【初心者向け】状況をリアルにイメージして英語を表現してみよう!

 

 

話したい英語がパッと出てこなくてしどろもどろになってしまい話せない

そんな状況を打破するためのレッスンを動画でお伝えしています。

今回は、その動画シリーズの第2段、
状況をリアルにイメージして簡単な英語で伝える方法をお話して行きます。

 

英語がパッと出てこない理由って?

 

 

私たち日本人の多くが英語を話したいのにパッと出てこない理由!!

その主な理由は話したいことを日本語で考えて、
考えた単語を一つ一つ英語に直そうとしてしまう癖にあります。

 

これは学校の英語の授業が英語を日本語と英語の一対一で対応させ、
それを一つ一つ英語にしていくスタイルをとっているのが原因です。

簡単に言えばこんな感じですね↓

・Have = 持つ

ですが、英語は本来日本語と全く同じ意味になる訳ではありません。

 

例えば、先ほどの「Have」という単語、
この単語の本来のニュアンスは「主語との位置関係」です。

どういう事かというと。。。

・Have = 主語との位置関係

「主語の周りに存在する、側にある」から派生して意味が生まれます。

・I have a pen.
・ペンを持ってます(主語との位置関係)
⇒私とペンとの位置関係

・I have a dog.
・犬を飼ってます(主語との位置関係)
⇒私と犬との位置関係

・I had dinner at 7 p.m.
・7時に夕食をとりました
⇒私と夕食という状況の位置関係

こんな風に位置関係を表すイメージがたまたま日本語の意味に近いので、
動詞「Have」は「持つ、飼う、食べる」などの意味を生むんですね。

 

リアルに状況をイメージして英語にしてみよう!!

 

 

さて、ではそれを踏まえた上で今度は実際に英文を作ってみましょう!!

日本語の意味を考えるのではなく、
そういう状況をイメージして英語にするんですよ。

では行きます!!

 

以下の状況を日本語ではなくイメージしてみて下さい。

・彼女は二股してるんです

この状況をイメージするとこんな風に考えられますよね?

・彼女は二股してるんです
⇒彼女はボーイフレンドが2人いる

・She has two boyfriends.

 

また、これを別の言い回しで考えると裏切ってるとも言えますね。

・彼女は二股してるんです
⇒彼女はボーイフレンドを裏切っている

・She is cheating on her boyfriend.

このように状況をイメージをすることで英文は簡単に作れるようになります。

 

【彼女二股なんですって言いたい!イメージで英語脳を鍛えよう!〔#002〕】

 

こんな風に英語は日本語で文を考えて一つ一つ英語にするのではなく、
その状況をイメージして、英語で置き換えてあげると簡単に作れるんですね♪

最初のうちは難しいかもしれませんが訓練すればできるようになります。

そうすることで簡単な英語だけで日常会話ならすぐできるようになりますよ!!

 

では、最後にせっかくなので今日の内容を使ってひとつ文を作ってみましょう。

以下の文を英文にしてみて下さい↓

・彼女は歌手です

もし良かったらコメント欄に答えを書いてみて下さいね!!

 

前のページ ⇒ 英語脳を鍛えよう!イメージするってどういう事?

次のページ ⇒ イチローの大ファンですって英語で言ってみよう!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ