基本動詞を使いこなそう!「Come」の英語本来の意味とイメージ!

 

come (3)

 

英文を組み立てる際に最も重要な文の要素は「主語」と「動詞」になります!!

なぜ、主語と動詞が大事なのかというと。。。

主語は文中で「文全体の主人公の役割」を果たし、
動詞は文中で「文全体の流れを決めるストーリーの役割」を果たすからです。

なので、英語や英会話も漫画や映画やドラマなどと同じで、
主人公である「主語」とストーリーである「動詞」さえ決まれば作ることができます。

今回は、そんな英語の重要な要素の中から「come」のイメージをお伝え致します。

 

(復習)英語は「誰が何をする」をイメージしよう!!

 

come (2)

 

英語では「誰が何をする?」を英語本来のイメージを使って作るのが大事です。

どういうことか、分かりやすい例をあげると。。。

I’ll take the medicine.(薬を飲みます)

このような文があるとします。

まず、この「薬を飲みます」という文を英語にする際に考えなければならないのが、
主語の部分、つまり「”誰”が薬を飲むのか?」になりますよね?

ですが、日本語は「薬を飲みます」のように主語が省略されることが多く、
英会話に慣れていないと主語に何を使うべきなのかが直ぐに浮かんできません。

その際、重要なのが「誰がその動作をするのかをイメージすること」です!!

 

例えば、食事中に「誰かに塩を取って」とお願いするとすると。。。

Can you pass me the salt?(塩とってくれない?)

。。。となりますよね?

この文では「塩を使いたいのは自分」だけど「塩をとる動作をするのは相手」です。

なので、主語は「あなた」を使うのが正解になるというわけです。

⇒ 英会話を感覚的に理解しよう!英語と日本語の考え方の違いと法則!

 

そして次に考えなければいけないのが動詞の部分、つまり「何をする?」です!!

その際、私たちは動詞を日本語の意味対応させて作ってしまいがちです。

× I’ll drink the medicine.(薬を飲みます)

ですが、本来英語のイメージで文を作ると以下のようになります!!

○ I’ll take the medicine.(薬を飲みます)

日本人は英語と日本語を1対1で意味を対応させて覚えてきてしまっているので、
上のような文でも「飲む=Drink」と考えて文を作ってしまいます。

しかし、英語は動作を描写を好むので「飲んでる姿」という情景の描写ではなく、
動作の描写「薬の成分を取っている」という動作で文を作るのが自然です。

× I’ll drink the medicine.(薬を飲みます)
○ I’ll take the medicine.(薬を飲みます)

日本語の感覚 ⇒ 薬を「飲む」という状況や情景の描写
英語の感覚  ⇒ 薬の成分を「取る」という動作の描写

なので、動詞は意味ではなく「動作のイメージ」で抑える必要があるんですね。

⇒ 英語は中学生までの知識で話せる?基本動詞で英会話を習得しよう!

 

基本動詞「Come」の英語本来のイメージを捉えよう!!

 

come (4)

 

基本動詞「come」の英語本来のイメージは「あるところへやって来る」です。

しかし、私たちは学校の授業では、以下のように意味を覚えてきました。

・Come ⇒ 来る
・Come ⇒ 生じる
・Come ⇒ 到着する
・Come ⇒ 現れる
・Come ⇒ 起こる …etc.

ですが、英語はこんな風に日本語と1対1で対応させて覚えてはいけません!!

基本動詞「come」を正しく理解する際には以下のイメージを捉えてください!!

 

あるところへやって来る

come (1)

 

このように捉えると、基本動詞の「come」を正しく使えるようになります。

例えば。。。

1.場所や状況へ来る・到着する

Come here. (ここへ来なさい)
Spring has come.(春がやって来た)

あるところへやって来るという「come」のイメージがそのままですね

2.状態や状況が起こる

My dream has come true.(夢が叶った)
That comes of your carelessness.(それは君の不注意で起きた)

物理的なもの以外でも「あるところにやって来る」それが「come」です。

つまり「come」を使えるようになるには「意味を覚える」のではなく、
モノでも何でも「やって来る・近づいてくる」というイメージが大事になるんですね♪

⇒ 英会話のための英文法!基本動詞「come」のイメージを掴もう!

 

そして、本来の動詞のイメージが掴めるようになると英語は簡単になります。

なぜなら。。。

Your bill comes to $5.(お勘定は5ドルになります)

お勘定が○○円になる ⇒ 商品を購入した結果、お代がやって来ました。

The watch like that doesn’t cheap.(ああいう時計は安くならないよ)

安くならないよ ⇒ お代が安くなるという状況がやって来ない。

I’m ready for whatever comes.(何が起ころうと準備万端です)

何かが起こる ⇒ 何か現象がやって来る・起こります。

こんな風に日本語の意味など意識せずに文章を作れるようになるからです!!

 

また「comeの行く」と「goの行く」では以下のように使い分けます。

・Go  ⇒ 話題の中心から去っていく
・Come ⇒ 話題の中心にやって来る

なので「すぐ行くよ」などの場合には「I’m coming.」が正解になります。

理由は、話題の中心(相手のところなど)へ「やって来る感覚」になるからです。

あくまで「やって来る感覚?」か「去っていく感覚か?」で使い分けるんですね。。。

 

どうでしたか?

今回の「come」のイメージは「go」の逆で覚えると簡単そうですね^^

物理的なモノでなくても、あるところへ何かがやって来る!!

これが基本動詞「come」のイメージです。

慣れるまでは「go」と混同してしまう部分もありますがポイントは話題の中心です。
繰り返ししっかり声に出して練習して感覚を身につけるようにしましょう。

 

前のページ ⇒ 基本動詞を使いこなそう!「Go」の英語本来の意味とイメージ!

次のページ ⇒ 基本動詞を使いこなそう!「Run」の英語本来の意味とイメージ!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ