カナダのワーキングホリデー!ウィスラーでスノボ&バイク三昧!

 

ウィスラー

 

カナダのワーキングホリデーで世界中で人気の都市ウィスラーの情報です。

ウィスラーはバンクーバーからおよそ2時間、120km北にある街で、
北米No.1のスノーリゾートで世界中からウィンタースポーツファンが集まります。

また夏にはゲレンデがマウンテンバイクのダウンヒルコースに変わり、
近年では冬以上の盛り上がりを見せています。

今回は、そんなウィスラーの情報をまとめてみました。

 

ウィスラーの気候

 

ウィスラー

 

カナダ・ウィスラーの冬の気候は日本の気候に良く似ています。
基本的には-5℃前後ですが寒いときには-20℃なんて日も珍しくありません。
夏も温度が上昇しますが日陰にいれば涼しく、とても過ごしやすいです。
また四季もしっかりあり、秋には街の紅葉がとてもきれいです。

 

1月 2月 3月 4月 5月 6月
最高気温(℃) 12 16 19
最低気温(℃) -6 -4 -3
降水量(mm) 69 60 54 59 65 58
7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 23 24 19 11
最低気温(℃) -2 -6
降水量(mm) 48 48 64 138 127 61

 

ウィスラーは世界でも珍しく野生の熊との共存に成功した街で、
世界からみてもモデルケースと言われているそうです。

実際、春先にはノラ猫に出会う確立より、熊に出会う確立の方が多いです。
特に4~5月にかけては見ない日はないほど熊がその辺を徘徊しています。

 

ウィスラーの交通や買い物

 

ウィスラー

 

ウィスラーの交通網は、ウィスラービレッジを中心としたシティーバスです。
居住地はビッレジを中心に南北に点在していて、基本的には南から北まで、
バスで30~40分前後離れた地域の間のどこかに家を借りる形になります。

山へとつながるゴンドラがウィスラービレッジ・クリークサイド・アッパービレッジ
3箇所からでていて、居住地としてはその3エリアの人気が高いです。

買い物もその3箇所でするのが基本で、バスでの移動が基本の生活になります。
また電気屋がないので、大きな買い物をするならバンクーバーか、
その間にあるスコーミッシュ行くことになります。

スコーミッシュまでは60、バンクーバーまでは120km離れているので
長距離バスでの移動です。

ただ普通の生活をする分には、ビレッジと家の往復なので不便は感じません。

 

ウィスラーで人気のスポット

 

ウィスラーで人気のスポットへ実際にお出かけしてみました。

 

ウィスラー&ブラッコム

 

A (38)

 

もちろんウィスラーで人気のスポットといったらウィスラー&ブラッコムです。

規模はウィスラー山、ブラッコム山を合わせて300以上のコースで山の上にはウィスラーとブラッコムを結ぶ「Peak to Peak ゴンドラ」が1本、麓からはウィスラービレッジ、クリークサイド、アッパービレッジからゴンドラが出ています。

ウィスラー山で人気のコースは「シンフォニー」と呼ばれるゲレンデで、見渡す限りの雪原が広がっていて、大雪が降った後は極上のパウダーエリアになります。またブラッコムでは「7th Heaven」や、条件が整った時だけオープンする「Blackcomb Gracier」が人気です。他にも内緒の穴場コースがたくさんあります。

 

ウィスラー

 

夏はブラッコム山の山頂の方に大型のパークが作られ、例年8月1日前後まで運営しています。その時期にまで滑っている人となると、プロのスノーボーダーやプロ並みに上手な人が沢山いるので、見ているだけでも圧倒されます。

一方のウィスラー山は夏の間だけ、マウンテンバイクのダウンヒルのコースになり、今度は世界中からマウンテンバイクをやりに大勢の人々が集まってきて、冬以上のお祭り騒ぎになります。

 

ウィスラー

 

ウィスラー周辺の湖

 

ウィスラー

 

ウィスラーの周辺にはグリーン湖、アルタ湖、アルファ湖、ニタ湖、ロスト湖の5つの大きな湖があり、魚がたくさん釣れます。

昔、カナダ人の間で「バンクーバーの北のある場所では信じられないほど大きな魚が釣れる」と言われていたいたそうなのですが、それがこのウィスラー周辺なのだそうです。

ただ町が建設され、人が多く入ってきたので、以前のような釣りのメッカでは無くなったみたいですが、それでもまだまだ魚が沢山釣れます。実際私もおもちゃのような釣竿とルアーで釣りをやったところ、1投目でびっくりするほど大きなニジマスが釣れました。

また、この湖5つの以外にも地元民が知る隠れ家的な湖があって、そこも驚くほど大きな魚がたくさん釣れます。

 

周辺のトレイル

 

ウィスラー

 

ウィスラーエリア周辺には、ウィスラー&ブラッコム以外にも沢山のトレイルが通っています。そこでマウンテンバイクをしたり、ハイキングを楽しんだり、松茸狩りができるエリアもあったりします。

松茸のエリアは私の収穫のために内緒ですが、ヒントとしてこちらの「train wreck(トレイン・レック)」というトレイルの近くにあります。このトレイン・レックは昔バンクーバーとウィスラーの間を走っていた電車が脱線したことがあり、その車両をそのまま放置しておいたのがトレイルの一部になったそうです。

 

ウィスラー

 

かっこいい落書きが描いてあり、電車の上にマウンテンバイク用のトレイルがあったりします、なんか海外らしいですね。

 

ウィスラーまとめ

 

B (6)

 

ウィスラーは私がカナダに渡航して初めて住んだ街です。
街並みはスイスをイメージにして作られていて街を歩いているだけで楽しいですよ。
春と秋は静かですが、夏と冬は世界中から人が集めってきて活気が出ます。
語学学校も2箇所あり、ワーホリメーカーにも人気の街です。

ただ、その分日本人同士で集まってしまうことも多いので、
ウィスラーで住む際は、外国人とのシェアハウスにしたり、
職場は日本食以外にするなど工夫した方がいいです。

そうしないと日本の雪山でリゾートバイトしてるのと同じで意味ないですよ♪

 

そのためには出発前にしっかり英会話の勉強をして語学力をUPさせましょう!

⇒ カナダのワーキングホリデー向け英会話上達のための学習法はこちら

語学力が高いとフォーシーズンホテルなど時給の高いところで働けますし、
格の高いホテルだとウィスラーでの他の仕事より安くシーズンパスが買えます。

 

前のページ ⇒ カナダのワーキングホリデー人気都市バンクーバーはナンパが多い?

次のページ ⇒ カナダのワーキングホリデー!バンフの仕事は旅行ガイドが人気?

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ