短期間で英会話を身につけるには?英語を話すための練習方法!!

 

人生 (2)

 

英語学習の目標に「英会話を身に付ける事」を掲げている人も多いと思います。

そのためには「英語を意味ではなくイメージで掴む」のが大事!!

。。。というお話を前回の記事でしました。

なぜなら、私達は英語を日本語に翻訳してしまう癖があり、
リスニングでも、スピーキングでも、日本語の語順に英語を変換してしまうため、
英語への瞬間的な反応ができなくなってしまうことがあるからです!!

その癖を修正し「英語をそまま理解するためのポイント」が3つあるのですが、
今回は、その中のひとつ「英語を話す練習」についてお話致します。

 

アウトプットの量を増やす(英語を話す練習)

 

発音 (2)

 

突然ですが、あなたは毎日どれだけ英語を話していますか?

英会話のために英語を聞いたり、参考書で勉強している人も多いと思いますが、
実際に「英語を毎日○分は話しています」そう言える人は少ないです!!

もちろん、その前に文法や単語などの基礎を勉強したり、
リスニングやリーディングで表現の幅を広げたりするのも重要ですが、
スピーキングを身に付けたいなら、話す練習なしでは身に付けられません!!

多分、あなたもそれには薄々気づいていますよね?^^

英会話を上達させるために必要なポイントは、以下の3つです↓

1.インプットの質と量を増やす
2.アウトプットの量を増やす
3.英語への反射神経を鍛える

中でも「アウトプットの量を増やす」ことは一番重要なので、
英会話を身に付けたければ、必ず英語を話す練習をしましょう!!

 

具体的な英会話の練習方法!!

 

リーディング (2)

 

実際に英語を話す練習となると、いくつか方法がありますよね?

一番良いのは、やはり海外へ留学をすることですが、
そのためには、ある程度の時間とお金が必要になるので難しいです!!

そこで、日本でできる英語を話す練習としていくつか方法があります。

1.英会話教材を使う
2.英会話スクールを使う
3.言語交換などをする

 

1.英会話教材を使う

日本でできる英語を話す練習として一番お薦めなのは英会話教材です。

理由はコスト面や手軽さ、そして時間があればいつでもできる!!
この3つのメリットは他の2つに比べてもかなり良いと思います。

ですが、そんな英会話教材も大きく分けて3つのタイプがあります!!

・聞き流し系の教材
・フレーズを覚える系の教材
・英語を話す練習をする教材

 

聞き流し系教材(上級者用)

今、日本で流行っている教材は「聞き流し系教材」だと思います!!

聞き流し教材は「とにかく英語をたくさん聞いて焼き付ける」というものですが、
これは既に英語をある程度話せる上級者でなければ効果は得られません!!

その理由は、以前リスニングの章でもお話しましたが、
分からないものを聞き続けても、分かるようになることはないからです!!

なので、既に日常会話程度なら問題ないという人には効果が期待できると思います。

 

フレーズを覚える系の教材(中級者・上級者用)

これ系の教材は「フレーズを覚えて使えるようにしよう」というものですが、
この方法は英語の構造が理解できる中級者でなければ効果が薄いです!!

理由は、フレーズを覚えても「どうしてそうなるのか?」が分からなければ、
少し状況が変わってしまうと「応用できないから」です!!

構造が分かる人は、フレーズを応用し掛け算として使えますが、
分からない人には、覚えた状況でしか使えない足し算になってしまいます。

そして、構造を理解していない分、使わなければすぐに忘れてしまいます!!

 

英語を話す練習をする教材(初級者・中級者・上級者用)

これ系の教材は「実際に英語を話してみよう」というものになりますが、
初級者・中級者・上級者、全員に効果的です!!

その理由は、当たり前のですが、
英語を話す以上に「話す練習になる事はないから」です!!

私達は、小・中学生の頃から長い時間をかけて英語を勉強していますが、
トータルで換算すると「英語を話した量」は驚くほど少ないです。

学生時代を思い出してみるとと分かると思いますが、
実際に英語を声に出して話す時間は、限りなくゼロに近かったですよね?

それも音読ではなく、自分で文章を組み立てて自分の言葉で話す!!

。。。なんて練習をしてきた人は、ほとんどいないと思います!!

 

なので、教材は実際に自分で話すことができる教材が一番お薦めです。

このことは教材の系統から考えても明らかだと思います。

なぜなら、聞き流し系教材はリスニング、フレーズ系教材は暗記ですが、
話す系教材は「英語を組み立てて話す事そのもの」だからです!!

もちろん、どの系統の教材も優れた教材は多いですが、
それは、使うべき人が使った時に効果が得られると思ってください!!

因みに、話す練習ができる教材は「英語ぺらぺら君」がお薦めです!!

 

【英語ぺらぺら君 レッスン1】

 

この教材は、元ブッシュ副大統領の通訳を務めた小谷啓氏が監修人を務めており、
3ヶ月試してみて効果が感じられなかった場合には全額返金にも応じてくれます!!

⇒ 英語ぺらぺら君の内容と効果!レビュー!

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の公式HP!!

英会話を始めたいという方には、費用対効果も難易度的も抜群の英会話教材です!!

 

2.英会話スクールを使う

国内で実践に最も近い練習ができる場としてお薦めです!!

理由はなんと言っても、ネイティブと直接面と向かって話せることです。

ですが、その反面コストが高いというデメリットがあります。

また、講師の質や相性もあり、それは運に任せるしかありません!!

そんな英会話スクールですが、以下の2つのタイプがあります!!

・語学学校
・オンライン英会話

 

語学学校

実際に町中にある語学学校や英会話スクールに通う方法です。

この方法は、ネイティブの先生と面と向かって話せる機会を設けられるので、
人間関係を構築しながら、英語を話す練習をすることができます!!

しかし、一番のネックは費用がどうしても高い事です。

また、グループレッスンにして費用を抑えたとしても
その分、他の生徒や先生が話しているのを聞いている時間が増えてしまい、
結果として、あなたが話す時間が少なくなってしまいます。

 

先生が話している英語を聞いている時間ならまだしも、
生徒がつたない英語を話しているのを聞いている時間は無駄でしかありません!!

もし、グループレッスンを受けているのであれば、
あなたが英語を話している時間がどの程度か測ってみると良いと思います。

おそらく、1時間のうち10~15分もないのではないでしょうか?^^;

英語を聞くだけなら、家でもどこでもいくらでもできるのに、
英語を話せないスクールに時間やお金をかけて通うのは勿体無いですよね?

そういった意味でも英会話スクールに通うのならば、
多少お金がかかっても、個人レッスンを受けるようにしましょう。

大事なのは「英語を話すこと」です、「聞いて楽しむこと」ではありません!!

 

オンライン英会話スクール

インターネットの普及で急速に広まって流行っていますよね^^

この方法は、スカイプなどを通じてネイティブと話せる機会を設けられるので、
英会話スクールに通うのと同じくお薦めの方法です!!

しかも費用も安いところであれば、月3000円~で済みます!!

 

デメリットは予約制やチケット制なので、時間に成約ができてしまう点と、
回線状況などのネット環境に左右されてしまうことだと思います。

ですが、費用も月3000円前後からできるところもあるので、
英語を話す練習の場としては、コスト的にも安くてかなりお薦めです。

大手だとレアジョブ英会話DMM英会話が有名で費用対効果も良いです!!

ただし、長く続けなければ結局効果がないので、
やると決めたら最低でも1年~2年は続けるようにしてくださいね^^

 

語学学校や英会話スクール、オンライン英会話スクールの質については、
講師のレベルによってかなりのムラが出てきてしまいます!!

実際、私が昔通っていたスクールの講師のうち1人は、
女子生徒を全員前の席に座らせ、男子生徒は全員後ろに座らせ、
お気に入りの生徒には、スクールへ来なくても最高のグレードをあげていました。

そこまで露骨な講師も、なかなか少ないとは思いますが、
中には日本にナンパしに着ているような講師も少なくありません(笑)

また、オンラインにしろ、通うにしろ、英会話スクールは、
あなたが少しは英語を話せるレベルでなければ「話す練習」にならないので、
自分のレベルと講師の相性には気をつけてくださいね。

 

言語交換などをする

この方法は、ネットなどで英語を教えてくれる人を探して、
英語を教えてもらう代わりに日本語を教えてあげるというものです!!

この方法のメリットは、なんと言っても「無料」であること、
そして相性さえ良ければ「直接会って友達になる事」も可能な点です!!

しかしその反面、相手は英語を教えるプロじゃないので、
勉強という面では、しっかり計画を立てないと意味がありません。

また、スクール以上にナンパ目的の人も多いので注意しましょう!!

 

やり方としては、基本的には時間を1時間などと決めて、
最初の30分は英語、次の30分は日本語と分けてやるのが良いです。

その際は、できることなら事前に話をするトピックを決めておきましょう!!

トピックは漫画や旅行についてなどが無難ですね♪

話す内容を決めずにやると、素人なので沈黙が続くことが多いですよw

 

以上を踏まえると、まずは教材で好きな時間に英語を話す練習を積んで、
それを続けながら、スクールや言語交換をやるのがお薦めです。

どちらか片方だけしかやらない人が多いですが、
スクールだけだと量が少ないですし、教材だけでは質を追求できません!!

なので、教材で自主トレをして「練習量」を積み上げながら、
語学学校やオンライン英会話、言語交換などで「質」を磨くようにしましょう!!

 

英会話にはしっかりと投資をしよう!!

 

英会話 (4)

 

これは英語を話せない人に多いのですが、そういう人は投資をしていません!!

当たり前の話ですが、英語を出来るようになった人は、
英語の勉強に時間やお金を多かれ少なかれ「投資」しています。

厳しいかもしれませんが「英語を話せるようになりたいな」と言ってるだけで、
何も行動を起こさない人は「英語を話せるようにはなれない」ですよね?

英語を話せるようになるには、投資をして行動するのは必然です。

時間を使って勉強せずに、お金を払って参考書を買わずに、
短期間で無料でラクに見たり聞いたりするだけで英会話が習得できる。。。

そんな魔法みたいな方法があるわけないです。

それを探して悩んでいる時間があったら、
早くCDや教材を購入して、通勤中などの空き時間に毎日聞いて、
オンライン英会話や語学学校に申し込んで、英会話を習得した方が良いです。

 

現在あなたが英語を話せなくて、でも英語を話せるようになりたいのであれば、
本当に勉強に「時間やお金を投資し行動する覚悟」があるのか?

「英語を話せる自分」と「英語を話せない自分」
どちらの自分が「将来より豊かな生活」を手に入れられそうなのか?

そこを見極めて「英語に投資をするのかしないのか」決めていってくださいね♪

 

前のページ ⇒ 英語はイメージで捉えよう!英会話を上達させる3つのポイント!!

次のページ ⇒ 英会話上達の練習法!英語表現の幅を広げるパターンプラクティス!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ