ランタンの町!世界遺産ホイアンの旅行記と美味しいレストラン!

 

 

フォンニャ洞窟とビーチが有名な穴場の町ドンホイを後にし、
今度は世界遺産ホイアンへ向かう事にしました。

ホイアンといえば欧米人にも人気のキラキラの町

川沿いの店舗にはランタンが飾られていて、
夜になるとランタンの優しい灯りが町や川の水面を彩ります。

かつては1000人以上の日本人が住んでいたらしく、
どことなく日本人にも懐かしさを感じられるステキな町です。

。。。というわけでドンホイからホイアンへ出発です!!

 

今回はお世話になった宿でドンホイからホイアンへのバスを手配

基本的にドンホイは大きな観光地ではないので、
これといった交通機関、バスや電車は多くありません!!

なので、乗り合いのバンでまずはフエに向かい、
そこから観光バスに乗り換えてホイアンへ向かいます。

料金は。。。

・ドンホイ⇒フエ 乗り合いのバン(150,000ドン・約815円)
・フエ⇒ホイアン 観光バス(80,000ドン・約434円)

この金額が本当に高いのか安いのか分かりませんが参考にどうぞ!!

 

謎のバンに乗り合いでホイアンに向かいます

カメラを向けると結構みんな陽気にピースをくれます

 

乗り合いのバンの面白いところは途中で何度も止まっては、
人や物を乗せてか降ろして運ぶところです。

日本では考えられませんがタクシーの自由度が高い版

そう考えて良いと思います。

こういうのが東南アジアの面白いところですね。。。

 

フエでバスに乗り換えてホイアンへ向かいます

 

フエからは普通の観光バスでホイアンへ

日本の長距離観光バスと違って、
こっちの長距離バスは2段式になっていて足を伸ばせるタイプ

欧米人バックパッカーが多いです。

 

Gia Bao Hoi An Backpacker / 91 Bà Triệu Street, Hoian
24時間対応フロントデスク,ツアーデスク,ランドリーサービス,朝食付き

 

そして世界遺産のキラキラの町ホイアンに到着です。

今回お世話になった宿はトリップアドバイザーでチェックしました!!

⇒ 良質のバックパッカーを探すならこれ

こちらの宿は朝食付きで隣にマッサージ屋などもあり、
疲れを癒すにはぴったりです。

 

着いた時間が夜だったので本格的な観光は次の日にして、
以前ニンビンからフエへの電車の中で一緒だった人と夕食をしました。

行ったお店はカフェ43というお店

カフェという名前ですがディナーもあります。

実はここホイアンには5大名物料理があります。

1、Cao Lau(カオラウ)
2、White Rose(ホワイトローズ)
3、Fried Wonton(揚げワンタン)
4、Mi Quang(ミークアン)
5、Com ga(コムガー)

ホイアンを訪れたら一度は試してもらいたい食べ物です。

 

カフェ43、地元では人気のお店のようです

電車で一緒だったアメリカ人バックパッカーのベッキー

カオラウというホイアンの名物料理(30,000ドン)

 

ホワイトローズっていう海老が入ったワンタンが有名ですが、
私は海老がダメなのでカオラウを食べました!!

カオラウは、うどんよりも若干細めの麺料理で、
おせんべいみたいな揚げたサクサク食感のが入っています。

スープが下の方に入っているので、
よくかき混ぜてライムをかけて食べます。

味は。。。可もなく不可もなく至って普通でした!!

個人的にはフォーの方が好きですが、名物なので挑戦してみて下さい。

 

食事の後はトュボン川の川沿いへ

ランタンの光が川面に反射してキレイです

ロウソクを川に流します。灯篭流しみたいで風情があります。

 

さて、ホイアンといえばやっぱり忘れちゃいけないのがランタン、
いわゆる日本で言うところの提灯ですね。。。

とにかく町の至る所がランタンによってライトアップされていて、
とても幻想的でキレイな町並みになっています。

またオープンテラスのカフェやバーもあって、
日本人や欧米人の観光客に人気の町なのも頷けます!!

ベトナムであった欧米人バックパッカーに
「ベトナムの旅行はどこが一番良かった?」と聞くと、
「ホイアン」か以前にご紹介した「サパ」を多くの人があげます。

⇒ ベトナム・サパの観光!お薦めの宿とモン族の種類と衣装の特徴!

サパは山岳民族の町でトレッキングが有名でしたが、
ホイアンはアクテビティはないですが幻想的な町並みが人気のようです。

確かに日本人の私から見ても心が洗われる感じがします。

 

川沿いにはランタン屋さんがたくさんあります

思ったよりも立派な造りです

置き型のランタンもあります、お土産にぴったりですね

 

そんなホイアンなのですが、ランタン以外では服が有名です。

ベトナムでお馴染みのアオザイから、
シャツやドレスやスーツまで格安で仕立ててくれます。

但し、格安にするには要交渉ですが。。。

もしホイアンに数日滞在する予定があるのであれば、
特に女性は記念にオーダーメイドで服を作ってみると良いですよ。

因みに一緒に食事したベッキーも洋服を注文したと言ってました。

 

服の仕立て屋さんがたくさんあります、$20くらいで作れますよ

ホイアンの町並み、黄色の建物が並んでいます

店や路地を彩るランタンが素敵ですね

 

ベトナムといえば、バイクが多くいつもけたたましいのが普通ですが、
ホイアンは世界遺産ということもあり旧市街はバイクがいません。

交通規制がかけられているようです。

なので、本当にゆっくりと町並みを鑑賞する事ができます。

歴史的な建物が並んでいて趣があるので観光にはぴったりですね。

多分、オシャレ女子ならときめく町なのではないかな?って思います。

 

前のページ ⇒ 世界遺産のフォンニャ洞窟と天国の洞窟のツアーに行ってみよう!

次のページ ⇒ ランタンの街「ホイアン」一人旅!街ブラ観光とお薦めスポット!!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 


■今日のフレーズ「服を作りたいのですが?」

I’d like to order a dress/shirt.(服を作りたいです)

特に決まった表現はないですが「服を作りたい」って言えば、
簡単に話が進んでいきますよ~!!

ホイアンなら別にこっちから話しかけなくても、
向こうから寄って来てお店へ連れてかれたりしますが。。。

そしてだいたい吹っかけてくるので値切りましょう!!

シャツとかなら$20も出せば、かなり出してる方です。

お店に展示されている商品でカワイイのがあったら、
こんな感じでとか、ここはこれでこっちはこれで色はこれで。。。

そんな風に話を進めていけば作れます。

だいたい4~5時間で仕立ててくれますし、
気に入らなかったらお直しのお願いもできますので、
時間のある方はベトナム旅行の思い出にオーダーメイドもありですね。

因みに「オーダーメイド」は和製英語なので、
英語では「Made-to-order」「Custom-made」という風に言います。

⇒ アメリカ大統領の元通訳が推奨するお薦め英会話学習法!!

⇒ ベトナム語でコミュニケーションを取るなら!旅の指さし会話帳!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ