ワーキングホリデーで損をしないお得なお金の持って行き方!!

 

ワーキングホリデー (1)

 

ワーキングホリデーに行く際、現金をいくら持っていけばいいのか?
また、損をしないお得なお金の持って行き方、気になりますよね。

そこで今回は、ワーキングホリデーに行く際に気になる
お金を持参方法について紹介します。

 

海外に一番お得にお金をもって行く方法はどれ?

 

ワーキングホリデー (2)

 

海外にお金をもって行く方法は、現金、トラベラーズチェック、
クレジットカード、国際キャッシュカード、海外送金があります。

どの方法も一長一短がありますので、それぞれ詳しく解説していきます。

 

現金(キャッシュ)

ワーキングホリデーに限らず、海外に行く際は現金が必要です。しかし安全面を考えると多額の現金を持ち歩くのは危険です。なのでワーキングホリデーに行く際に行く際は空港から滞在先までの交通費や、途中の食事代程度(2~3万円)を現地の通過に両替し、あとは必要に応じて両替するのがいいと思います。

また通常、現金を各国の通過に両替するのは一番換金率が悪いです。ワーキングホリデーで人気のカナダ・オーストラリア・ニュージランドではそれぞれ、カナダドル(C$)・オーストラリアドル(A$)・ニュージーランドドル(N$)が使われていますが、特にカナダの場合は換金率が一番悪く1C$当たり8.5円前後の手数料が取られることが殆どです。

カナダでは米ドルも使えるので、場合によっては米ドルの方がいいですね。とはいえ、現金同士での換金が一番損なので、必要最低限両替してあとは他の方法で持っていくようにしましょう。

 

トラベラーズチェック(T/C)

 

ワーキングホリデー

 

旅行者用の小切手として有名なトラベラーズチェックですが、こちらは盗難や紛失した際でも所定の手続きを踏めば再発行できるので安全性が高いです。大量の現金を持ちあるかなければならない事情がある場合は、現金ではなくTCに変えて持ち歩きましょう。

TCの購入は目的国のTCを取り扱っている銀行が限られているのでそちらを調べ、直接銀行で購入するか外貨両替取り扱い郵便局にて購入して下さい。尚、TC購入の際は手数料として1%の手数料がとられますが、それでも現金を直接両替するよりもお得です。

またTCには2ヶ所サインするところがあり1ヶ所は購入時に、もう1ヵ所は使用時にサインします。使用する際は、銀行で現金に替えなくてもそのまま使え、現金でお釣りがもらえるので使い勝手もいいです。ただし、その際は額面が大きいTCだとお店に嫌がられることもあるので、なるべく細かい額面のTCを持ち歩きましょう。

ちなみにTCを現地の銀行に預け入れる際は、いちいちサインしなくてはいけないので結構面倒くさいです。TCを使用する際に気をつける点を一点挙げるとすると為替相場には注意して下さい!!例えば日本出発時に1C$=100円だったとしても、3ヵ月後には110円になっていたり逆に90円になっていたりします。そうなると1万円が100C$になったり、90C$になったりするので、レートに気をつけてなるべく円高のときに換金しましょう。

 

クレジットカード(CC)

 

ワーキングホリデー3

 

クレジットカードを持っていると、現金を持ち歩かなくて済むので安全です。日本は現金払いが主流ですが、カナダなど海外ではカード払いが主流になっています。使い方は日本と同じでサインするだけで、クレジット会社が自動的に各国の通貨から日本円に換算してくれます。ただしレートはカードを使用した日ではなく、処理日のレートで換算されるので使いすぎには気をつけましょう。

またクレジットカードは安全性が高いだけでなくID(身分証明書)としても使えるので、ホテルやレンタカーの予約をする際にDeposit(保証金)の代わりになります。尚、海外で広く流通しているクレジットカードはVASAマスターカード、またはアメリカン・エキスプレスカードなのでそれらを用意するようにしましょう。JCBは意外と使えない場合があります。

 

国際キャッシュカード(ワールドキャッシュカード)

 

ワーキングホリデー2

 

国際キャッシュカードは、日本にある自分の口座から日本で現金を下ろすのと同じ感覚で、渡航先のATMから現金を引き出せます。国際キャッシュカードで有名なのはシティバンクのワールドキャッシュカードですが、最近では銀行のキャッシュカードにも付帯されていることが多いです。ただ付帯されていても実際に海外で使用するためには、銀行の窓口で手続きが必要なので出発前に海外でキャッシングが使用可能か必ず確認をしましょう。

尚、国際キャッシュカードには裏面にPlus(プラス)Cirrus(シーラス)マークが記載されているので一目でわかります。ご自身のクレジットカードに記載されていない場合は海外でキャッシングが出来ないので、それぞれのカード会社または金融機関に早めに連絡し発行しましょう。

 

海外送金

海外送金は、日本の口座から現地の口座へお金を振り込む方法ですが、送金先の事前登録が必要で送金に時間がかかるというデメリットがあります。現地の銀行口座を開設し、そちらに海外送金する予定の方は、事前登録用紙を持参し、現地口座を開設後に日本の金融機関に送付しましょう。

 

ワーキングホリデーに行く際にお金を持っていくオススメは方法は

渡航先の国で使えるクレジット機能付きの銀行の国際キャッシュカードで、インターネット経由で口座の確認ができようにメインバンクに現金を入れておき、現地で直ぐ使える現金を200~300$程度用意して、必要に応じてTCを購入しておくのが良いと思います。

 

前のページ ⇒ ワーキングホリデーに海外旅行保険は必要?大事な保障や選び方!

次のページ ⇒ ワーキングホリデーに国際運転免許証は必要?役に立つ証明書類!

無料体験コーチング実施中 ⇒ 英語が口から出て来なくて悩んでいるあなたへ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ