英会話のための英文法!基本副詞「Ever」の使い方とイメージ!

 

副詞 (4)

 

副詞は、時や場所、頻度や程度など文章に繊細な意識を加える品詞です。

その中でも副詞の”時”の感覚は、日本のそれとは違い、
細かなニュアンスや意識が裏に隠されている事が多々あります。

また、日本語訳で考えると、その場はその訳でピッタリな事もありますが、
文章によっては、意味の通じない文になってしまうこともあるので、
日本語訳だけではなく「副詞が個々に持つ意識」も捉えることが重要です。

今回は、そんな副詞の中から「Ever」の使い方とイメージをお伝えします。

 

基本副詞「Ever」のイメージ!!

 

副詞 (2)

 

基本副詞「Ever」のイメージは「いつでもいい」です!!

私達は学校の授業では「Ever」=「これまで」という風に教わりましたが、
それは「Ever」の持つイメージの一部でしかありません!!

本来の「Ever」の意味・ニュアンスは任意の時点、
つまり「いつでもよい、どこかのタイミング」のことです。

 

言葉で説明しても、よく分からないと思いますので例文を見て行きましょう

Have you ever been to Kyoto?(京都に行ったことはありますか?)

これは、現在完了形の経験を表す文で典型的な「Ever」の使い方です。

学校の授業で教わる定番の形で「これまでに~行った事はありますか?」
。。。という日本の翻訳で教わりますが、それは正しい「Ever」ではありません。

「Ever」の持つ本来の意識は「いつのことでも良い任意の時点」です。

なので「いつの事でもいいんだけど~行った事はありますか?」
。。。という風に認識するのが「正しい”Ever”のニュアンス」になります!!

 

本当に日本の英語は「本来の意識」を捻じ曲げられてしまっているんですね。

確かに「これまで」と翻訳した方が、理解しやすい文章ですが、
それだけは「Ever」の「任意の時点」の意識を掴むには不十分です!!

その証拠に以下の文を「これまでに」で考えてしまうと辻褄が合いません!!

I won’t ever forget it.(決してそれを忘れない)

この文を見ると未来の事を話していますよね?

なので教わったとおり「これまでに」と訳してしまっては意味が通じません!!

ですが「いつのことでも良い任意の時点」の意識で理解するとどうでしょう?

この先「それを忘れない」⇒「未来の任意の時点でも」

。。。しっくり来ませんか?

 

また、以下の文を見てみてください。

Nobody ever sleeps in his class.(彼の授業では誰も寝ない)

この文では過去のお話をしています。

もちろん「彼の授業では、これまで誰も寝てません」と翻訳してもOKですが、
そう考えるよりも「いつでも良い任意の時点」のお話!!

つまり「彼の授業では誰も寝ない」と理解した方がしっくり来る文だと思います。

 

このように英語は日本語訳を覚えるだけでは不完全です!!

大事な事は「日本語の意味より、その日本語訳を生み出す意識」にあります。

今回の「Ever」の場合は「いつのことでも良い任意の時点」を指すので、
その一部として「これまでに」があるだけで、日本語訳が全てではないんです。

なので、英語の勉強は「その意識」をしっかりと捉えるようにしましょう!!

 

基本副詞「Ever」を使ったフレーズ!!

 

副詞 (3)

 

基本副詞「Ever」は、組み合わせで多くのフレーズを生み出します。

その中からいくつか見てみたいと思います。

・for ever(永遠に)
・as ever(いつものように)
・ever since(それからずっと)
・ever after(その後ずっと)

これらは、よくある「Ever」のフレーズですが、
その感覚の中には「任意の時点」の意識が隠れているのが分かりますよね?^^

 

せっかくなので、いくつかのフレーズを使って意識を考えてみましょう。

I want to live here for ever.(いつまでもここに住みたいなぁ)

この文では「永遠に」「いつまでも」という「for ever」が使われてますが、
その裏には「いつでも良い任意の時点」があるのが分かります。

「任意の時点」を「For(目指して)」なので「永遠に」という訳です。

 

また以下の文をご覧下さい。

As ever, he was late for school.(いつものように彼は遅刻してきた)

この文では「いつものように」という「as ever」が使われていますが、
これも「いつものように」が生み出されているのを理解するのは簡単ですね^^

「任意の時点」と「as(同様に)」なので「いつものように」になる訳です。

 

このように、英語はそれぞれの単語の意識さえ捉えられていれば、
大体のフレーズは、その掛け算なので、いちいち覚える必要はないんです。

もちろん、中には少し複雑な意味を生み出すフレーズもありますが、
ほとんどのフレーズはお互いの意識同士の掛け算でできています。

なので「ever since」=「それからずっと」などと覚えるのではなく、
個々の単語の意識を理解しながら、意味を覚えていくようにしましょう!!

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Yet」の使い方とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Even」の使い方とイメージ!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

8 Responses to “英会話のための英文法!基本副詞「Ever」の使い方とイメージ!”

  1. jj より:

    過去の時制はいつも悩みます…
    なかなかピタッと感覚がつかめません。

    Have you ever seen a wild lion?
    This is the best movie ever.
    They had lived happily ever since.

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      そうですね、時制の感覚についてはそのうち解説しますが、
      簡単に言うと。。。

      過去形 ⇒ 現在から切り離して過去を話す
      現在形 ⇒ 現在や直近の出来事を話す
      未来形 ⇒ 未来の予定を話す
      現在完了形 ⇒ 過去の出来事を現在に引っ張り出して話す
      過去完了形 ⇒ 過去の出来事を過去に引っ張り出して話す 

      こんな感じです。

      だから野生のライオンを見たことはありますか?

      この質問は過去の出来事を現在に引っ張り出して経験として話しているので、
      現在完了形がとてもしっくる文になりますね♪

      過去、現在、未来を一本の線上と考えて距離感で意識すると時制は楽ですよ

       

      さて、では宿題の答えに参りましょう

      ・野生のライオンを見たことありますか?
      ・Have you ever seen a wild lion?

      ・これは今までで一番の映画だ
      ・This is the best movie ever.

      ・その後いつまでも幸せに暮らしましたとさ
      ・They had lived happily ever after.

       

      3つ目の「ever since」だけ、ちょっとおかしいです。

      もし「since」を使うのであれば「いつから」なのか明記すべきですよ!!

      ・since then
      ・since last month

      こんな感じに「いつからなのか?」ですね。

       

  2. momo より:

    ( ゜▽゜)/コンバンハ
     前回の宿題で everを付けてしまって チョロさんに 要らないよ・・と指摘された理由が 今回分かりました そうゆう事か!!て
    1 Have you ever seen a wild lion ?
    2 This is the best film ever .
    3 They had lived happily ever after .
     
     jjさんの 答えとほぼ同じです。

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      分かっていただけました?単語の意識を掴めると分かりますよね?

      宿題の答えなのですが完璧です。

      2つ目を「film」にしたのがにくいですね(^^)

       

  3. ぐーりこ より:

    ちょろさん、こんにちは。
    いつもながら周回遅れの回答です。すみません。

    2.だけ皆さんとちょっと違いました。

    これは今までで一番の映画だ。
    I think this movie is best ever.

    一番と判断したのは自分なので I think (that) をつけました。また、this is ではなく、this movie にしています。どちらがより自然とかありますか?
    よろしくお願いいたします。

    • choro より:

      >ぐーりこさん

      コメントありがとうございます。

      そうですね、より自然と考えるのであれば、
      やっぱり最初の答えですね。

      ・これは今までで一番の映画だ
      ・This is the best movie ever.

      「I think」を付けなくても、
      話しているのは自分なので大丈夫だと思います。

      よりシンプルにした方が聞き手にも伝わりやすいですよ。
      でもこれは好みの問題ですね。

       

  4. ぐーりこ より:

    そうか、相手が聞きやすいように、というのもありますね!
    なるべくシンプルに考えます。
    今回もありがとうございました!!

    • choro より:

      >ぐーりこさん

      コメントありがとうございます。

      はい、でもひとつの言い回しだけじゃなくて、
      ぐーりこさんのようにいろいろな言い回しを考えることは、
      英会話ではすごく重要なことなので良いと思います。

      これからも頭をひねって、いろいろ考えてみて下さいね♪

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ