カナダのワーキングホリデー人気都市バンクーバーはナンパが多い?

 

バンクーバー (5)

 

ここからはワーホリメーカーに人気のカナダの都市について紹介します。

まずはカナダでワーホリメーカーに人気No.1の都市バンクーバーの情報から

バンクーバーはカナダの西の玄関口、カナダ第3の都市でありながら自然が多く、
海と山、森に囲まれていて町の中心部から30分程度でアクセスが可能です。

また市内には大きな公園が点在し、博物館や美術館、ショッピング、観光スポットも
目白押しで「世界で最も住みやすい都市」とも呼ばれています。

今回は、そんなバンクーバー情報をまとめてみました。

 

バンクーバーの気候

カナダ・バンクーバーは太平洋を流れる暖流とロッキー山脈が冷たい
乾燥した空気を遮るため、年間を通して比較的温暖です。

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温(℃) 10 13 16 19
最低気温(℃) 11
降水量(mm) 139 114 112 84 68 55
7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 21 22 19 13
最低気温(℃) 13 13 10
降水量(mm) 40 39 54 113 179 161

 

秋から春にかけては雨が多く「アメンクーバー」と呼ばれるほど雨が多いですが、
晴れた日は、景色が良くて街中でもリスを見かけるほど自然が豊かな環境です。

 

バンクーバーの交通や買い物

 

バンクーバー (1)

 

バンクーバーの交通網は、シティーバスはもちろんですが、
スカイトレインが通っているのでカナダの中でも比較的便利な都市です。

長距離バスも豊富でアメリカ・カナダ全土を走るグレイハウンドや
北米一のスノーリゾート・ウィスラー行きのスカイリンクス、
アメリカ・シアトル行きのクイックシャトルなども走っていています。

また世界各国からの移住者の文化が入り混じっていて、
マーケットも豊かでアジア系や日系の店も多く、日本人も多く住んでいて、
バイト先や語学学校も充実しているのでワーホリメーカーに人気です。

 

バンクーバーで人気のスポット

 

バンクーバーで人気のスポットへ実際にお出かけしてみました。

 

スタンレーパーク

 

バンクーバー (4)

 

ダウンタウンの西端に突き出した半島に位置する約400ヘクタールの公園です。

テニスコートにビーチ、レストランやカフェなどもあるバンクーバー市民の憩いの地です。周囲を8.8kmの道が囲っており、サイクリングやウォーキングなどを楽しむ人で賑わっています。公園の中にはトーテムポールが並ぶ広場や水族館もあり、休日にのんびり過ごすには最適です。

 

結構なサイズの謎の鳥が置物のように生息していました

バンクーバー (3)

 

私が訪れた時はもう夕暮れ時で暗かったのですが、ピクニックとかに最高ですね。日本人の友人の1人はカナダ生活で太らないようにせっせとジョギングに励んでいたそうです。

 

グランビルアイランド

 

バンクーバー

 

グランビル橋の下にある小さな島です。ほぼ街に飲み込まれているので、島という感じがしないですが一応島です。島の中には個性豊かなお店や、芸術家のスタジオなどもあり、一日のんびり観光しても飽きません。

またグランビルアイランドの屋内マーケットでは新鮮な野菜や果物、魚介類などの店がいっぱいあって回っているだけでも面白くて、試食もあったりしてなかなかお薦めです。

 

試食もいっぱい?グランビルアイランドのパブリックマーケット

バンクーバー (7)

 

週末になるとフェリー乗り場で、ちょっとした大道芸をやっている人がいたり、景色もいいのでのんびりオヒョウ(ヒラメのデカイやつ)バーガーでも食べながら過ごすのも良いでしょう、ちなみに付け合せのポテトはカモメが狙っているので注意ですw

 

オヒョウバーガー大味ですが美味しいです☆

バンクーバー (9)

 

ギャスタウン

 

バンクーバー (14)

 

レンガ造りの通りや建物がキレイな街です。カナダのネイティブ・インディアンの文化が垣間見えるお店や、カウボーイ風のお店、ちょっとしたお土産屋さんなど観光客にも人気のスポットです。海外らしい雰囲気を味わうにはいいんじゃないでしょうか。

 

ビーチ

 

バンクーバー (12)

 

広大なカナダですが、広すぎるので逆にビーチ(海)がある街は意外と少ないです。バンクーバーにはビーチがあり夏には海水浴も楽しめます。週末になるとビーチ周辺でのんびり過ごす人達やスポーツを楽しむ人達など、ゆっくりくつろぐには最高のロケーションです。

 

ノースバンクーバー

バンクーバーの中心地からすぐに行けますが、自然豊かで気軽に登れるグラウス山などもあり、週末にハイキングを楽しみたい方にもお薦めです。また冬にはスキー場もオープンするので、ウィンタースポーツが好きな人にはたまらないですね。

 

バンクーバー (18)

 

この他にもバンクーバーにはNFLのバンクーバー・カナックスのスタジアムや博物館、美術館など観光名所は目白押しです。特にアイスホッケーはカナダでは一番人気のスポーツなのでカナックスの試合をスタジアムで観戦しながらビールを飲み、ホットドックを食べるのは楽しそうですね♪

 

バンクーバーまとめ

 

バンクーバー (6)

 

私はバンクーバーには数回、観光で訪れただけなので、
地域の人が知る穴場スポットはまではわかりませんが、
大きな都市なので色々面白い場所は沢山あると思います。

あと、バンクーバーは意外とナンパが多い街です。
理由は日本人は英語がわからず上手に話せないので、
とりあえず笑顔で対応する人が多いからなのだそうです。

友人の日本人女性は、英語が話せるのでハッキリ断ったそうですが、
1日に最高4回もナンパされたこともあるんだとか。。。
他の友人に聞いてみても日本人狙いのナンパは多いみたいです。

きちんとNoと言えるように出発前にしっかり英語の勉強をしましょう!

⇒ カナダのワーキングホリデーで英語が話せるようになるお薦め勉強法はこちら

 

前のページ ⇒ ワーホリ行く時に持っていきたい荷物たち!必要な物を考えよう!

次のページ ⇒ カナダのワーキングホリデー!ウィスラーでスノボ&バイク三昧!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ