独学で短期間で簡単な英会話を身につけるための3つのポイント!

 

英会話 (3)

 

当ブログでは、英会話をマスターする上で基礎の学習やインプットが大事!!
。。。と何度もお話してきました。

しかし、文法や語彙を着実に身に付けて、リスニングをしっかりやって、
まずはインプットを強化して、それから英会話の練習をする。。。

それが大事なのは分かっているんだけど、それじゃモチベーションが続かないし、
とにかく英語を話せるという実感が欲しい!簡単な英語でも良いから話したい!!

そういう人もいると思います。

そこで今回は、最短距離で簡単な英会話が身に付けるポイントを紹介します。

 

独学で短期間で英会話を身に付ける

 

英会話 (5)

 

英語を話せるようになりたい!!

多くの英語学習者にとって、ゴールはここだと思います。

そのためには文法などを基礎からやるべきなのは分かっているし、
英単語も覚えていかなきゃいけないのも分かっているんだけど、
そういう勉強は続かなくてダメなんです。。。

その気持ちすごく分かります。

元々、文法が大好き、英単語を覚えるのが楽しくてしかたがない!!

こういう感じの人じゃないと、なかなか基礎の学習って続かないですよね?

 

私も最初、英語の学習を始めたのは、海外で楽しく会話をするためでした。

なので、こちらに来る前に基礎の勉強をしたわけではありません!!

「基礎を勉強しなきゃ、このままじゃダメだ」と思ったのは、
仕事で英語の翻訳に挑戦し、できなくてボロボロになってからです^^;

日常英会話であれば、みっちり基礎が出来てなくてもなんとかなります。

騙し騙しでも、なんとかきちんと会話を成り立たせることができます。

もちろん「基礎からしっかりやるべき」というスタンスは変わりませんが、
もう、切羽詰っているんだ!とにかく話せるということを実感したいんだ!

そんな人のために、最短で英語を話せるようになる3つのポイントがあります。

それは以下の3つです。

1.とにかく英語を口に出して練習する
2.意味の分かる英語表現を練習する
3.最もよく出合う英語表現を練習する

この3つを抑えば、簡単な英会話であれば独学で短期間で習得できます。

 

英語を口に出して練習する

 

英会話 (1)

 

英会話を習得する上で「英語を口に出す」以上の上達法はありません!!

それは気が向いたときにだとか、たまにとかそういったやり方じゃなくて、
徹底的に毎日、毎日、毎日、毎日、英語を口に出すことです。

「。。。でも、毎日話すにしても、話す相手がいないし」

って思うかもしれませんが、あなたに限らず普通はそうですよね?

このブログを読んでいる方のほとんどは、
周囲の環境が100%英語環境で、毎日英語を話す相手には事欠かない

。。。なんていう人は少ないと思います。

それが当然です。

もし、話せる環境にいないのだとしたら、自分一人でやるしかありません。。。

 

すごく重要なことなのですが、英会話の練習は一人でできます!!

それも「相手がいないし、仕方ないからひとりでやるか。。。」といった、
ショボくれた考えの練習法ではなく、自信をもってできる方法です。

とにかく徹底的にシャドーイングと瞬間英作文を行ってください!!

どれくらいか?というと、もうアホほどです。

英会話の習得のための勉強は、
スクールで毎週1回~2回レッスンを受けるみたいなのは完全におまけです。

その程度で英語が短期間で話せるのであれば既に皆英語ぺらぺらなはずです。

英会話の習得で大事なのは、そういうおまけではなく1人でやる練習の方です。

それが、独学で短期間で英会話を身に付けるための最大のポイントです。

 

シャドーイングや瞬間英作文の方法はこちらを参考にして下さい↓

⇒ 初心者にもお薦め!シャドーイングのやり方とまとめ!

⇒ 初心者にもお薦め!瞬間英作文の練習法と教材まとめ!

どちらも気軽にできて、効果も抜群な方法なので試してみてください。

 

意味の分かる英語表現を練習する

 

英会話 (2)

 

英会話の学習をしていて、フレーズや熟語を身につけようとする際に、
「よく意味が分からないけど、とりあえず丸暗記」をする人がいます。

これは良くありません!!

英語は意味が分からないまま覚えても、絶対に使いこなすことはできません!!

独学でとりあえず基礎を置いておいて、英会話を習得しようとしてるなら尚更です。

もし教材の中で「意味が分からない、この単語初めて見た」などがあったら、
口に出して練習する前に、その文章や単語の意味や使われ方を理解して下さい。

 

また、実際に自分が使っているつもりで感情を込めて口に出すのも大事です。

小学校の授業で朗読の際に「心を込めて、登場人物になりきって」と言われましたが、
感情を込めて成り切って話す事は「使い方や状況を理解する」のにも欠かせません。

日本語でも話をする際には、感情や心を込めて話をしていませんか?

なので、英語の練習をするときも状況を想像してなりきって練習しないと、
実際に話す際に、あなたの口からその英語が自然に出ることはありません!!

 

最もよく出合う英語表現を練習する

 

英会話 (4)

 

あなたは最短で使える英会話を身に付けたいと思っているはずです。

なので、使わない英会話を勉強している時間は勿体無いです。

例えば。。。

・レストランでお薦めのメニューを聞く
・遊びに来た友人にお薦めの日本料理屋を教えてあげる
・ホテルのシャワーの調子が悪いとフロントに伝える
・買い物の際に色違いのものを尋ねる
・タクシーで行き先を伝え、到着後つり銭をもらう

こういった英語表現こそ、使う頻度が高くて必要な英語のはずです。

 

例えば、教材などでよくある

留学先のホストマザーがガールフレンド候補を紹介してくれる
。。。なんていうシチュエーションは皆無と言っていいでしょう。

なので、そんな会話文を勉強するのは後回しです。

そんな英語よりも、旅行先で気に行った服があったけど色違いが欲しい

。。。そういったシチュエーションの方が圧倒的に現実的だと思います。

その際、カタコトの英語でも店員さんは理解してくれますが、
どうせなら、かっこよくスマートに文章で質問をしたいですよね?

なので、英語はそういう使いそうな会話を先に練習するべきです。

 

日本人が英語を習得したい理由の多くは「海外旅行で使いたい」ですし、
実際、英語を使う機会は海外旅行がほとんどだと思います。

ならば、なにより先に「海外旅行で必ず使う英語だけ」を先に習得して、
それから表現を広げたり、基礎を勉強すればいいんではないでしょうか?

 

以上のように最短で英会話ができるようになるためには、

1.とにかく英語を口に出して練習する
2.意味のわかる英語表現を練習する
3.最もよく出合う英語表現を練習する

これらを抑えて練習をすれば、短期間で簡単な英会話が習得できます。

⇒ Hapaトラベル英会話の効果!旅行英語を短期間身につける方法!

↑中でも、この教材は旅行に必要な英会話を習得できるのでお薦めです。

こちらの教材は、上の3つのポイントをきちんと抑えた内容になっており、
内容も旅行や出張などの短期滞在に必要な英語に限定しているので、
英語が苦手な人でも短期間で英会話を習得できすぐ使うことができます。

また教材のフレーズを実際のお店で使っている様子が収録されており、
本物の一般人同士の生の会話を周囲の雑音や雰囲気を含め学べるので、
本番さながらのやりとりを感情ごと捉えることができます。

 

【実際にフレーズが使われている様子】

 

以上のように、初歩的な英会話を短期間で身につけたいのであれば、
「話す」「理解した英語」「よく使う英語」の3つの練習が大事です。

どんな方法でもいいので、よく使う英語を理解しながら話す練習をしましょう。

 

前のページ ⇒ 英会話は学習は訛りの強い英語!フィリピン人講師は本当にダメ?

次のページ ⇒ 英語の勉強の常識をぶっ壊せ!頑張らない型破りな英会話学習法!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ