ランタンの街「ホイアン」一人旅!街ブラ観光とお薦めスポット!

 

 

ランタンで有名な世界遺産の町ホイアンに来ています!!

この町は町全体が世界遺産のため、
いつもはバイクでごった返しているベトナムでも、
全くバイクを気にする事なく観光が楽しめる町です。

また、夜になると町中のランタンに一斉に灯りがともり、
トゥボン川を中心になんとも幻想的な優しい光に包まれます。

さて、そんなホイアンを今日はぶらり1人旅してみました。

 

 

こんな感じのチケットが購入できるブースがあります

 

まず、ホイアンの観光なのですが、
ホイアンには歴史的な小民家や小さな神社が多く、
それらを巡るにはチケットを購入しなければなりません!!

チケットブースは町の至る所に点在するので、
迷わず買うことができるはずです。

 

チケットは5枚つづりで120,000ドン(652円)です

 

チケットでは入れる観光スポットは全部で20箇所以上あるので、
その中から選んで行くと良いと思います。

チケットブースのおっちゃんやお姉さんに
特にお薦めの観光スポットを聞くと教えてくれるので、
聞いてみると良いですよ!!

中でも、市場の近くにある伝統演劇が見れるスポットは、
凄く面白かったので演劇の時間が近くなったら行ってみて下さい。

チケット1枚で、なかなか立派なショーが見れます。

 

チケットの観光スポット「日本橋」

1593年に作られた橋で20,000ドン札にも印刷されてます

 

頑丈な造りで、大地震があっても壊れないんだそうです。

400年以上も前の橋なのに流石日本の技術ですね。

そんな昔から、耐震設計の橋を作るとは、
やはり当時から日本人の繊細さと技術は確かなものです。

 

昼の町並みも、なかなかキレイです

刺繍で作られた絵画も売られています

笠もマークが入っていて他の場所とは一味違います

 

因みに日本橋が建てられた場所には大ナマズが住んでいて、
インドから日本まで続いていると信じられてたんだとか。。。

そしてそのナマズが大暴れすると大地震が起こるので、
この橋を建てて大ナマズを撃退した!!

。。。という伝説が残っているんだそうです。

なので橋の中にはナマズの鎮魂の為のお寺が造られています。

 

鮮やかな刺繍のバックがキレイです

店番のワンコ?絵になりますね♪

お土産屋さんも充実してます

 

せっかくなのでチケットを1枚消費して古民家に入ってみました。

こちらはタンキーの家と呼ばれる家で、
200年ほど前に建てられた広東省出身の中国人漁師の家です。

中は日本と中国の様式がミックスされた造りになっていて、
古井戸みたいなものがあります。

きっと、当時は凄いお金持ちだったんだろうな。。。

 

よく分からないけど漁師さんの家

ちょっとした美術品が飾られています

家には中庭と井戸があります

 

ジャッキーチェンの映画にこういうのありましたね。

酔拳とかに出てきそう。。。

ここでいきなり乱闘が始まってもおかしくなさそうですw

 

ランタンが夜が来るのを待ってます

福建会館、日本でいう集会所だそうです

これもジャッキー映画っぽいですね

 

ベトナムの歴史的な場所へ行くと、
大体どこへ行っても華僑の人たちの影響が見てとれます。

基本的にはみんな漢字で書いてあるんですよね。。。

やはり歴史的に見ても中国をはじめ、
フランス、アメリカなど大国に支配されていた名残りですね。

いつの時代もやっぱり大国の影響力は大きいなぁ。

 

中は整理整頓されていてキレイ、ここでどんな話をするのだろうか?

赤や黄色の原色の色使いが中国風ですね

こちらは別の集会所、三国志で有名な関羽が祀られています

 

ベトナムの神社というか集会所では、関羽が多いです!!

。。。というのも関羽は中国だけでなく、
ベトナムでも武の神様として敬われているからだそうです。

 

あまりの暑さにワンコがのびてます

 

ホイアンの町はトュボン川を中心に東西にスポットが並んでいて、
西の端にはホイアンの市場があります。

市場は二階建ての建物を中心に、北側には食べ物の屋台があり、
外国人観光客でにぎわっています。

また、市場の中を歩くとオーダーメイドの服の勧誘が凄いですw

頼んでもいないのに手を掴まれて連れてかれますよ~!!

 

様々な種類のフルーツが売ってます

お土産や服の買え買え攻撃がもの凄いですw

 

そんな勧誘を華麗にかわし、カフェに寄りました。

ホイアンのカフェはオシャレな店が多く、
観光地ですが料金も意外とリーズナブルです。

ホイアン名物のカオ・ラウ、安定の美味しさです!!

 

市場の直ぐ側にあるカフェ

ホイアンの名物「カオ・ラウ」(68,000ドン・約369円)

 

お昼を食べた後は、伝統音楽コンサートとワークショップへ

ここは市場の直ぐ側にあるスポットで、
チケットで行けるホイアン観光の最大の見せ場で、
1日2回、約20分のベトナムの音楽劇を楽しむ事ができます。

 

近所の村の職人達が笠を作ってます

意外と真剣に作っていてびっくり

 

因みに音楽コンサートは人気があるので早めに行くと良いですよ。

コンサートの最後にベトナム式のくじ引きがあって、
運が良ければプチランタンも手に入ります。

コンサートもチケット1枚以上の価値は十分、見ごたえも抜群です。

 

ベトナムの喜劇を披露してくれます

音楽もなかなか良い感じ♪

踊り子さんも美人です

 

一通りチケットを消化したので午後は町ブラを楽しんでいたところ、
ひときわ人だかりの多いで店を発見しました。

ベトナムの伝統的な飲み物を飲めるみたいで、
実際に購入していた外人さんに声をかけてみたところ、

生姜味にフルーツを加えた感じの味で可もなく不可もなくだそうです。

 

美味しいって評価なら買ったんだけどな。。。

午後になって観光客が増えてきました

対岸に見えるホイアンの町並み

黄色の建物が映えてキレイですね

 

さて、そんなホイアンですがやっぱり一番の見所は夜ですよね。

日が暮れ始めるとランタンに灯りが灯りはじめます。

 

観光用のシクロ、1時間で$5くらい(要交渉)です

ランタンに灯りが灯り始めました

灯りが皮の水面に反射してキレイですね

 

昨日の夜も行きましたがランタンは基本的に旧市街の対岸にあります。

出店も多く出ているのでお土産にピッタリです。

 

ランタン屋さん、いつみても素晴らしいです

この後の旅がなかったら買いたかったなぁ。。。

このお店なんか、まるでランタンの宝石箱や~

 

これまでベトナムをいろいろ旅してきましたが街の美しさで言ったら、
ホイアンがナンバー1だと思います。

ホイアンでは月に一回、旧市街でランタン祭りが行われているので、
タイミングが合ったらお祭りに行ってみると良いですよ~

【2016年】

1/23(土)、2/21(日)、3/22(火)、4/20(水)、5/20(金)、
6/18(土)、7/17(日)、8/16(火)、9/14(水)、10/14(金)、
11/13(日)、12/12(月)

【2017年】

1/11(水)、2/10(金)、3/11(土)、4/10(月)、5/9(火)、
6/8(木)、7/7(金)、8/5(土)、9/4(月)、10/3(火)、
11/2(木)、12/1(金)、12/31(日)

本当にホイアンは街を彩るランタンと灯篭流しがキレイです!!

是非一度訪れてみて下さいね(^^)

 

前のページ ⇒ ランタンの町!世界遺産ホイアンの旅行記と美味しいレストラン!

次のページ ⇒ ホイアンからニャチャンへ!バイクタク親父に8千円盗られた話!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 


■今日のフレーズ「服のサイズをお直しする」

Could you adjust this to my size?(私のサイズに合わせてもらえますか?)

ホイアンはオーダーメイドの服で有名です。

でも、結構適当だったりもするのでサイズのお直しは必須ですw

ちゃんと言えば、嫌な顔せず直してくれるので、
遠慮せずにお直しの依頼をしましょう!!

When will it be ready?(いつ仕上がりますか?)
Could you take up the hem?(裾をあげてもらえますか?)
Could you make the sleeves shorter?(袖を詰めもらえますか?)
Could you let out the waist?(ウェスト部分をゆるくしてもらえますか?)

基本的には「could you ~」で始まるフレーズですね。

上で上げた動詞が難しいなら「fix」ひとつでも全然OKです!!

英会話は間違っても話してなんぼなので自信を持って堂々と声に出しましょう。

⇒ アメリカ大統領の元通訳が推奨するお薦め英会話学習法!!

⇒ ベトナム語でコミュニケーションを取るなら!旅の指さし会話帳!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ