英会話のための英文法!基本副詞「Such」の使い方とイメージ!

 

副詞 (4)

 

副詞は名詞以外の英語を全て修飾できます!!

日本語の場合は、形容詞や副詞の見分け方は形で判断する事もできますが、
英語は単語の形で判断するのではなく、意識と文中の位置で判断します。

なかなか見分けるのが難しい副詞ですが、
大事なのは副詞の意識で「どんな気持ちで使われているのか」です!!

今回はそんな副詞の中から「Such」のイメージと使い方を紹介します!!

 

基本副詞「Such」のイメージ!!

 

副詞 (3)

 

基本副詞「Such」は「そのような」や「このような」など何かを指すイメージです。

よく使われる場面としては

・何かを強調したい時
・同じ類のものを列挙する時
・何かを指し示す時

。。。などに使われます。

せっかくなので、ひとつひとつ例をあげながら見て行きましょう!!
※今回は形容詞として使われている文もいくつかありますよ^^

 

・何かを強調したい時

Such rich people.(なんて、お金持ちな人たちだ!!)

この文では「Such」は「Rich」を修飾して「なんて」と強調しています。

この他にも。。。

He is such a geek!(彼ってすごいオタクなの)

。。。といった感じに「すごい」という最上級に近いニュアンスでも使えます。

 

昔、撮影した動画で「強調の”Such”」を使っている動画があったのでどうぞ↓

 

この動画では、料理中に落とした「ジャガイモ」を「トマト」と言い間違えて、
その間違いを指摘されたときに「Such」を使って表現しています。

I’m such an idiot.(あぁ、俺はなんてマヌケなんだ)

そんな感じのニュアンスですね^^

こんな風に強調の「Such」は、会話の中でも結構使う事が多いです!!

 

・同じ類のものを列挙する時

I like animals, such as dog, cat, horse, dolphin, and so on.
(僕は動物好きなんだ、犬とか猫とか馬とかイルカとかね。。。)

同じ類のものを列挙する際には、
先に「そのような」と言ってから「as」以下に例をあげていきます。

 

この表現が便利なのは、相手に例をあげてもらうときにも使えることです。

A : I like different kinds of animals.
(僕はいろんな種類の動物が好きなんだ)

B : Such as?(例えば?)

。。。といった具合ですね♪

この「Such as?」を質問で使う表現は、
英語の専門学校に通っていたときに担任の先生がよく使っていました。

日本語でもよく使う表現ですし、便利ですよね?^^

 

・何かを指し示すとき

I have never seen such sorrow.(そのような悲しみを見たことがない)

この文では「Such」は「”そのような”悲しみ」といった感じで、
その場にあるものや、それまでに会話の中などで出てきたものを指します。

 

具体的に使われている動画を見つけたので「Such」を見つけてみてください↓^^

 

見つかりましたか?

この動画は「Mamma Mia!」の一部ですが、
泣きながらトイレに駆け込んだ主人公(準主役?)に対して、
親友の1人が「そんな悲しんでるところ見たことない、どうしたの?」

。。。と聞いているところです。

 

英語の意識を掴んで使えるようにする方法!!

 

副詞 (2)

 

映画でも海外ドラマでも教材でもそうなんですが、
英語を聞いている時は「ただ聞きとって日本語で理解する」だけでなく、

「今この人は”どんな気持ち”で、この英語を使っているんだろう?」

。。。と、考えながら「実際に使う練習」をしていくと、
その英語表現を自分のものにして自由自在に使えるようになります!!

方法は色々ありますが、私のお薦めは「英語ぺらぺら君(中級編)」です↓

 

【英語ぺらぺら君レッスン5(中級編)】

 

この教材では、繰り返し英語の質問にたくさん答える練習ができるのですが、
慣れてきたら「ただ単に聞いて練習するだけでなく感情を理解しながらやる」と、
更に爆発的にスピーキング力を伸ばす事ができます!!

理由は、英語と感情を結びつけて話すことができるようになるからです。

実際、英語を話す際は「文法を考えながら知識で話す」のではなく、
自分の「感情結び付けること」ができたら、自然と出てくような気がしませんか?

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)の内容とレビュー!!

⇒ 英語ぺらぺら君(中級編)公式ホームページ!

そういった意味でも、この教材は「繰り返し英語を話すこと」で、
瞬間的に「英語の意識が理解できるようになる」ので会話力が驚くほど伸びます!!

 

また、リスニングでの理解力を伸ばしたければ、
映画やドラマを見る際に「感情を意識して聞く」と、
先ほどの「Mamma Mia!」の動画のように英語が入ってきやすくなりますよ^^

なので、英語の気持ちを理解したい人は、
映画やドラマを感情を意識しながらフレーズを覚えるのも良い勉強になります♪

テレビCMなどでも御馴染みの「Hulu」を使えば、
月額933円で映画やドラマが見放題なので勉強にもピッタリです。

⇒ 海外の映画・ドラマが見放題!Huluで今すぐ無料視聴!

但し、英語は感情を理解しても練習をしなければ「話せるようにはならない」ので、
どんな形でやるにしても「必ずどこかのタイミングで話す練習」をして下さいね♪

 

前のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本的な副詞「So」の使い方とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Well」の使い方とイメージ!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

4 Responses to “英会話のための英文法!基本副詞「Such」の使い方とイメージ!”

  1. jj より:

    Hi is so nice.
    Hi is such a nice person.

    ですかねぇ?

    • choro より:

      >jjさん

      コメントありがとうございます。

      宿題の答えなのですが。。。

      ・彼は本当にいい人です
      ・He is so nice.
      ・He is such a nice guy.

      これになります。

      もちろん「He is such a nice person.」でもOKですよ!!
      (「He」が「Hi」になってましたがご愛嬌でw)

       

  2. momo より:

    He is so nice .
    He is such a nice person
    such にもso と 同じニュアンスが有るんですね。指し示すイメージを 頭に入れて考えるという事かな?

    • choro より:

      >momoさん

      宿題の答えなのですが。。。

      ・彼は本当にいい人です
      ・He is so nice.
      ・He is such a nice guy.

      これになります。正解ですね!!

       

      副詞の「Such」と「So」はどちらも強調のイメージがあります。

      ・He is so nice.

      こちらは「彼ってナイスなんだよ」と受けるイメージ

      ・He is such a nice guy.

      こちらは「彼はナイスなんだよ」と彼がどんなやつか指すイメージです。

      だからこそ、ルールも以下のようになってます↓

      ・so + 形容詞
      ⇒形容詞だよと受けるイメージなのでこの語順

      ・such + a/an + 形容詞 + 名詞
      ⇒形容詞な奴だよと指すイメージなのでこの語順

       

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ