世界遺産のフォンニャ洞窟と天国の洞窟のツアーに行ってみよう!

 

 

絶賛、お腹壊し中のちょろです。

ベトナム、いや世界でも最大級の洞窟散策へ行く為に、
古都フエを後にしドンホイへやってきました。

このドンホイという町は、
フォンニャ洞窟という世界遺産へ行くのに便利な町ですが
あまり日本の観光客には知られておらず、
地球の歩き方にも載っていません!!

ですが、キレイなビーチがあったり、
このフォンニャ洞窟があったりとなかなかのスポットです。

今回は、いよいよメインの洞窟探検に行ってきます。

どうか、お腹が無事でありますように。。。
そう、願いを込めてばっちり正露丸を服用し出発しました!!

 

Nam Long Plus Hotel / 28A Phan Chu Trinh Street
24時間対応ルームサービス、コーヒーショップ、ツアーデスク、ランドリー

 

今回お世話になった宿では、洞窟行きのツアーを扱ってます。

基本的にドンホイで有名な洞窟探索は3種類

1.フォンニャ洞窟+天国の洞窟
2.フォンニャ洞窟+ダークケイブ
3.天国の洞窟+ダークケイブ

この3つでフォンニャ洞窟と天国の洞窟が一番人気ですが、
ダークケイブは欧米人の若者に人気です。

。。。というのも、
水着を着てヘルメットをかぶり、
泥水の中を進んで洞窟の奥へ行くという
ちょっと体験型のアトラクションが楽しめるからです。

 

ただ、今の私はお腹ピーピー状態

泥でごまかせるかもしれませんが、
そんなハードな洞窟探索はとても無理なのです!!

なのでオーソドックスに1のツアーに参加しました。。。

因みに料金は1,070,000ドン(約5800円)でした!!

 

バスで2時間くらいでフォンニャケバン国立公園へ着きます

天国洞窟(パラダイスケイブ)の駐車場はこんな感じ

お土産屋もあります

 

チケット売り場でツアーガイドが人数分のチケットを購入し、
いざ、洞窟へ。。。

洞窟へはゴルフカートにのって15分くらい走った後、
山道を徒歩で登ります。

運がよければサルなどの野生動物も見られるそうです。

 

チケット売り場でチケットを購入

みんなで仲良くゴルフカートへ

その後は山道を10分ほど。。。結構険しいです。

 

山道を登ると天国の洞窟の入り口が出てきます。

この洞窟に入る前に洞窟に関する簡単なレクチャーがあります。

ざっくりと洞窟のレクチャーの内容を紹介すると、
フォンニャケバン国立公園には300以上の洞窟が存在し、

世界遺産にも登録されているフォンニャ洞窟は、
2億5000年前に形成され発見当時はベトナム最大の洞窟でした。

その後、つい最近一般人の立ち入りがOKになった洞窟が、
天国の洞窟(パラダイスケイブ)で全長31kmもあります!!

 

10分ほどのレクチャーがあります

レクチャー後はいよいよ洞窟へ、深くてやばい

一番広いところの幅は60m

一番高いところの高さは80m

 

とにかくスケールの大きさ、鍾乳石の美しさが全然違います。

ビルの大きさ並みの鍾乳石があったり、
変わった形の鍾乳石があったり、キレイな鍾乳石があったり、
流石、天国と言われるだけのことはあります。

もう、自然の凄さがとにかく圧巻で、
「今、地球の中にいるんだ」と感動を覚えました!!

ここはベトナムというか世界的に見ても1,2を争う洞窟ですよ。

 

波打った段々の鍾乳石がキレイです

2億5000万年の歳月が作り出した造形美

距離感が分からなくなるほどの大きさです

 

ため息だらけの洞窟探索を終えたら、次はフォンニャ洞窟です。

フォンニャ洞窟は世界遺産に登録されている洞窟で、
パラダイス洞窟と違って船で中に進んでいく形になります。

9月~11月は雨季のため入れない事もあるので注意しましょう!!

。。。とその前にお昼です。

 

お昼はフォンニャ洞窟の近くの観光センターで

ボリュームもしっかりあり食べ応え十分

アジア人として箸の使い方を教えてあげました♪

 

フォンニャ洞窟へ行く前にお昼休憩があるんですが、
この時間に川のそばへ行ってみると、なかなか面白いですよ~!!

景色がキレイですし、水牛の水浴びが見れます。

 

河川敷は景色がめちゃくちゃ良いです

気持ち良さそうに水浴び中の水牛たち

デカイので怖いですが、彼らは臆病です

よく見ると、ちょっとマヌケ面してます

一緒に水浴びした~い!!

 

水牛たちと戯れて、ベトナム感を十分満喫したら、
いよいよフォンニャ洞窟へ向けて出発です。

洞窟までは川をボートで20分くらい、
周りの景色を楽しみながらゆっくり進みます。

途中途中で釣りや漁や洗濯をしている現地人や
民家の様子が見れて結構面白いです。

 

フォンニャ洞窟へ出発!!

ところどころに水牛がたくさんいます

リバーサイドビューな民家

フォンニャ洞窟が見えてきました

 

中に入ってからはしばらくボートで進み、
その後、上陸して洞窟内を散策する感じです。

先ほどの天国の洞窟が凄すぎて、ちょっと迫力に欠けますが、
こちらはこちらで十分見応えがあります!!

 

ボートで洞窟の中を進みます

天国の洞窟とは、また違う感じ

段々の鍾乳石はデフォルトですね

 

。。。とここで悲しい出来事がありました。

なんと洞窟の中にタバコが捨ててあるじゃないですか!!

こんな美しい自然をポイ捨てで汚すなんて、
ベトナム人(観光客かもですが)のこういうところは嫌いです。

 

因みにガイドの人にタバコのことを言ったら、
おもむろに拾って川の中へポイです。。。(苦笑)

 

えぇぇ~!!

 

あまりの出来事に何も言えませんでした。

こんなことなら自分で拾ってゴミ箱へ捨てれば良かったよ。。。

 

ポイ捨てダメ!!絶対!!

 

日本では、こういうマナーはだいぶマシになりましたが、
ベトナムを初めとした発展途上国は、まだまだその辺はダメですね。

観光資源を表に掲げている国の
観光ガイドがそんなんじゃ良くありません!!

もっと発展したら、そういう事にも気を配れるようになるのかな?

 

そんな悲しい出来事を思いつつ帰りのボートへ。。。

そこで他のベトナム人観光客と仲良くなりました。

その人は英語話せないんだけど、
お互い身振り手振りで会話で楽しみました。

もっとコミュニケーションが取れたら、
さっき感じたポイ捨てのこと伝えられて良かったのに。。。

そんな風に思いました!!

 

ベトナム人のおじさん、帽子を貸してあげましたがやっぱり似合う

完全におくつろぎ状態です

帰りのバスの中で箸の使い方を復習中のカナディアン

 

今回の洞窟ツアーは、フォンニャ洞窟と天国の洞窟でしたが、
機会があったらダークケイブにも行ってみたいです。

フォンニャ洞窟と天国の洞窟は似たような感じなので、
個人的には天国の洞窟とダークケイブのツアーがお薦めです。

 

あと、この3つの洞窟の他に世界最大の「ソンドン洞窟」の旅が
2014年2月から一般人に公開されました!!

そちらのツアーのは料金は、なんと30万円!!

ですが、カヤックなどを駆使して8日間かけて、
ジャングルの中を進み洞窟を探検できる正にアドベンチャーです。

毎年、5月頃に予約が解禁されるのですが、
あっと言う間に予約で埋まってしまうらしいので、
参加したい方はこちらから予約をして参加してみると良いですよ。

もちろんお風呂なんてないですがw

 

前のページ ⇒ フエからドンホイへのお得な行き方とベトナムの穴場ビーチ!!

次のページ ⇒ ランタンの町!世界遺産ホイアンの旅行記と美味しいレストラン!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 


■今日のフレーズ「ポイ捨ては辞めましょう!!」

No littering. Please use a trash can(ポイ捨て禁止!ゴミははゴミ箱へ)

ポイ捨て禁止で、よく見かけるのはこの表記ですね。

日本ではゴミやタバコのポイ捨てはだいぶ減ってきましたが、
海外ではみんなポイポイ捨てるんですよね。

そういった面でも日本と海外の違いを感じます。

 

よく外国人が日本にやってきて驚くことに、
ゴミ箱がないのに町や道路がキレイということだそうです。

実際、台湾人の友人も日本に来て驚いていました。

それ程、私たち日本人のゴミへのマナーは高いです!!

 

因みにベトナムではゴミをポイ捨てというか、
モノを道路に捨てるのは当たり前の文化だそうです。

実際、ベトナム人と1週間ほど旅をしたのですが、
私が食事中に鳥の骨を捨てる場所を探していたところ。。。

彼は「地面に捨てるんだよ」

。。。と当たり前のように説明してくれました!!

日本だと殻入れなどが当たり前ですが、
ベトナムには購入なお店でもそういう文化はあまりありません。

そういった人たちにゴミに対するマナーを教えるのは、
かなり難しいと私は思います。

もちろん、これはアジア人だけでなく欧米人もそうですし、
私たち日本人だって100%完璧ではないです。

でも、地球をゴミ箱にするのはやっぱり何人だろうと良くないです。

日本が誇れるこのマナーをもっと広めていけたらいいですね。

 

⇒ アメリカ大統領の元通訳が推奨するお薦め英会話学習法!!

⇒ ベトナム語でコミュニケーションを取るなら!旅の指さし会話帳!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ