耳を鍛えてリスニング力不足解消!英語が聞こえるようになる方法!

 

投資 (5)

 

前回「英語が聞き取れない原因は大きく分けて3つある」というお話をしました。

その原因とは。。。

1.知らない単語が多い(語彙力不足)
2.文になると内容が理解できない(文法力不足)
3.音になると聞き取れなくなる(リスニング力不足)

これら3つが主な原因なのですが、語彙力不足と文法力不足が原因の場合とは違い、
リスニング力不足の場合、英語の音を聞き取る力を磨くしかありません!!

そこで今回は「英語の音を聞き取る力」そのものを上げる方法をご紹介致します。

 

英語の音を聞き取るためには?

 

子供 (1)

 

私達は子供の頃は英語に限らず、様々な言語の音を聞き分ける能力があります。

それにはニューロンと呼ばれている「脳の中にある神経細胞」が関係していて、
ニューロンのおかげで、小さな頃は言語を簡単に覚えることができるのですが、
そのニューロンは8~10歳前後を境に死滅してしまいます。

その結果、人間はその頃を境に「新しい言語を覚える力」が弱くなります!!

つまり、私達が「日本語の音」を簡単に聞き分けて使いこなせる理由は、
小さな子供の頃から日本語を、たくさん聞き続けて育っているため、
ニューロンによって音を聞き分ける能力を身につけられるからなのです。

 

リスニングパワー2

 

このニューロンという細胞は物理的に存在することが証明されているのですが、
お話した通り大人になるにつれて少なくなり、10歳前後で完全に死滅します!!

そして死滅してしまった後では、慣れ親しんだ音しか聞き分けられなくなってしまい、
慣れていない音(英語の音)を聞いた際には、よく聞く音に置き換えてしまいます。

つまり、単純に言えば。。。

英語の音を正しく認識し、聞き分けられるようになるには、
ニューロンが死滅する10歳前後までに英語の音をたくさん聞く必要がある!!

。。。ということになります!!

それまでに、英語を聞き分けられる能力を養っておかないと、
例えば「LとRの音の違いが分かり辛くなってしまう」というわけなんですね。。。

 

大人になったら音を聞き分けられない?

 

基礎 (1)

 

じゃぁ、大人になってから英語の音を聞けるようにはなれないのか?

。。。と思ってしまいますよね?

確かに小さな子供の頃から英語に触れている日本人やネイティブほど、
完璧に英語の音を聞き分け使いこなせるようになるのは難しいですが、

訓練次第で、限りなく正しく音を聞き分けられるようになれます!!

 

その鍵となっているのが、日本語と英語の周波数です!!

普段話している日本語は125Hz~1500Hzの周波数なのですが、
英語の周波数は1500Hz~12000Hzとなっています。

私達日本人は、普段日本語の周波数で音を聞いているので、
英語を聞いても日本語に近い音に置き換えて理解してしまう癖があります。

しかし、この周波数を変えて英語の周波数を聞き取る訓練をすることによって、
音の置き換えをせずに「正しい英語の音」を聞き取れるようになれます。

 

リスニングパワー4

 

科学的なことが多すぎてちょっと難しかったかもしれませんが^^;

テレビなどのアンテナに例えて言うなら、
日本のテレビ番組しか受信できないアンテナを改良することによって、
アメリカのテレビ番組を受信できるようにした!!

。。。そういった感覚に近いんじゃないでしょうか?^^

 

英語の音・周波数を聞き取れるようなるには?

 

子供 (3)

 

子供のように英語の音を受信できるアンテナ・神経細胞が生きていれば、
英語をたくさん聞く事で「音の違い」を習得することが簡単です!!

しかし、大人になってしまうと神経細胞がなくなってしまうため、
英語を聞き流したり、たくさん聞くだけでは英語の音を掴むのは困難です。

そこで、重要になってくるのが、先ほどお話した周波数なのですが、
英語の周波数を聞く訓練をすることによって「音」が掴みやすくなります。

そして、そのための訓練には「リスニングパワー」という教材がお薦めです!!

 

リスニングパワー3

 

この教材は「日本語にない英語の音」や「英語の周波数」を聞き取るための教材で、
日本人の「英語の発音矯正」に特化した研究を行っているネイティブの英会話講師、
スコットペリー先生が開発したものになります。

⇒ リスニングパワー公式ホームページはこちら

スコットペリー先生は、ハリウッドで活躍している日本人俳優や女優の指導で有名で、
また、JALなど英語が欠かせない日本の大手企業の社員の発音矯正を行っており、
これまでに2000人以上の生徒の英語の発音矯正をしてきたスペシャリストです!!

 

リスニングパワー1

 

そんなスコットペリー先生が、実際に俳優の発音指導を行う際に使っているのが、
リスニングパワーという教材で、生徒にはこれを聞かせているのだそうです。

因みに、スコット先生に個人レッスンを頼むと20万円以上するらしいそうですよ!!

流石、芸能人御用達の英会話講師ですね^^

 

リスニングパワーの中身!!

このリスニングパワーという教材は私も実際に使ったことがあるのですが、
CD2枚組みの内容で、収録されているトラックはこのようになっています↓

 

リスニングパワーVol.1

 

これらのレッスンでは、A~Zまでのアルファベットの正しい音を聞く練習や、
「カタカナ英語とアメリカ英語の音の違い」を比較し聞き取る練習などをし、
「正しい英語の音を聞き取れる耳」を作る訓練をすることができます!!

 

リスニングをしていて英語を理解できない原因は以下の3つですが、

1.知らない単語が多い(語彙力不足)
2.文になると内容が理解できない(文法力不足)
3.音になると聞き取れなくなる(リスニング力不足)

この中でも、3のリスニング力不足の人にはお薦めだと思いますので、

どうしても似たような「英語の音」の区別がつかない!!
ネイティブの会話が聞き取れない、TOEICで上を目指している!!

そういった方は是非お試しください!!

⇒ リスニングパワー公式ホームページはこちら

とにかく「英語の音」を聞き取ることにフォーカスして作られた教材なので、
繰り返し聞く事で、音の違いを聞き取れる英語耳を身に付けられます^^

リスニングの際は、まずは英語を聞き取れる耳を作ると聞き取りやすくなりますよ。

 

前のページ ⇒ 英語が聞き取れない理由は?苦手なリスニングを克服する方法!!

次のページ ⇒ 生きた英語を聞く!リスニングの完成形を目指すお薦めの学習法!!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ