前置詞「of」の意味とイメージ!「about」との違い!!

 

前置詞 (2)

 

前置詞は日本語の意味や用法だけでは使いこなす事が難しい品詞です。

理由は前置詞にはコアのイメージがあるので、
そのイメージを中心に文中でさまざまなニュアンスを生み出すからです。

なので前置詞を攻略するためには「意味」や「用法」だけでなく、
個々の前置詞が持つ「コアのイメージ」を掴む必要があります!!

今回は、そんな前置詞の中から「of」のイメージをお伝えいたします。

 

前置詞「of」の基本的なイメージ!!

 

前置詞 (1)

 

前置詞「of」のイメージは「橋渡し・繋げる」です!!

この前置詞には、他の前置詞のようにハッキリとした位置関係はなく、
物事と物事に繋がりを持たせ「はっきりさせる意識」があります!!

どういうことかと言うと、例えば「A of B」であれば、
ただ単に「A」と言われただけでは「何のAか」分からないことがあります。

ですが、それが「Bに関連するA」であれば、何なのか分かりやすいですよね?

そういった橋渡し的な役目をするのが、この前置詞「of」のイメージです!!

言葉で説明しても分からないので、例文を見ながらイメージを掴んでみましょう。

 

派生イメージ : 何かの一部分

The leg of a chair.(椅子の足)
The captain of the team.(チームのキャプテン)
A member of the baseball team.(野球部のメンバー)

上の例文は典型的な「of」の使い方「何かの一部分」ですね^^

それぞれの文を見てみると。。。

・The leg ⇒ 何の足か分からない ⇒ 「chair」の足
・The captain ⇒ 何のキャプテンか分からない ⇒ 「team」のキャプテン
・A member ⇒ 何のメンバーか分からない ⇒ 「baseball」のメンバー

こんな風に「○○の××との関係を繋げること」で「明確」にしています!!

 

この明確化は、英語と日本語の違いの大きな部分です。

例えば、日本語で野球のキャプテンやチームの話をしていると分かっている際には、
わざわざ「野球のキャプテンが~」「野球のチームが~」とは言いませんよね?

おそらく「キャプテンが~」「チームが~」という風に言うと思います、
ですが、英語は理由は分かりませんが「それだけでは物足りない感覚」があります。

なので、英語で何か物事を表す際には何に関連があるものなのか?

。。。をはっきりさせて表現しなければなりません!!

⇒ 英語と日本語の違い!ネイティブが感じる名詞の感覚を抑える!!

英語は「物事の表現」に関しては、とても繊細でハッキリと区別したがるんですね。

 

派生イメージ : 分離

The number of rooms.(部屋数)
A cup of tea.(カップ一杯の紅茶)
A piece of apple pie.(一切れのアップルパイ)

これらの文章も「of」の「はっきりのイメージ」が働いているものになります。

分かりますよね?^^

「The number」「A cup」「A piece」だけでは何なのか分かりません!!
なので「rooms」「tea」「apple pie」との関係を繋げている訳です。

 

派生イメージ : 説明や性質

The arrival of the bus.(バスの到着)
The death of the grandpa.(おじいちゃんの死)
The invention of the i-phone.(アイフォンの発明)

説明するまでもないですが、リンクを貼って「何なのか」を説明していますよね?

同じように性質でも「何の性質なのか?」を表現できます。

A man of courage.(勇敢な人)
A mountain of a wave.(山のような波)

このように「of」の働きは「明確化」にあり、物事をハッキリさせる役割があります。

 

私達は「of=~の」と日本語訳を考えてしまいますが、
大事なのはそうではなく「明確化」にあると覚えておいて下さい!!

例えば以下の文をご覧下さい。

I’m sure of your success.(君の成功を確信しているよ)
They are afraid of making mistakes.(彼らは失敗を恐れています)

これらの文で「of」が使われている理由は「明確化」したい意識があるからです。

・I’m sure ⇒ 何を確信してるの? ⇒ 「success」を
・They are afraid ⇒ 何を恐れているの? ⇒ 「making mistakes」を

だから、これらの文ではそれを明確化する「of」の出番という訳なんです。

これは日本語訳の「~の」で覚えてしまったら思いつかない「of」の意識ですね^^

 

前置詞「of」と「about」の違い!!

 

英会話 (4)

 

今回の「of」のはっきりのイメージが掴めたら「about」との違いも簡単です。

・of ⇒ はっきり
・about ⇒ 周り

よく「think of」と「think about」で悩んでしまいますがその違いは。。。

He thought of her.(彼女について考えた) ← 彼女自身について
He thought about her.(彼女について考えた) ← 彼女周辺も含めて

。。。になります。

⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「about」の意味とイメージ!!

今回の「of」の意識によって、更に分かりやすくなったのではないでしょうか?

 

こんな風にイメージが掴めると、前置詞の違いも明確化して使いやすくなりますよ。

なので、前置詞は意味・用法・イメージを掴む事、
イメージを掴んだら、それを使って実際に声に出して練習する事、
そうやってイメージを定着させて自然に使い分けられる形を目指して行きましょう!!

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「into」の意味とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「on」の意味とイメージ!

無料体験コーチング ⇒ 英語を勉強したいけどどうしたらいいか分からない方へ!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ