英会話上達の練習法!英語表現の幅を広げるパターンプラクティス!

 

スピーキング (4)

 

英語を話したいけど、言いたいことをどう表現したら良いのか分からない!!

そんな経験をしたことがありませんか?

もう喉まで出掛かってるのに、あと少しなのに。。。

そう考えると、とても歯がゆくて悔しいですよね?

そんな悔しい想いを解消するためにはパターンプラクティスが有効です。

今回は、パターンプラクティスのやり方と練習法について、ご紹介致します!!

 

英語の習得に必要な7つの能力!!

 

教材

 

英語は大きく分けて7つのスキルに分かれます。

1.語彙力(インプット)
2.文法力(インプット)
3.リスニング力(インプット)
4.リーディング力(インプット)
5.スピーキング力(アウトプット)
6.ライティング力(アウトプット)
7.発音(アウトプット)

これらのスキルは、全ての能力がお互いに複雑に絡み合っていて、
個々のスキルが、その他のスキルにも影響を与えています!!

 

特に、その中でも基本となるのはインプットに分けられる4つの能力です。

まず基礎である、語彙力と文法力が高ければ高いほど、
リスニングやリーディングの際に英語を理解できるようになります!!

また、リスニングやリーディングができるほど、
スピーキングやライティングの際にも能力を発揮しやすくなります!!

なぜなら、理解できる英語の表現が増えれば増えるほど、
英語を話したり書いたりする際も、使える表現の幅が広がるからです!!

そして、上の4つのインプットで習得した表現は、
実際にアウトプットの練習をしなければ使いこなすことはできません!!

これは英語に限らずスポーツなどでもそうですよね?

例えば、ゴルフで球を遠くに飛ばす知識を得たとしても、
その知識を使って練習しなければ、実際に飛ばすことはできません!!

英語でもそれと全く同じことが言えます。

 

パターンプラクティスで表現の幅を広げる!!

 

英会話 (5)

 

英語の幅を広げる練習として有効なのが「パターンプラクティス」です!!

このパターンプラクティスとは、簡単に説明すると。。。

基本文を変化させてパターンで英語表現を覚えていく練習になります。

この練習法では「英語の表現の幅」を広げることができる上、
パターンで表現を覚えるので「実践でも表現」が出てきやすくなります。

 

では早速、パターンプラクティスのやり方を見て行きましょう!!

例えば「I play soccer.」を基本の文とすると、

He plays soccer.
He played soccer.
He played soccer yesterday.
He was playing soccer after school.

。。。こんな風に少しずつ変化させ、実際に声に出しながら練習をします。

またパターンプラクティスでは時制の変化だけではなく、
否定文や疑問文や過去疑問文などに変化させていくのも効果的な手法です。

Does he play soccer?
He doesn’t play soccer.
Did he play soccer yesterday?

また、その際は「この場面ではこの英文を使う」といった文法と、
その場面のイメージをしっかり結びつけながら練習していくようにしましょう!!

その際、初心者は難しい英語表現に挑戦する必要はありません。

最初は「肯定文、否定文、疑問文、過去形、未来形、進行形」だけで十分です。

 

パターンプラクティスをやってみよう!!

 

英会話 (4)

 

では、実際に「Can I … ?」を使って10通りの疑問文を考えてみましょう!!

Can I have a blanket? (毛布をもらえますか?)
Can I have beer? (ビールをもらえますか?)
Can I have two pizza? (ピザを2つもらえますか?)
Can I have some water?(お水をもらえますか?)
Can I make a reservation?(予約できますか?)
Can I use VISA? (ビザカード使えますか?)
Can I try on this suit? (このスーツ試着してもいいですか?)
Can I go home early today? (今日は早く帰ってもいいですか?)
Can I see you tonight? (今晩会えますか?)
Can I take a long vacation? (休暇をもらってもいいですか?)

どうですか?

もうこれだけで海外旅行なら問題なく行けそうですよね?^^

因みに、パターンプラクティスは「英語ぺらぺら君」のような教材でも練習できます↓

 

【英語ぺらぺら君 レッスン2】

 

上のレッスンでは、少しずつ文の構成を変えて反復してますよね?

これがパターンプラクティスです!!

この教材は、初級者用に簡単な単語と文法を利用しているので、
一から英会話を始めたい人や英語が苦手な人にはぴったりだと思います。

⇒ 英語ぺらぺら君の内容と効果!レビュー!

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の公式HP!!

ぺらぺら君では「繰り返し声に出すように促される」ので、
頭で考えるだけでなく「実際にあなたが英語を話す練習」ができます!!

 

このパターンプラクティスの一番大きなメリットは、
反復練習ができるので、意識することなく英語を使えるようになることです。

もしあなたが、英語を話す際に「適切な表現」が口からすぐに出てこない!!

。。。そう感じることが多いのであれば、
是非、パターンプラクティスを英会話の学習に取り入れてみてください!!

きっと、スムーズに英語を話せるようになれると思いますよ^^

 

前のページ ⇒ 短期間で英会話を身につけるには?英語を話すための練習方法!!

次のページ ⇒ 英語が口から出てこない?瞬間英作文でを咄嗟の英会話力鍛えよう!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ