バイクで旅するダラット!ベトナムの軽井沢とリアルな現地生活!

 

 

ベトナムの洗礼によって、バイタク親父に金を抜かれたちょろです。

海へ和みにニャチャンへ寄り道したわけですが、
まさか金を抜かれるとは夢にも思わず、
もう、こんな町サッサと脱出してやるということで次の町へ行きます。

 

 

Mojzo Inn / 50 Nguyen Thi Minh Khai
24時間対応フロントデスク、ランドリーサービス、レストラン、荷物預かり所

 

。。。と、その前に朝食です。

今回お世話になった宿は「Mojizo Inn」という宿、
バックパッカーの中では超高評価の宿です。

実際、スタッフも丁寧で好感が持てます。

もう少し長居しても良かったんですがバイタク親父のせいで、
サッサと去ることにしました。

 

そしてクソみたいな交通機関にお金を払うのは嫌だったので、
専属ガイドを雇い、バイクで南下です!!

ガイドは昨日お世話になったエディー
ニャチャンからサイゴンまで1000kmのバイクツーリングです。

 

エディーと宿の前で記念撮影

 

せっかくのツーリングなのにベトナムの旅始まって以来の大雨、

。。。というか、これまで雨が降らなかったのがラッキーだったのかな?

 

まずはエディーの案内でベトナム風のソーセージ作りを見学

すごく原始的、当然機械化はされてません

路上のパンケーキ屋さん、しょぼいけど結構美味しい

そして中身スカスカのパン、これも地味に美味しい

 

雨の中ニャチャンを後にし、今日はダラットまで行く予定なのですが、
とにかく雨がすごすぎて一旦雨宿りをしながら休憩です!!

 

雨宿りをしながら一旦休憩中

ベトナムコーヒーで一休み、最早お馴染みのめっちゃ甘いやつ

 

雨でほとんど思い出は消し飛びましたが、
雨の中でもバイクを飛ばすのはなかなか楽しいものです。

 

ベトナム人は日本人以上に犬を飼ってます

そしてだいたい噛み癖があったりします、しつけは大事だよ

 

雨宿りを終えて、バイクを走らせていると。。。

今度は謎の民家へ連れてってくれました!!

 

謎の民家の前で止まるエディー

 

この民家は、タケノコを育てているらしく、
一家でタケノコの干し物みたいなのを作っています。

この日はあいにくの天気なので家の中で干してます。

 

これが本当のタケノコの里ってやつです

子供たちもお手伝い、代々タケノコを家業にしてるらしい

ついでにちょこっとお手伝い

 

このタケノコ一家といい、さっきのソーセージ一家といい、
ベトナム人のほとんどはこういう生活です。

なんというか、サラリーマンではなく、
手作りで商売をしていて、わずかな細々と暮らしている。

それがリアルなベトナムの姿なんですね。

そりゃ金も盗みたくなるわな。。。盗んで良いわけないですが、

 

さて、リアルベトナム人の生活を覗いたところで気を取り直して出発、
ツーリングの素晴らしい景色をお見せしたいところですが、
あいにくの雨で景色はほとんど見えません!!

でも山道をバイクでガーッと一気に駆け上がるのは雨でも楽しい!!

 

山のいたるところで滝が流れてます

とにかく滝、滝、滝、

これ、晴れてたらやばい景色が広がってたんだろうな。。。

 

そんなこんな山道を走る事数時間、
今度は、謎の民族の集落へ連れてってくれました。

なんていう民族かは忘れましたが、
山の中で果物などを栽培して生活しています!!

 

民族のおばちゃんがお出迎え

日本でいう柿を育てて、こうやって旅人に売っています

家の中はサッパリした造りで、娯楽はテレビのみです

 

もちろんベトナムでも都会や町は発展していて、
日本と変わらない生活が出来ますが、
実は大部分のベトナム人の生活はこんな感じです。

 

そう言えば、前にサパでモン族のスーさんの家にお邪魔しましたが、
スーさんの家もこんな感じだったなぁ。。。

なんというか、竈と椅子とテレビ。。。以上!!みたいな。。。

こういうのを見ると日本はかなり恵まれていて、
ベトナムに比べ、貧富の差もすごく少ないのが分かりますね。。。

 

お昼はローカルなお店で。。。多分1人なら入らなかったな!!

何かいろいろ注文しました、ベトナムの庶民の味です安いけど美味しい

 

ベトナムに来てからというもの基本的に食には気をつけてましたが、
エディーと一緒ならローカルの店でも安心です。

注文もベトナム語でやってくれるし、割り勘で払って終了!!

ホント、下手に旅してぼったくられたり、
バイク親父に金を取られるくらいなら専属ガイドを雇って、
バイクで旅した方が楽しいしマジで全然お得かもしれません!!

 

ベトナム人はワンコだけじゃなくニャンコも好きです

でも、ワンコもニャンコも食べます。。。まさか食用じゃないよね?^^;

 

食事を終えて再びバイクで目的地のダラットへ向かいます!!

ダラットは海抜1500mのところにある高原都市、
年間の平均気温も18~23度とめちゃくちゃ過ごしやすくて、
日本でいうところの軽井沢的存在です。

そしてベトナムの花のほぼ全てを生産しているという花の都で、
毎年年末年始にフラワーフェスティバルが開催されます。

 

見渡す限りのビニールハウス、特にバラが有名です

 

そしてそんな花の都に行く途中にチャイマット村へ寄り道です。

このチャイマット村は雲海で有名なのですが、
雲海が見れるのは朝、そしてあいにくの雨ということで、
ちょうど派手なお寺「CHUA LINH PHUOC(霊福寺)」へ、

このお寺の何がすごいって。。。

もうとにかくど派手、派手さではベトナムNo.1の寺だそうです。

まぁ。。。あいにくの雨で撮影どころじゃなかったんですけどね。

 

お寺の外観の様子、もっと細部まで撮りたかったけど雨がすごすぎ!!

 

そんなお寺なのですが一番の見所は高さ17mの観音像!!

この観音像の特徴は、
何と言っても「Bat Tu」 という花で作られている点です。

 

花を集めて作られた観音像、ありがたみが増しますね♪

まぁ、花自体はもう枯れているんですけどね

 

因みに「Bat Tu」 の花はダラットの名産の花で花言葉は不死です。

「Bat」は漢字で「不」
「Tu」は「死」

なぜ不死の花なのかというと、
花を茎から取っても花はその状態を維持し続けるんだとか。。。

生命力の強い花なんですね!!

 

そんな霊福寺を後にし、ダラット駅へ

駅からはチャイマット村への列車が出ています

雨のダラットの町、晴れてたら観光できたのに。。。

 

。。。というわけでバイクの旅、1日目は終了!!

夜はベジタリアン向けの麺で軽く済ませて終了、
なんかちょっとガイドのエディが風邪を引いたっぽい。

 

フォーともちょっと違う謎の麺(。。。。)

夜のスアンフーン湖、ベトナムは湖の周りが派手派手です

 

ちょっと天気が回復したのでナイトマーケットへ。。。

パチモンのキティーとミニオンが会話中w

因みにベトナムは今空前のミニオンブームなのか、
とにかくミニオンがそこらじゅうにいます。

足長ですが、しゃがむとミニオンなるクオリティーの高さ。

 

パチもん同士が何か楽しげに会話中

ダラットのナイトマーケットは以外に質が高い感じです

腕時計がずらり、直ぐ壊れそうな予感w

最後におまけ、宿にいたシベリアンハスキー、やっぱり犬好き!!

 

ベトナム1000kmのバイク旅一日目、
晴れていれば、もっと良かったんだけどちょっと残念!!

でも、これはこれで楽しめたし、
こんなことなら最初からバイクで旅をすれば良かったです。

もしこれからベトナム入りを考えているなら、
バイクを買って、そのまま縦断の旅がお薦めですよ!!

バイクが途中で壊れなければですが。。。

 

前のページ ⇒ ニャチャンビーチで黄昏た話!バイクツアーの観光ガイドの男!

次のページ ⇒ 花の都ダラットの農業体験とベトナムコーヒー産地ラックレイク!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 


■今日のフレーズ「この辺りの名物はなんですか?」と英語で言う

What’s the specialty around here?(この辺りの名物はなんですか?)

旅をしてるとやっぱり名物は気になりますよね?

この他にも。。。

・a special product(特産品)
・a speciality(特産品)
・a local product(名産)
・a local speciality(名物品)
・a regionaly goodies(名産品)

。。。など、言い方はいろいろあります。

旅をするなら、やっぱり知っておきたいフレーズですね♪

⇒ アメリカ大統領の元通訳が推奨するお薦め英会話学習法

⇒ ベトナム語でコミュニケーションを取るなら!旅の指さし会話帳

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ