瞬間英作文が英会話に役立つ理由と効果を得るための5つの注意点!

 

スピーキング (2)

 

前回は、英会話学習の肩慣らしに、いきなり瞬間英作文をしましたが、

詰まることなくスムーズに声に出すことはできましたか?
また複数系や三人称単数、時制の一致もできましたか?

⇒ 瞬間英作文で英語が話せるようになる!

すごく簡単な文章だったのに、瞬間的に言葉に出すのは難しくなかったですか?

今回は、なぜ「瞬間英作文が難しいのか」や「英会話にお薦めな理由」、
そして瞬間英作文をやる際に「注意すべき5つのポイント」をご紹介します。

 

英語を組み立てる能力と速さを鍛える

 

スピーキング (1)

 

あなたは英作文をたくさんやった事がありますか?

実は授業やテストでは、穴埋め問題、選択問題、長文読解が主なので、
英作文はほとんどやってきていないと思います。

もしあなたが学生でしたら、テストの問題用紙を見てみてください!!

ほとんどが穴埋め問題、選択問題、英文和訳、長文読解だと思います。

つまり私達は「英語の構造を分析すること」はやってきていますが、
自分自身の考えや感情を、英語で組み立てる練習はしてきていないんです。

また、それだけでなく、じっくり考えて「書く英作文」はしたことがありますが、
瞬間的に組み立てなくてはならない「話す英作文」は全くやっていません。

その結果、瞬間的に文章を組み立てなくてはならない英会話では、
「速く文章を組み立てて使うことができないまま」になってしまったという訳です。

 

あなたも英語を話している時に「Does he has to…?」と言ってしまったり、
文法的にメチャクチャになってしまうことってないですか?

テストでは「三人称単数だからhaveじゃなくてhas」といった知識で
問題を簡単に解けるのに実際に英語を話すとなると。。。

「Does he has to…?」とか、めちゃくちゃな英語を言ってしまうんですよね。

本当に中学レベルの簡単な英語なのに。。。(((;_ _)ノ

日本人は学生時代に英語の分析はたくさんやっているので、
文法の知識はいっぱいあります、英単語だっていっぱい知っています。

でも、英語を瞬間的に組み立てる能力はもの凄く低いんですよね^^;

 

瞬間英作文で最大の効果を得るための5つのポイント

 

スピーキング (3)

 

瞬間英作文をやる際は以下の5つのポイントに注意して下さい!!

1.簡単な英語をやる
2.まずは正確さよりも速さ
3.書いて練習しない
4.暗記をしない
5.完璧を目指さない

 

1.簡単な英語をやる

これはもう英語学習の鉄則ですが、自分にとって超簡単な英語をやってください!

「超」とつけたくらいなので!!冗談抜きで死ぬ程簡単な英語です!!
本当に簡単な英語ですよ、自分のレベルに合った英語や難しい英語はダメです!!

瞬間英作文は「簡単だけどスムーズに言えない」という状態を克服するためのものです。

あなたにとって、難しい英語や調度良い英語だと効果が落ちるので注意して下さい!!

本当に、「Hi, my name is…」レベルからやった方がいいくらいですよ^^

結局、英語は基礎からしっかり固めていくのが一番の近道ですので。。。

 

2.まずは正確さよりも速さ

問題を解いたり書いたりする際には、ありえないミスをしてしまうのが英会話です。

英会話になると「He play…」とか、そのレベルのミスも平気でします。
自分で話していてミスに気づくのであれば、繰り返していればいずれ直せます。

このミスが許容しがたいですが、英語を話せるようになる過程で必要なことです。

なので、つまらないミスをしてしまってもスピードは落とさないようにして下さい!!

 

3.書いて練習しない

ミスしたものを書いて練習してしまうと「分析」になってしまいます。

英語は文章を「分析」しながら考えていては話せる様にはなれません。

目指しているのは「考えずに話す」ことなので書くことは絶対にNGです。

書いてしまうと「考えながら話す」から抜け出せなくなってしまいます。

 

4.暗記をしない

自分の言葉で英語を組み立てて話せるようになる事が目的です。

暗記に頼ると「他人の言葉を真似しているだけ」なので応用ができません。

英会話では自分の持っている知識を使って表現するのが大事です。
むしろ自分の持っている知識以上の英語を表現できるわけがありませんw

自分の能力の範囲で「言いたいことを伝える練習」をしましょう。

 

5.完璧を目指さない

英会話は相手に自分の伝えたいことを伝えることが一番の目的です。
模範解答と比べて、多少違っていても細かいことは気にしないでください。

日本人が英語を話す際に一番厄介なのは「間違いを恐れること」です。

細かいことを気にしたり、間違いを恐れる癖が、
英語をスムーズに話せるようにならない最大の原因です。

 

例えば「彼はサッカーがとても上手だ!」という文章を言う時に、
模範解答が「He can play soccer very well.」だったとして、
あなたが「He plays football very well.」と言ったとします。

どっちでも全く問題ありません!!

自然な言い回しやも相応しい解答は、あとでいくらでも身に付けられるので、
間違えても伝える事を最初の目標にしましょう!!

 

日本人は学校教育のせいで、とにかく英語を分析してしまう癖があります。
また正解不正解の世界で英語を学んできているので、間違いを極端に恐れます。

しかし、英会話は相手に伝わることが第一ですし、そもそも正解がありません。

もちろん正しくて自然な言い回しができるに越したことはありませんが、
最初から上手な英語を話せる人はほとんどいないと思います。

なので、英会話は間違えてもいいので気楽にやって行くようにしましょう^^

 

前のページ ⇒ 瞬間英作文で英語が話せる!英会話上達は組み立てる練習が鍵!

次のページ ⇒ 英語が話せるようになる!瞬間英作文の練習にお薦めの本と教材!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ