが分かりますよね?

 

派生イメージ : どさくさ、はっきりしないものの間の動き

Talk among yourselves.(君達で話し合いなさい)
Don’t quarrel among yourselves.(内輪もめは辞めなさい)

また、上の例のように「among」はごちゃごちゃしている相互の間で、
。。。という風に「動き」を感じることができる前置詞のひとつでもあります。

 

前置詞「among」と「between」の違い!!

 

前置詞 (2)

 

同じく「~の間」をイメージさせる前置詞には「between」があります。

この「among」と「between」の違いは以下の通りです↓

・among  ⇒ ごちゃごちゃの間
・between ⇒ はっきりしたものの間

学校の英語の授業では「betweenは2つのものの間」、
一方の「amongは複数のものの間」を表すという風に教わりましたが、
その分け方は正しい両者のイメージではありません!!

 

せっかくなので分かりやすく例をあげてみてみましょう!!

The difference between English, Chinese, and Japanese are huge.
(英語と中国語と日本語の違いはとても大きいです)

The difference among languages are huge.
(それぞれの言語の違いは大きいです)

上の例文を見てみると分かると思いますが、
1つ目の文のように「個々がはっきりしているものの間」を示す際には、
前置詞の「between」を使うのが普通です。

ですが、2つ目の文の言語間ように
「個々がはっきりしていない集合体やグループの間」を示す際には、
前置詞の「among」を使うのが普通です。

このように「among」と「between」の使い分けは「個数」ではなく、
単に「個々がはっきりしているか、はっきりしていないかの違い」です!!

 

更に分かりやすい例文を見てみましょう。

We walked among the trees.(私達は木々の間を歩いた)
We walked between the trees.(私達は木々の間を歩いた)

日本語に翻訳すると同じような意味になりますが、
最初の「among」を使った文では、個々の木々が意識されていないのに対し、
一方の「between」を使った文では、個々の木々が意識されています。

写真で見ると下の写真のような感じですね↓

 

前置詞 (3)

 

どうですか?

写真を比べると「among」と「between」の違いが分かりやすいですよね?

このように英語は学校で習った知識だけでは足りないものが多く、
また、勉強して得た知識も実際に使っていかなければ習得できません!!

そのためには、実践的に会話文で英語を使っているものを使って、
実際に何度も「話す練習」をしてイメージを定着させる必要があります。

なので、英会話で英語を自由自在に使えるようになるためには、
イメージを覚えたら実際に使う練習をして行きましょう!!

 

イメージを定着させながら話すには「英語ぺらぺら君」がおススメです。

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)のレビューと効果!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)のレビューと効果!!

このシリーズの初級編では、基本動詞など基礎的な品詞を使って話す練習、
中級編では更に踏み込んで助動詞や前置詞を使って話す練習ができます。

どちらも、アメリカ大統領の元通訳の方が監修人を務めており、
また、実際に使って効果が実感できなかった場合には全額返金してくれます。

ノーリスクで始められるので試してみるといいと思いますよ。

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)公式ホームページ!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)公式ホームページ!!

英会話で使える英語を身に付けるには理解しただけでは不十分ですので、
実際にそれを使って話す練習を取り入れて、英会話力を伸ばして行って下さいね!!

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「along」のイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「at」の意味とイメージ!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “前置詞「among」の意味とイメージ!「between」との違い!!”

  1. momo より:

    He was sitting among beautiful women .
    かな?
    もし美女に挟まれて・・なら 
    He was sitting between beautiful women . になるのかな?
    近頃仕事が忙しくて メルマガチェックも 出来なくて・・平均睡眠時間 3時間の日々なので 御無沙汰してしまいました(T_T)
    明日は休みなので ちょっと余裕です。

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      ・He was sitting between the beautiful ladies.
      ・彼は美女たちに挟まれて座っていた
      ⇒きっとベンチのような椅子なんでしょうね

      ・He was sitting among the beautiful ladies.
      ・彼は美女たちに囲まれて座っていた
      ⇒教室の席の様に周りを囲まれているんでしょう

      うらやましいです(^^)

      睡眠不足は良い仕事の敵ですよね。
      メルマガも毎日発行してますが出来る時だけで大丈夫ですよ!!

       

  2. jj より:

    月曜日の朝は大量にメール溜まってます…

    He sat among beautiful girls.

    かな?

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      ・彼は美女に囲まれて座っていた
      ・He was sitting among the beautiful ladies.

      もちろんjjさんの答えも合ってますよ

      ・彼は美女に囲まれて座っていた
      ・He sat among beautiful girls.

      月曜日は大変ですね、
      私は逆に平日はあんまりメール見ないので土日が大変です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ