カナダのワーキングホリデー!トロントはアットホームな大都会!

 

トロント

 

今回はカナダ第一の都市トロントについて紹介します。

トロントはカナダ東の玄関口、オンタリオ州の州都で
ナイアガラ滝やメープル街道の拠点としても知られています。

またアメリカ・ニューヨークにも近いことからも人気の都市です。

トロントの特徴はなんと言っても移民の多さで、
様々な国から多くの人がきていて現在では市民の半分が移民者です。

 

トロントの気候

トロントの気候は夏は熱く冬は寒い温度差の激しい気候です。

特に冬の寒さは凄まじく、アメリカとの国境の湖のひとつである
オンタリオ湖が凍りつき、天然のアイスリンクになるほど冷え込みます。

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温(℃) -1 11 18 23
最低気温(℃) -7 -6 -2 10 15
降水量(mm) 29 26 42 63 73 72
7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 26 25 21 13
最低気温(℃) 18 17 13 -4
降水量(mm) 68 80 83 65 67 42

 

トロントの交通や買い物

 

トロント

 

トロントの交通網は、市バス、地下鉄、市電の3つがメインで料金は全て一律、
切符や回数券、定期券、DAYパス、専用のコインで支払います。

またこの他にGOトランジットが運営する
GOトレインやGOバスなどが市民の足として使われています。

長距離バスは世界でも有名な観光名所、ナイアガラの滝行きはもちろん
モントリオールやバンクーバー、アメリカ・ニューヨーク行きも出ています。

買い物は世界的にも有名な大型ショッピングモール「イートン・センター」から
「セント・ローレンス・マーケット」などの市場まであります。

また移民者の多い町なので世界各地のエスニックタウンが点在しており
それぞれの郷土料理の材料の調達にも困ることはありません。

 

トロントで人気のスポット

 

トロントで人気のスポットへ実際にお出かけしてみました。

 

ロジャース・センター

 

トロント

 

世界初の自動開閉式のドームで、メジャーリーグのトロント・ブルージェイズやカナディアン・フットボールリーグのトロント・アルゴノーツのホームスタジアムです。様々なスポーツの試合のほかにもコンサートやイベントなども開催されています。

トロントは、カナダでNo.1人気のスポーツNHL(アイスホッケー)のトロント・メープルリーフス、MLB(メジャーリーグ)トロント・ブルージェイズ、NBA(バスケットボール)トロント・ラプターズの本拠地でもあるので、年間を通して本場のプロスポーツの観戦ができる町です。

スポーツ観戦が大好きな人にはたまらないですね。

 

CNタワー

 

トロント

 

トロントの町が一望できる全長553mのタワーです。円盤形をしたタワー内には2つの展望デッキがあり、床がガラス張りになったフロアもあります。昼間の大パノラマもすごいですが、夜景も素晴らしいです。

塔の下にはショッピングアーケードやゲームセンターなどもあるので、タワー見学の際に少しよってみると良いかもしれません。

 

トロント大学

 

トロント

 

5万人以上の学生が通う世界でも有数の規模を誇る大学です。キャンパスはダウンタウンの真ん中にあり誰でも自由に出入りができ、キャンパス内の無料ガイドツアーまであります。

大学は230あまりの建物からなり、中でも有名な建物はゴシック様式のハートハウスで、食堂や図書館やギャラリーなどがあります。以前フラっと遊びに行った際は、学生同士の結婚式が大学内で行われていて、海外の大学らしくとても自由な雰囲気が感じられました。

また大学の周囲にはオンタリオ州議事堂やトロントでも人気の博物館、ロイヤル・オンタリオ博物館やバータ靴博物館などがあります。

 

エスニックタウン

トロントはカナダでも屈指の人種のるつぼで、大小合わせて80以上ものエスニックタウンが存在します。

中でもチャイナタウン、リトル・イタリー、コリアタウン、グリーク・タウンは規模も大きく、トロント市内だけでも様々な国を旅行している気分を味わうことができます。もちろんそれぞれの地方の郷土料理も味わうことができるので、食べ歩きにも良いと思います。

 

トロント動物園

500種類5000頭以上もの動物が飼育されているカナダでも最大規模の動物園です。園内は動物の生息地域ごとに7つのエリアに分けられていて、総面積が287ヘクタールもあり歩いて回るのは困難なほど大きいです。

 

ナイアガラの滝

 

トロント

 

正確に言うとトロントではないのですが、世界一有名な観光名所です。基本的にはトロントの市内からシャトルバスでやグレイハウンドなどの長距離バス、または鉄道で行く形になります。

ナイアガラの滝の観光はナイアガラの滝を裏側から覗く「ジェニー・ビハインド・ザ・フォールズ」や船で滝つぼ近くまで行く「霧の乙女号」が有名ですが、それ以外はあまりありません。

滝を見終わったら、意外と時間をもてあますので周囲のカジノで時間を潰すか町のお土産屋さん、またはナイアガラ・オン・ザ・レイクのワイナリー巡りなどをするのがお薦めです。ただしワイナリー巡りをする際は時間の調整が難しいので、ナイアガラ近辺に一泊しワイナリー巡りをするのがいいと思います。

 

トロント

 

ちなみに、トロントからナイアガラを訪れる際はカジノバスを利用するのが一番安くてお得です。

 

トロントまとめ

 

トロント1

 

トロントはカナダ一の大都市なので普段の生活には全く困りません。

トロント市内にはこれといった観光名所はありませんが、
アメリカのニューヨークにも負けないくらいミュージカルなどの
ショービジネスが盛んな町なので飽きません。

また、食事も美味しいお店が多く、グルメを楽しむのにも適した町です。

 

トロント

 

バンクーバーに次いでワーホリメーカーに人気の都市なので、
語学学校やジャパレスやツアーガイドなど仕事先を見つけるのも簡単です。

大都会なんですがとてもアットホームな町なので、
ワーホリメーカーの間では「もう一度トロントで生活したい」
という声をよく聞きます。

理由は移民が多い街なので差別もなく外国人ウェルカムだからです。
ただ、その分英語が話せなくても暮らしやすい町ですし、
都会ならではの誘惑も多いので、ガッツリ英語を勉強したい人には、
あまり向いていないかもしれません。

トロントでワンランク上の生活をしたいなら英語の勉強は必須ですね♪

⇒ カナダのワーキングホリデーで成功する英語の勉強法

 

前のページ ⇒ カナダのワーキングホリデー!カルガリーは生活費&物価が安い?

次のページ ⇒ カナダのワーキングホリデー!モントリオールの仕事探しは難しい?

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ