英語を話そう!初心者が英会話を習得するための5つの鉄則!!

 

心構え (3)

 

日本人の「英語教育の基準」は世界的に見ても決して低くありません!!

特にペーパーテストは欧州に比べても引けを取らないのですが、
一方で実際のコミュニケーションになると言いたい事が表現できない。

。。。といった悩みを抱えています。

その理由は、戦後から続く講義型の英語教育によるものが大きく、
最近はコミュニケーションスキルを鍛える形に少しずつ移行されつつありますが、
まだまだ改革が進んでいないのが実情です!!

今回は、そんな英語でのコミュニケーションを苦手とする、
私たち日本人に重要な「英会話習得のための5つの鉄則」をお伝え致します。

 

ネイティブのような英語は目指すな!!

 

悩み (1)

 

まず、最初の鉄則ですが「ネイティブのような英語を目指さないこと」です!!

現在、世界で英語を話す人のうち非ネイティブは全体の約5割にのぼります。

そして、私たち日本人が目指すべき英語は、
そんな非ネイティブの人たちが使う世界英語で十分です!!

もちろん、ネイティブの英語に憧れるのや真似することも大事なことですが、
それは表現や発話モデルを参考にするだけにとどめるのが大事です。

それよりも、まずはネイティブのような自然な表現を使えるようになる!!

。。。といった無茶な目標を辞めて、
世界に通じる世界英語を目標にすることで道が一気に開けてきます!!

実際、ソフトバンクの孫正義さんなど日本を代表する企業のトップでも、
英語でスピーチをする際には3000前後程度の英語しか使わないそうです。

そう考えると、目標はネイティブ並に英語を話すことではなく、
自信を持って堂々と英語を話せる日本人を目指すことが大事になるんですね。。。

 

英語の間違いを楽しもう!!

 

心構え (2)

 

次に重要な鉄則ですが「英語を話す際には間違いも楽しむこと」です!!

私たち日本人は常に正解がある英語の中で英語を学んできていて、
しかも「間違えることは悪」と長年かけて教育されてきてしまっています。

その結果、正しい英語を話そうと思ってしまい、
間違いを恐れて英語を話す際に考えてしまう癖がついています!!

ですが、英会話は細かい間違いよりもテンポ良く話すことの方が大事です。

 

実際、私も英語を話していて三単現の「S」を忘れることなんてザラです。

。。。というか、むしろそこを完璧にするのはもう諦めました(笑)

でも、これまでネイティブはおろか外国人に指摘されたことは一切ありません。

もっと言えば、そんな細かいことをイチイチ指摘してくるのは日本人だけで、
実際ネイティブも含め、外国人はかなりいい加減な英語を話します!!

私たちはそもそも日本人で非ネイティブなのですから、
細かい文の体裁なんかを考えず、どんどん英語を話し間違えて直す!!

これを繰り返して上達していくようにしましょう!!

なんだかんだ、少し変な英語を話すと思われていた方が得だったりもしますよ。

 

英語を話す時には大きな声で!!

 

心構え (4)

 

私たち日本人は特に欧米人に対してはコンプレックスを持ってる人が多いです。

理由は、先の大戦もありますが、彼らは体もデカイですし、
日本人と違って空気(日本人的な輪の感覚)も全く読めないですし、
自己主張が強い上、個人的な見解ですがついでに言うと声までデカイです。

何を話しているのかよく分からない英語で自分勝手に大きな声で話されたら、
私たち日本人の多くは萎縮してしまうのは当たり前ですよね?

でも、それが世界基準です。

むしろ、日本人のように相手の心情や空気を読んで話をする奴は、
自信がない奴だと思われて信用を得ることができず話すら聞いて貰えません!!

 

英会話では自分の発言に如何に注目させるかもテクニックのひとつと言えます。

例えば、以前にバラエティ番組で出川哲郎さんが、
むちゃくちゃな単語を並べて海外で道を尋ねる番組を見たのですが、
捲し立てる意味不明の単語に相手の外国人も唖然としてしまっていました。

でも出川さんは怯まずに単語を並べ、最終的には目的地へ到着、
それを見て「めちゃくちゃだけど凄いテクニックだ」と感心したのを覚えてますw

 

実際に声を出して練習しよう!!

 

心構え (5)

 

英会話はスポーツと同じで運動です、なので理屈が半分残りの半分は練習が肝です。

分かりやすい例をあげると。。。

ゴルフのDVDをいくら見てもスコアが上がるわけではないですし、
プロテニスプレーヤーの試合をいくら観戦したってテニスは上手くなりませんよね?

英語もそれと全く同じで。。。

たくさん本を読んだって読むだけでは英語を話せるようにはなれないですし、
英単語を必死になって暗記したって英語を話せるようにはなれません!!

巷で有名な聞き流すだけの英会話なんて論外です!!

英語に限らず、どこの世界に聞くだけで上達するモノがあるでしょうか?

英語を話せるようになりたいのなら、絶対的に自ら話す練習をするしかありません!!

 

とにかく行動をしよう!!

 

心構え (1)

 

今の時代、オンライン英会話の体験レッスンだけでも10時間くらいは無料で話せます。

⇒ お薦めのオンライン英会話スクールは?スカイプで英語を話そう!!

そんなお気軽に英語が話せるようになった時代なのに、
未だに「机に向かって問題集を解いているだけ」なんて人が多いです!!

もちろん、文法や単語を覚えたり、問題集を解いたり、
映画やラジオでリスニングをしたり、英語の本を読んだりするのも大事です。

ですが、それは例えるならプールで泳ぎを覚えるための準備運動のようなもので、
泳ぎを習得するためには思い切って水の中に入らなければ習得できません。

「泳げるようになってからプールに入ります」

。。。では、いつまでたっても泳げるようにはならないですよね?^^

なので、ある程度体が温まったらプールに飛び込むのが何よりも大事です、
最初は冷たいかもしれませんが、直ぐ慣れて泳ぐのが楽しくなってくるはずですよ。

⇒ お薦めのオンライン英会話スクールは?スカイプで英語を話そう!!

 

英語はとにかく始めるところまで漕ぎ着けたら、後は永続的に頑張る!!

それだけで英会話は必ず習得できるので「5つの鉄則」を大事に頑張って下さいね♪

 

前のページ ⇒ 英語を習得するための指針!3つのステップで英会話を習得しよう!

次のページ ⇒ 

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ