英会話スクールのレッスンを上手に選ぶ!効果を最大化する方法!

 

英会話スクール (5)

 

英会話を習得するには「英語を話す練習が大事だ」というお話しました。

しかし中には、英会話スクールに何年も通って話しているけど、
全然上達しなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

上達できないと「自分の飲み込みが遅いからいけないんだ」とか、
「スクールの先生が合わないからダメなんだ」とか考えてしまいますが、
実はそれにはもっと根本的な問題があります。

今回は英会話スクールのレッスンについてお話しようと思います。

 

英会話スクールの根本的な問題

 

英会話スクール (3)

 

英会話スクールは英語を話す場としての質は優れています。

日本にいて面と向かってネイティブの先生と英語を話す機会、
しかも、英語を教えるプロと話す機会はなかなか得られません!!

これは英会話スクールの最大の利点だと思います。

しかし、一方で英会話スクールには大きな欠点があります。

それは「話す時間が短すぎる」という欠点です。

英会話スクールに通えば、話せるようになる!!
そう思っている人が多いですが、それは大きな間違いです。

 

スクールのレッスンの内容を考えてみて下さい。

例えば週に3回1時間のレッスンに通っていたとします!!

それを計算すると一ヶ月で12回、月でたったの12時間。

半日にしかなりません!!

しかも、そのレッスンの間は、あなたが一方的に英語を話している時間、
。。。というわけではないですよね?

レッスンの中で半分か、それ以上は先生が話をしていて、
さらにそれがグループレッスンだったとすると。。。

あなたが英語を話している時間は10分かそこらじゃないですか?

10分を週に3回、月に換算して120分。。。

たったそれしか英語を話していないのに英語を話せるようになれる

。。。あなたは本当にそう思いますか?

英会話スクールは、確かに本番さながらの会話ができます。

しかし「話している時間の長さ」という面で考えると、
実は話しているようで、全く英語を話していないんです!!

 

英会話スクールは何のためにあるの?

 

英会話スクール (2)

 

じゃぁ「スクールはなんのためにあるの?」と思ってしまいますが、

私は、英会話スクールは日頃のあなたの練習の成果を発揮して、
ネイティブの先生にチェックしてもらう場であると思っています。

 

例えば、これを野球の試合に例えてお話しすると。。。

本番の試合で良い結果を残したければ練習しなければなりませんが、
毎日の素振りやノックなどの練習だけでは上達が実感できません!!

そこで練習の成果を試す場として練習試合を行いますよね?

英会話スクールは、まさにそれです。

野球の試合では本番の試合で良い結果を残すために練習をしますが、
練習の成果が分からないので練習試合でチェックをします。

そして練習試合の結果を振り返って、今後の練習の方針を決めていく。

これが野球の練習方法です。

 

英語はスクールや英語学習も、それと全く同じで、
本番で英語を話せるようになりたいから日々英語の勉強をしますが、
自分が上達できているから分からないから先生とチェックする。

私は「英会話スクールの目的はそういうところにある」と思っていて、
「それだけで英語が話せるようにはなれない」と思います!!

 

想像してみてください。。。

あなたが野球の選手で、毎日あまり素振りをしていない状態で、
時間の限られた練習試合だけ頑張って打席に立ったとします。

それでヒットが量産できるようになれそうですか?

また普段素振りをしていない状態で、
練習試合の限られた打席の時だけ、いろいろ試してみたとします。

それで本当にバッティング技術は上達するでしょうか?

考えるまでもなく、練習試合だけでは効率が悪いのが分かりますよね?

 

なので、もしあなたが今現在英会話スクールに通っているのであれば、
スクールは普段の素振りの成果を試す場所という認識で通うようにし、
行けば英語がぺらぺらになるという幻想は捨ててください。

決してスクールだけで英語が話せるようになるなんてことはありません!!

 

英会話スクールの上手な使い方

 

英会話スクール (1)

 

では、英会話スクールを上手に使うにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは以下の3つです。

1.英会話スクールは練習試合と位置づける
2.他の生徒が話す時間を減らす
3.先生が話す時間を減らす

 

英会話スクールは練習試合と位置づける

先ほどお話したとおり、英会話スクールは日頃の成果を試す場所!!

。。。という認識で臨んでください。

そのためには普段から英語をひとりでも話す練習をしておくこと、
そして当然、話すだけではなくリスニングや語彙力アップなど、
他の勉強もしなきゃダメです。

英語の勉強法や学習の順番は、こちらにまとめてますのでご覧ください↓

⇒ 英語学習の方法まとめ!!効率良く英会話を上達させるためには?

 

他の生徒が話す時間を減らす

英会話スクールでのレッスンは、限られた時間しかないのですから、
当然、できるだけあなたが長く英語を話したほうが良いです。

とはいえ「他の生徒が話しているのに途中で割り込んだり」、
「人の話を聞かずにどんどん話せ」という訳ではありません。

スクールのレッスンって生徒が複数いますよね?

その中には積極的に話す人や、あなたより英語が上手な人もいます。

スクールではそういう人が案外1人で長く話しているものです。

また、スクールによっては、先生や生徒が毎回代わったりして、
その度に全員がまた自己紹介。。。なんてこともありますよね?

あなたが毎回自己紹介するのは練習なので全然OKなんですが、
はっきり言って、他の生徒が話している時間は無駄な時間です。

なので、そういう英会話スクールは初めから避けるべきです。

 

先生が話す時間を減らす

先生によっては話好きで、先生ばかり話している。。。

そんなレッスンもあったりします。

一見勉強になっている気がしますが、それは単なるリスニングです。

リスニングであれば、別に高いスクールでなくてCDで十分ですよね?

あなたは英会話スクールに会話の練習をしに来ているのであって、
先生の話す英語を聞きに来ているわけではないはずです!!

また前のレッスンの復習をする際にも、あなたが復習をしていれば、
それだけ先生の話す時間を短くすることができるはずです。

その辺を上手く見極めて、スクールやレッスンを選ぶようにしてください。

 

通うべき理想の英会話スクール

 

英会話スクール (4)

 

一番良いのはマンツーマンレッスンが受けれるスクールです。

そして話すことが大好きで、自分のことばかり話す先生ではなく、
あなたに話をさせてくれる先生のマンツーマンのレッスンを選ぶべきです。

また、できればいつも同じ先生で、あなたの成長をチェックしてくれて、
あなたに合ったプランを組み立ててくれるスクールが理想的だと思います。

 

こんな話をすると、たまにこう言ってくる人がいます。

「でも他の生徒の話を聞くのや、それに対するアドバイスも参考になる」
「自分が気づかなかった点が聞けるので、とても勉強になる」

でも、思い出してください。

スクールは練習試合なんです。何よりもあなたが打席に立つのが大事なんです。

あなたが本番さながらの臨場感で英語を話す練習をすることが重要なんです。

文法の講義を聞く時間でもなければ、単語を覚える場所でもありません。
まして他の生徒の英語を聞くためにお金払っているわけではもありません。

文法や単語の学習は、家で自分ひとりでいくらでもできます。
生徒の間違った英語ではなく、正しい英語はCDでいつでも聞けます。

また「他の生徒が質問するまで気づかなかった点」に関しても、
本当にあなたに必要であれば、勉強を続けていれば必ずいつか出合います。

気づかなかったことには、いずれ出合うのだから気づかなくてもいいんです。

 

ただ、同じ先生でマンツーマンの英会話レッスンは金銭的にキツイので、
その場合は、多くても3人くらいの少人数制のスクールがいいと思います。

もし、それ以上の大きなクラスになってしまうのであれば、
残念ながら英会話スクールには行かない方がいいかもしれませんね。。。

また英会話スクールのレッスンを効率よく受け、効果を最大化させるのならば、
自分ひとりで話す練習をすることと、それ以外の勉強も必要不可欠です。

 

前のページ ⇒ 毎日どれだけ英語を話してますか?英会話の習得に必要なこと!

次のページ ⇒ 英会話学校は役に立たない?スクールの役割と英語の練習法!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ