英会話のための英文法!基本前置詞「behind」の意味とイメージ!

 

前置詞 (2)

 

前置詞には日本語に訳すと同じような意味になる単語が多くあります!!

例えば以下の2つの文章↓

He is in the school.(彼は学校にいます)
He is at the school.(彼は学校にいます)

この2つの文章は日本語訳は同じですが「ニュアンス」が違います。

1つ目の文章は「学校の中」、2つ目の文章は「学校という地点」、
。。。というニュアンスで使われており、話し手の意識が違っています!!

このように前置詞は「意味」だけを覚えても使いこなす事はできず、
前置詞のイメージから「意識」に合わせて選択していかなければダメです。

今回はそんな前置詞の中から「behind」のイメージについてお伝えします!!

 

前置詞「behind」のイメージ!!

 

前置詞 (3)

 

前置詞「behind」のイメージは「背後・すぐ後ろ」です!!

何か人・物・事・などの「背後にいる・背景にある」が基本イメージで、
前回ご紹介した「in front of」の逆になります。

⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「before」の意味とイメージ!

せっかくなので、そのイメージを例文を使って見て行きましょう!!

 

派生イメージ : 後ろ(物理的)

The cat is hiding behind the tree.(その猫は木の後ろに隠れていた)
Don’t forget to lock the door behind you.(出る時、ドアの鍵を忘れないでね)

上の例は「物理的な後ろ」を表現する典型的な例です!!

1つ目の文は「猫が木の後ろ」とそのまま位置を指しています、
2つ目の文は「あなたの後ろのドア」とこちらも位置ですよね?

なので、後ろを意味する「behind」が使えます。

 

 

派生イメージ : 後ろ(時間)

I got a little behind in my payment.(支払いが少し遅れている)
The bus arrived 5 minutes behind the schedule.(バスは5分遅れて到着した)

先ほどの「物理的な後ろ」から「時間的な後ろ」になると、
上の例文のように、今度は「遅れて」という意識に変わります!!

ここでもなんとなく「単純な位置」だけでなく「動作」を感じることができますよね?

 

派生イメージ : 後ろ(原因・支持)

What’s behind you?(何か隠してるだろ?)
We are behind you.(私達はあなたを支持しています)

基本イメージの「何かの後ろ」からは「隠し事」や「支持」などなど、
後ろにある「条件」や「原因」または「支援」の意識も感じることができます。

1つ目の例文は口語的な文章で「物理的な後ろ」でも使えますが、
映画などでは「何か隠してる(裏がある)だろ?」と使われることもありますよね。

 

前後をイメージさせる前置詞を整理しよう!!

 

前置詞 (1)

 

前置詞は文中で「位置関係を表現する働きを持つ品詞」です!!

今回ご紹介している前置詞「behind」は「後ろ」をイメージさせる前置詞ですが、
当ブログではこれまでにも、前後をイメージさせる前置詞を紹介してきました。

せっかくなので「前後をイメージさせる前置詞(副詞)」をまとめてみましょう。

■前後を意味する前置詞(副詞)

・before ⇔ after  主に時間的な前後を指し示す事が多い
・front ⇔ behind  主に位置的な前後を指し示す事が多い
・ago ⇔ later    現在を基点に時間的な前後を指し示す事が多い

実際には、上のように「一言で表す事」はできないですが、
主に文中での使い方を分けると、上のようにザックリと分けて考えれます!!

 

位置関係の「before」と「front」の違い

He stands before the King.(彼は王の前に立った)
He stands in front of the King.(彼は王の前に立った)

この2つの文は日本語訳は一見同じですが、下記のように意識が違います。

・before ⇒ 位置+感情で前
・in front of ⇒ 位置的に前に立つ

前後の文脈で多少意識が変わりますが「before」を使った場合は、
単純な位置としての前ではなく、そこに「何かしらの意図」が込められています!!

つまり、王の前に「立ちはだかる」でも「受賞するために立つ」でもいいですが、
位置として「before」を使う時には「何か壮大なドラマ」が必要になってくるんです。

一方、前は前でも「front」の方は単純に位置を表現するだけです!!

なので、下の例のように単純な位置を表現するだけなら「front」が相応しくなります。

○ Wait for me in front of the school gate.(後門の前で待ってて)
× Wait for me before the school gate.(後門の前で待ってて)

つまり、普通に位置を表現する場合は「in front of」が妥当ということなのですね^^

 

位置関係の「after」と「behind」の違い

The police are after him.(警察は彼を追っている)
The police are behind him.(警察は彼の後ろにいる)

この2つの文は日本語訳が違うので、意識の違いが分かりやすいですよね?

・after ⇒ 後ろから付いていく
・behind ⇒ 物理的(抽象的)に後ろ

前置詞「after」には「位置」だけなく「着いて行く動作」がありますが、
前置詞「behind」の方は「着いて行く意識」はなく「単純な位置」になります!!

但し、どちらも位置を表現してますが物理的な位置だけでなく、
以下の文のように、抽象的な位置関係も表現できるという特徴を持っています。

We are after you.(私達はあなたと親しくなりたがっている)
We are behind you.(私達はあなたを支持しています)

上の例を見ると、どちらも抽象的(心理的)な位置関係ですが、
前置詞「after」は「支持」だけでなく「動的な意識」も強く感じられますよね?

その理由は「after」の基本イメージ「ついていく」に基づいているからです!!

 

時間軸の「before」と「ago」の違い

I met him a year ago, I also met him three years before that.
(私は彼と1年前に会いましたが、その3年前にも会いました)

上の文では「before」と「ago」を同時に使ってますが下記のように意識が違います。

・before  ⇒ 過去の出来事を基点に過去を振り返る
・ago ⇒ 現在を基点に過去に遡る

例文の前半部分では「現在を基点」にして「1年前」に遡っています、
そして後半部分では「1年前を基点」にして「そこから3年前」を振り返ってますね。

このように「どこを基準に振り返るか」が「before」と「ago」の違いになります!!

 

時間軸の「after」と「later」と「behind」の違い

5 days after, he went off to the Moon.(5日後に彼は月に旅立った)
5 days later, he went off to the Moon.(5日後に彼は月に旅立った)
He went off to the moon 5 days behind.(彼は5日遅れで月に旅立った)

これらの例文でも「after」「later」「behind」で意識が違っています!!

・after ⇒ 「~後に」(何か基点が必要)※過去形にも未来形にも使える
・later ⇒ 「~後に 」※具体的な期間を表す場合は未来形には使えない
・behind ⇒ 「~遅れ」(ある時点を基点に)

この3つの中では「behind」の意識は、他の2つと全く違うので簡単ですよね?

前置詞「behind」は、ある基点を元に遅れている意識です!!

 

難しいのは「after」「later」の意識の違いです!!

まず「after」と「later」の違いですが、例文ではほぼ一緒で区別がつきません。

5 days after, he went off to the Moon.(5日後に彼は月に旅立った)
5 days later, he went off to the Moon.(5日後に彼は月に旅立った)

実際、意味としてもほとんど変わらないのですが、
基本的に「after」を使う際には「基点を明確」にする必要があります!!

上の例文の場合、書かれてはいませんが「基点は今日」を指しています。
因みにネイティブ曰く、上の例文では「later」の方が自然に感じると言っていました。

理由は「later」では、明確な基点がなくても意味が伝わるからだそうです!!

なので、もし上の文で「after」を使った文を自然にしたいのであれば。。。

He went off to the Moon 5 days after the event.
(彼はイベントの5日後に月に旅立った)

。。。のように、はっきりと「基点」を明確にした方が文章としては正しくなります。

 

ちょっと今回の意識(特に時間軸のところ)は難しかったですよね?

前置詞(副詞)の使い分けのルールはかなり難しいですが、
それについては、実際に使って間違えて覚えていくしかないのかもしれないですね。

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「before」のイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本前置詞「between」のイメージ!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “英会話のための英文法!基本前置詞「behind」の意味とイメージ!”

  1. jj より:

    ・We took lunch 5 minutes ago.
    ・私たちは5分前にランチをとった

    ・We took lunch before meeting.
    ・私たちは会議前にランチをとった

    ・We’ll take lunch 5 minutes later.
    ・私たちは5分後にランチをとります

    ・We’ll take lunch after meeting.
    ・私たちは会議後にランチをとります

    これでどうでしょうか?

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      ・We took lunch 5 minutes ago.
      ・私たちは5分前にランチをとった

      ・We took lunch before meeting.
      ・私たちは会議前にランチをとった

      ・We’ll take lunch 5 minutes later.
      ・私たちは5分後にランチをとります

      ・We’ll take lunch after meeting.
      ・私たちは会議後にランチをとります

      今回の宿題は少し簡単過ぎましたね♪

       

  2. momo より:

    1 We took lunch 5 minutes ago .
    2 We took lunch before meeting .
    3 We’ll take lunch 5minutes later .
    4 We’ll take lunch after meeting .

    • choro より:

      >momoさん

      コメントありがとうございます。

      ・We took lunch 5 minutes ago.
      ・私たちは5分前にランチをとった

      ・We took lunch before meeting.
      ・私たちは会議前にランチをとった

      ・We’ll take lunch 5 minutes later.
      ・私たちは5分後にランチをとります

      ・We’ll take lunch after meeting.
      ・私たちは会議後にランチをとります

      前後を表す前置詞の感覚、分かりましたでしょうか?

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ