英語が口から出てこない?瞬間英作文でを咄嗟の英会話力鍛えよう!

 

リスニング (3)

 

海外旅行などで英語を話そうとした際に、全然英語が出てこなかった!!

。。。なんて経験をしたことがありませんか?

その時は慌ててしまって英語が出てこなかったのだけれど、
後で落ち着いてよく考えてみたら、凄く簡単な英語で悔しい想いをした!!

そんな方もいると思います^^

今回は英語への瞬発力がなくて困っている。。。

そういった悩みを抱えている方の役に立つ英会話の練習法をご紹介致します!!

 

英会話を上達のための3つのポイント!!

 

シャドーイング (3)

 

さて、その練習法をの前に「英会話上達の3つのポイント」を覚えていますか?

そのポイントとは以下の3つです↓

1.インプットの質と量を増やす
2.アウトプットの量を増やす
3.英語への反射神経を鍛える

この3つのうち「インプットの質と量」「アウトプットの量」については、
これまで当ブログの中でもご紹介してきました!!

 

今回お話しするのは「英語の反射神経を鍛える」ための練習法です。

実は前回お話した「パターンプラクティス」は今回紹介する方法の布石で、
その「パターンプラクティス」で英語の型やパターンを掴んでからやると、
これから紹介する方法がスムーズにできます!!

⇒ 英会話上達の練習法!英語表現の幅を広げるパターンプラクティス!

 

 

咄嗟に英語が出てこない理由!!

 

英会話 (3)

 

突然ですが、あなたは英文を自分で一から組み立てたことがありますか?

おそらく、あまりやったことはないのではないでしょうか?

この「英文を組み立てる」とは「英作文」のことなのですが、
実は私達日本人は「英作文」をほとんどやったことがありません!!

学生時代を振り返ったり、参考書を見ると分かると思いますが、
ほとんどが穴埋めや選択や長文読解が主流になっていますよね?

つまり、自分で一から英文を組み立てる作業はやってきていないんです!!

 

これってスピーキングをする際に、凄く大きな問題だと思いませんか?

だって、実際に英語を話す時には、
テストのような穴埋めや選択で文章を作るわけではなく、
自分自身で一瞬で英文を作って話さなければならないですよね?

なので、英文を「一瞬で考えて話す」という練習をしていない私達日本人が、
英会話で「臨機応変に話す」のが苦手なのは当たり前なんです!!

私達が中学校から学校で習ってきた英語は、
問題を見て文章などをヒントに選択肢のから選んで当てはめているだけです。

しかし、実際の英会話では「英文を一瞬で組み立てる能力」が必要です!!

なので、咄嗟に英語を話せるようになる反射神経を鍛えるためには、
瞬間的に自分で一から文章を組み立てられる能力を鍛えるしかありません!!

ですが、多くの人はそれを把握していないので、
難しい英語表現や日常的には使わい単語を必死に覚えようとしたり、
聞き流しの英語教材を使ったりしています^^;

では、どうしたら「英語を一瞬で組み立てられるようになれる」のでしょうか?

 

瞬間英作文で英語を組み立てる練習をしよう!!

 

瞬間英作文 (1)

 

その答えは「瞬間英作文」です!!

英語の知識はあるのに「英語を話すことができない一番の原因」は、
瞬間的に英文を組み立てる能力が低いことが原因です!!

つまり裏を返せば「一瞬で英文を作る練習をすれば良い」ということです。

そう言われると「簡単そう」に思えますが、実はこれがなかなか厄介です!!

百聞は一見にしかずなので、今から3つ日本語で文章を書くので、
下の答えを見ずに、文を読んで英語で話してみてください!!

では行きますよ^^

 

1.彼は君がピアノを弾いているのを聞くのが大好き。
2.彼女は自分の部屋を掃除しなければならない。
3.私は彼にもっとゆっくり話してくれるように頼んだ。

。。。はいっ!!

これらの文を読んで一瞬で英文にして話すことができましたか?

答えは。。。

1.He loves listening to you playing the piano.
2.She has to clean up her room.
3.I asked him to speak more slowly.

答えは上の文の通りですが、読んだり聞いたり書いたりするのは簡単ですが、
一瞬で英語に直して話すのは難しかったですよね?

本当に、この「瞬間英作文」は難しいんです!!

では、瞬間英作文が出来るようになるためのポイントは何なのでしょうか?

 

瞬間英作文をするためのポイント!!

 

海外旅行

 

瞬間英作文が出来るようになるためのポイントは以下の3つです!!

・単語や文法などの基礎を固める
・英語表現をたくさん覚える
・簡単な英語をたくさん組み立てる

 

文法や単語などの基礎を固める

文章を組み立てるための単語を最低限覚えていなければ英文は作れません!!

また、それを組み立てる設計図(文法)が苦手だと英文は作れませんよね?

だからこそ、英語の勉強は基礎からの積み重ねが大事なんです!!

英語は基礎から積み重ねてきた成果がものをいう言語です。

そして、これは英語に関わらず全ての物事に当てはまる事だと思います!!

 

英語表現をたくさん覚える

英語表現をたくさん覚えること、つまり前回お話したパターンプラクティスです。

それが瞬間英作文をする上でも大きな力を発揮します。

英語は基本の4つの型に英単語などの要素を当てはめる言語です。

日本語は助詞を変えることで、単語の位置を自由に入れ替えられますが、
英語は単語の語順がガッチリ結びついて文章が作られています!!

つまり、パターンプラクティスでパターンを掴めば、
それが「一から英文を作りたい時に大活躍してくれる」という訳なんですね^^

 

簡単な英語をたくさん組み立てる

最後に重要なのが、簡単な英文を組み立てる練習をたくさんすることです!!

私達はこれまで英作文をやったことがないので、
本当に簡単な英語でさえ、一から組み立てる能力が低いです。

あなたも海外旅行などで、突然外国人に話しかけられて、
「Is he has to…?」とか意味不明な英語を言ってしまったことありませんか?

テストなら間違えないような簡単なミスさえ会話ではしてしまいますよね?

悲しいかな、私達日本人の英語を組み立てる能力って、
中学レベルの英語でさえ、一瞬で組み立てられない程低いんですよね。。。

そんな私達が、関係代名詞やらなんやらを使った文章に挑戦する
ましてや、ネイティブらしい英語表現なんていうのは無謀にも程があります。

はっきり言って「This is a pen.」から始めてもいいくらいです!!

なので、英会話を始めれる時は「簡単英語を組み立てる事」から始めましょう。

 

瞬間英作文を使った教材

 

英語ぺらぺら君

 

「簡単すぎるほど簡単な英語」、前回の「パターンプラクティス」を取り入れたもの、
そして今回の「瞬間英作文」もできる教材なら「英語ぺらぺら君」がお薦めです。

 

【英語ぺらぺら君 レッスン3】

 

この教材では、以下の3点を抑えた練習をすることができます。

1.簡単な英語の使い方を習得する
2.パターンプラクティスで表現の幅を広げる
3.瞬間英作文で英語を組み立てる練習をする

この手法は、アメリカ元大統領の通訳の小谷啓氏が推奨している練習法で、
実際に、この教材の監修人も務めており、本人が顔出しで効果を保証しています!!

⇒ 英語ぺらぺら君の内容と効果!教材レビュー!!

⇒ 英語ぺらぺら君(初級編)の公式HPはこちら!!

実際に自分で英文を組み立てて話す練習ができるので、
英語を話せるようになりたいと思っている方は是非お試しください^^

 

英会話で「英語が思うように出てこない」っていう問題は本当に厄介ですよね?

私もカナダに着たばかりの頃は、口ごもってしまっていたのですが、
瞬間英作文の練習を始めてからは、癖が修正されていくのが実感できました。

当時はシェアメイトに「ごもり癖」を真似されたくらい酷かったんですよ^^;

同じように「英語が咄嗟に出てこない方」は、是非挑戦してみてくださいね♪

 

前のページ ⇒ 英会話上達の練習法!英語表現の幅を広げるパターンプラクティス!

次のページ ⇒ 基本的な英会話学習法まとめ!ネイティブが使う自然な英語って?

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ