英語力が伸びる効果的な学習の順番!英会話は文法と語彙が決め手!

 

英語 (4)

 

世の中にはいろいろな英会話の勉強法が溢れています。

英会話スクール、英語教材、英語の専門学校、
教科書、問題集、語学留学。。。

このように英語の勉強法はたくさんありますが、
実践しても思うように行かないこともしばしば。。。

そうなると勉強を続けることが嫌になってしまいますが、
誰もが間違いなく成功できる英会話の勉強の順番があります。

今回はその順番について紹介していこうと思います。

 

英会話がなかなか上達しない理由

 

英語 (1)

 

多くの人が英語を話せるようになりたくて勉強していますが、
なかなか上達できずに苦しんでいます。

その大きな理由のひとつに、
「まだ英語を話せるレベルではないのにやろうとしている」
というのがあげられます

「何それ?」と思うかもしれませんが、
英会話は英語の中でも上級スキルです。

なぜ英会話が上級スキルなのかというと、
英会話には以下の4つの英語のスキルが必要だからです。

1.リスニング
2.文法
3.語彙
4.発音

英会話では、まず相手の言っている言葉が聞き取れるリスニング力が必要です。
また意味を理解するための語彙力や、意味を判断するための文法力も問われます。

更に相手に自分の意志を伝えるために気持ちに合った相応しい語彙力、
その語彙を組み立てるための文法力、正確に伝えるための発音も必要です。

そして英会話はそれらが複雑に絡みあってはじめて成り立つうえ、
テンポ良くやりとりするための瞬発力も要求されます!!

それを踏まえると英会話がなかなか上達しない理由が分かりますよね。

つまり逆を言えば、英会話のスキルは、
基本的にリスニング・文法・語彙・発音の
4つの英語スキルで決まるということです。

では、その4つのスキルを身につけ、
英会話のスキルをあげるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

成功する英会話勉強の順番

 

英語 (2)

 

英会話の技術をあげるには、
4つのスキルを磨かなければなりませんが、
そのための効率の良い勉強の順番があります。

その順番とは

1.文法 + 日常的な単語 + リスニング
2.本気でリスニング + 日常的な単語
3.英会話 + 日常的な単語
4.難しい単語

です。

よく「英会話に文法は必要ない、話す練習をすればいい」と言われていますが、
その前にある程度、最低レベルの文法力と語彙力は絶対に必要です。

確かに「話し言葉は文法的には間違いだらけ」ですし、
話をする際に文法を意識することはありません。

しかし、実際の会話中は
私達の頭の中では文法が大活躍しています。

例えば、英語で何か質問された時を思い出してください。
誰かに英語で質問を受けた際、意識はしていませんが、
疑問系という文法の知識が働いてますよね?

このように会話中には文法を意識していませんが、
頭の中ではしっかり文法が使われています。

疑問文のような簡単な文法が意識をしなくても理解できるのは、
あなたの中で無意識に出てくるように疑問文の文法が身についているからです。

 

最初に学ぶべきは文法と単語

 

英語 (3)

 

以前、英会話はアウトプットで、
アウトプットはインプットしたものの中から
少ししか出すことができないというお話をしました。

詳しくはこちら↓

⇒ 英語の勉強!インプットとアウトプットの差

それを踏まえると、
英会話で様々な言い回しがしたいのであれば、
インプットを多くしておかなければなりません。

そしてインプットの中でも文法と語彙は基礎中の基礎であり、
全ての英語のスキルをアップさせるための元になります。

文法が無意識に使えるレベルになればなるほど、
英会話に反応できる速度を上げることができます。

よく英語を話す際に「文法を考えて上手に話せない」という人がいます。
しかしそれは文法をインプットできているレベルが低いからであり、
文法のせいで話せなくなってしまっているわけではありません。

むしろ文法は落としこめてるレベルが高ければ高いほど理解力が増すものです。

なので、本物の英会話力を身につけたいのであれば、
フレーズや言い回しを覚えるのもいいですが、
文法を徹底的に腹に落とし込む方が効果的です。

そして無意識レベルまで文法を自分の中に落とし込めれば、
英会話はおろか、殆どの英語力を劇的に上げることができます。

 

英語の勉強の進め方

 

英語 (5)

 

「英語を話せるようになりたいな」と思っている初級者の方は、
スクールに通うよりも先に中学の文法と語彙を勉強してください。

お薦めは「ゼロからの英語やり直し教室New Beginning」です!!

文法は項目が多い気がしますが、ルール自体はそんなに多くありませし、
文法を意識しなくても英語を考えられるくらいまで鍛えられれば、
英会話も驚くほど早く効率よく上達させることができます。

そして英会話の目標が海外旅行での会話に困らない程度であれば、
まずは中学レベルの文法を抑え、リスニングとスピーキングの練習をしましょう。

また、既に英語を勉強中で伸び悩んでしまっている中級者の方は、
自分の苦手なスキルや伸ばしたいスキルを勉強するのもいいですが、
もう一度、文法と単語を勉強してみてください。
そうすることで、思っていたよりも簡単に壁を越えることができると思います。

言語は「インプットの量の多さがアウトプットの量の多さ」です。
文法と語彙をしっかり勉強し、英語のスキルアップを目指しましょう。

 

前のページ ⇒ 三日坊主を解消!英語の学習を継続させるための目的とイメージ!

次のページ ⇒ 英会話上達の鍵はグラマー!基礎力UPで勉強の効率を上げる!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ