楽しく英会話を学ぶ!日本人が英語を話せない理由って何?①

 

英語勉強法 (12)

 

日本人は英会話が苦手なんて話をよく聞きますね。

実際、海外にいると英会話が苦手な日本人は多いと感じます。

その理由はよく「日本の英語教育に問題がある」と
言われていますが本当にそうなのでしょうか?

 

日本人が英語が話せない理由って教育のせい?

 

英語勉強法 (5)

 

日本では中学校で3年間、高校で3年間と
多くの人が6年以上の英語の勉強をしていきていますね。
(最近は小学校でも英語教育が始まったみたいですが)

その結果、殆どの人が英語を話すのが苦手で、
外国人と英語でコミュニケーションがうまく取れないことが
多いのですが、中には同じように中学・高校と勉強してきて
卒業後、独学で外国人と英会話ができるようになる人もいます。

そう考えると、日本人が英会話を苦手としている最大の理由は、
英語教育が問題なのではなく、何か別のところにあると思います。

 

確かに日本の英語の勉強はバランスが悪いのは否めません!

しかし今、私達日本人が英語がなんとなく理解できるのは、
英語教育の賜物だと思いますし感謝すべきかもしれません。

ただ、やはり英語が話せた方が旅行も楽しめますし、安く行くことも出来ます。
また仕事面でも有利ですし、世界中に沢山の友達がいたほうが楽しいですよね?

実際、海外に住んでいると日本人の友人だけではなく、
外国人の友人がいたほうが情報量も多くなりますし、
いろいろなところで割引してもらえて便利ですw

 

そこで、当サイトでは
飽きっぽくて英語の勉強が長続きしない人のために
同じく飽きっぽくてルーズで集中力のないヘタレな私が、
楽しく飽きずに独学で英会話を習得した方法を紹介します。

と、その前に人が言語を習得するメカニズムを見てみましょう。

 

言語習得のメカニズムって?

 

英語勉強法 (8)

 

赤ちゃんは生まれてすぐ言葉を話すわけではないですよね?

人間が言語を覚えていく流れを順番に追っていくと、
次のようなステップになっています。

 

1.「おぎゃー」などの泣き声で感情を表す。
2.「クークー」など、機嫌によってノドを鳴らすように音をだす。
3.「あー」「うー」などの喃語(なんご)を話す。
4.喃語に子音が混ざるようになり、コミュニケーションを取ろうとする。
5.「パパ」「ママ」などの単語を話すようになる。(1歳前後)
6.潜伏期!!言葉を話さない時期
7.「ワンワン」などの単語に「ワンワン+いる」など文法的な表現が増える。
8.語彙数が大幅に増える、日常的な話し言葉の習得(3~4歳)
9.2000~2500語を習得(5歳)

【参考資料】
・『よくわかる発達心理学』(林 洋一著、ナツメ社)
・『臨床心理学の基本と仕組み』(徳田英次、秀和システム)

 

私は脳科学や心理学の権威ではないので、詳しいことはわかりませんが
お子さんをお持ちの方は「あ~確かに」って思うかもしれませんね。

どうですか?

とはいえ、私達は赤ちゃんではないので
0から言語を学ぶことは出来ないですよね?

しかし赤ちゃんのように自然に言語を習得する方法はあります。
次回はそれについて、詳しく紹介していこうと思います。

 

次のページ ⇒ 楽しく英会話を学ぶ!日本人が英語を話せない理由って何?②

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ