グラマーUPで英会話上達!お薦め参考書!一億人の英文法レビュー

 

参考書

 

今まで当サイトでは、英会話をする上で文法の重要性を説いてきました。

なぜなら、文法は英語を話す(文を組み立てる)上での設計図で、
英語は設計図が特に重要視される言語だからです。

その辺の詳しい解説は、また近いうちにご説明しますが、
今回は英文法を勉強する上でお薦めの参考書を1つ紹介いたします。

 

お薦めの参考書「一億人の英文法」

 

 

今回お薦めする英文法の参考書は「一億人の英文法」です。
有名で売れてる本なので、英語を勉強している方なら既にご存知だと思います。

⇒ すべての日本人に贈る「話すため」の英文法「一億人の英文法」

この本は、TOEICや英検などの試験対策の文法の本というよりは、
英会話を上達させるためにお薦めの文法の本になります。
(もちろんTOEICや英検でも無駄にはならないですよ)

みなさんに無駄に本を増やして欲しくないので参考程度にはなりますが、
この本で勉強するのであれば、中学の英文法が理解できるレベルが必要です。
そのレベルに達していない人には少し難しく感じると思いますので、
そういう場合はもう少し初心者向けの本で先に勉強しましょう。

 

ちょっと待って!!その参考書ホントに必要?

 

参考書 (1)

 

さて、参考書を購入する前の注意事項なのですが、
今あなたの部屋の本棚に使っていない眠っている参考書はありませんか?

もしあるなら、おそらく新しい参考書を買ったとしても、
コレクションの仲間入りをしてしまう可能性が高いと思います(笑)

結構ありますよね?買って満足してしまうパターン^^;

それでは意味がないので、参考書を購入する際は今すぐ使う本を買う!!
そして、購入の前にまずは本棚に眠っている可愛そうな本達をクリアして
新しい参考書に望みましょう。

ちなみに私の実家の部屋の本棚には、簿記の参考書達が飾られています^^v
いつかやらなきゃなぁ。。。と思いつつ。。。

 

英会話上達「一億人の英文法」の特徴

 

参考書 (2)

 

この本の特徴は、英会話を意識した英文法の解説がなされていること

そのため従来の文法書にありがちな「これはこういう決まりです」終わり!!
というパターンでの解説ではありません。

「それがそういう決まりなのはどうしてなの?」「なぜなの?」
という風に「英文法がそういう仕組みになっている理由」が書かれているので、
ネイティブの英語の捉え方を感情面から理解できる仕組みが施されています。

例えば、この本の中では英語は「配置の言語」という紹介がされていますが、
何故配置の言語なのか?どういう仕組みなのか?どういう感情に基づいているのか?
などが細かく解説されています。

具体的には、従来の参考書では、5つの基本文型の解説は、
「SV」からはじまり「SVOC」まであります、以上!!ですが、
この参考書には「基本文型がどういう感情に基づいているのか?」
といったことを、読者が理論だけでなく心で捉えられるので、
わかっている項目でも目から鱗がこぼれる解説が目白押しです。

と言っても、ここで文章で説明してもよく分からないと思いますので、
参考書のサンプルPDFがネット上にあるのでご覧になってみて下さい!!

従来の参考書と違って、勉強しながら「気づき」があるので面白いですよ♪

文体は、著者の大西先生が語り口調で解説していているのでフランクで、
参考書に出てくる例文も普通の参考書のような堅苦しい例文ではなく、
実際に使われる口語での砕けた例文が多いのも特徴です。
(読んでいると、試しに言ってみたくなる例文がたくさんあります)

ちなみに参考書のボリュームは、辞書並みに700ページ近くありますが、
文法がイメージで捉えられるようにイラストが豊富で、字も大きいので、
見た目以上に簡単にスラスラ読めます。

この本の冒頭には「高校生なら10日で読破しなさい」と書いてあり、
作者はそれくらいの「知性と勢いが必要です」と申しております^^;
(え?私?私は余裕で読破に一ヵ月ちょいかかりましたよ?)

 

「一億人の英文法」での勉強方法!!

 

参考書 (3)

 

この参考書は、参考書の冒頭にも書いてあるのですが、
飛ばし読みではなく最初から最後まで通読することをお薦めいたします。

英語の勉強に慣れてくると自分の苦手な項目を中心に勉強しがちですが、
頭から終わりまでローラー作戦のようにしっかり通し読みすることで、
忘れていたことを思い出したり、新たな気づきを得られたりします。

とても精神力がいりますが、3回くらいは最初から最後まで細かく読んで、
頭の中に叩き込みながら勉強した方がいいです。

ただ、この参考書は特徴の点でも紹介しましたが、
文法書の中では格段に面白く読めますので、通読もそこまで辛くないです。
(あくまで個人的な見解ですが。。。)

結構、文法書って読みきるのに気合いがいるものって多いんですよね。

この本は、作者の大西先生も飛ばし読みやかいつまんで読んで欲しくない
という気持ちがあるらしく、索引がついていないのも特徴です。
なので、意図的に読みたいところをパッと開けない仕組みになっています。

もし、勉強している中でご自分で気になる項目や、読み返したい項目があったら
ポストイットを貼って自分流の索引をつけておくと便利です。

なんだかんだ頻繁に読み返したほうが良いページが結構ありますので♪

文法を勉強する参考書でここまで英会話を意識した本は他にはないので、
ご自分の目標が「英語を話すことだ!」という方には非常にお薦めです。
もちろんTOEICなどの試験対策にも使えますが、英会話向けですね。

 

参考書のサンプルがあるので見てみて下さい ⇒ 「一億人の英文法!」サンプル

参考書はこちら ⇒ すべての日本人に贈る「話すため」の英文法「一億人の英文法」

 

前のページ ⇒ 英語力UPの秘訣は英文法!グラマーは実践で身につけるべき?

次のページ ⇒ グラマーUPで試験対策!お薦めの英語参考書「Forest」!!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ