英会話力を上げるとっておきの秘訣!リテンションを鍛えよう!!

 

英会話 (2)

 

英語を話す能力をあげる上で重要なことは何だと思いますか?

英文法?
英単語?
リスニング力?
発音?

確かにそれらも重要な要素ですが、
そういった英語の代表的なスキル以外にも重要なことがあります。

それは「リテンション」と呼ばれている能力になります。

今回は、その「リテンション」について、お伝えしていこうと思います。

 

英会話力のポイント「リテンション」

 

英会話 (2)

 

英語を話す力を上げるために重要なポイント「リテンション」!!

あなたはこの言葉を聞いたことがありますか?

このリテンションは動詞の「retain」が元になっている言葉で、
その意味は「保持する」「持ち続ける」という意味です。

つまりリテンションとは「英語の保持力」のことを指します。

。。。とはいえ、そう言われても、あまりピンと来ないですよね?

 

このリテンションという言葉は、通訳学校などでは御馴染みの言葉で、

「最近リテンションが落ちたな。。。」
「リテンションを伸ばすにはどうしたら良いのだろう?」

。。。といった感じで、よく使われており、
リテンションを伸ばすことで、英語を話しやすくなります!!

 

リテンションとは?

 

リテンション (1)

 

さて、このリテンションですが、分かりやすく例えてお話させて頂きますね^^

このリテンションという能力は、コンピューターのメモリーに似ています。

パソコンにはソフトを起動したり、処理をするためのメモリーがあるのですが、
そのメモリーが作業でいっぱいになっていると素早く作動しません!!

つまり、パソコンがたまにスムーズに動作しなかったり、
フリーズしてしまうのは、メモリーが忙しい状態になっているためですね。

 

英語もこれと似たような現象がよく起こります。

例えばTOEICを受けたことがある人は、経験した事があると思いますが、
リスニングパートで、内容を聞いた時には完璧に理解できていたのに、
いざ、問題を解く時になったら忘れてしまった。。。

そんな経験をしたことがある人も多いと思います。

これが、パソコンで言う「メモリーの領域がいっぱい」になっている状態!!

つまり、「英語の保持力(リテンション)」が低い状態のことを指し、

そうなってくると、先ほどお話したように、
「内容を理解できていたんだけど忘れちゃった」という現象が起こってきます。

 

リテンションを高めるメリット!!

 

リテンション (2)

 

リテンションを高めると2つの大きなメリットがあります。

ひとつは先ほどお話した「記憶の保持」ですが、もうひとつは「予測」です。

例えば、以下の文を見てください↓

そのお店に行った!!

この文章を見た時に、他に付きそうな言葉を自然と予想しませんでしたか?

昨日、そのお店に行った!!
先週、そのお店に行った!!
先月、そのお店に行った!!

 

このように日本語だと予測ができる理由は、リテンションが英語より高いからです。

つまり、英語を話せる人、英語を聞ける人は、
リテンションによる保持力と予測力が、普通の人より高いんですね。

これはクイズ番組などを見ていてもよく分かります。

クイズ番組の早押しクイズでは、
知識があって頭の良い人の方が、答えるのも正解率も高いですよね?

それは、問題を聞いている時から、その先を予測できているからに他なりません!!

 

リテンションに大事なこと!!

 

リテンション (4)

 

では、リテンションを上げるために必要なことは何なのでしょうか?

それは「知識と理解」です。

例えば、以下の文を覚えてみてください↓

そのお店に行った!!

この文章は、もの凄く簡単に覚えられますよね?

 

では以下の文は簡単に覚えられますか?↓

48790475

このくらいの文ならばまだ簡単ですが、長くなったら変わってきそうですよね?

昨日の夜、そのお店に行った!!
487904756635813

どうでしょうか?

上の文は簡単ですが、下の数字の文字列は覚えるのが難しいですよね?

 

その原因は、理解できる文章か理解できない文章かの違いですね^^

つまり「リテンションに重要なこと」それは。。。

その単語を知っているのは当然のこと、文の構成が分かり理解できること!!

それが大事になってくるという訳なんです。

 

リテンションを上げるには?

 

リテンション (3)

 

では「保持力や予測力(リテンション)」を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、リテンションを上げられない、最もダメな学習法を上げるとすると、
それは英語のシャワー、つまり「聞き流し系の教材」になります。

先ほどもお話した通り、リテンションは文の構成が分かり理解できる事が重要です。

ですが、聞き流し系の教材は英語を聞いた後に日本語が流れるので、
英語を聞いても「何故そういう意味になるのか?」を振り返ることはありません!!

「何故そういう意味になるのか?」を構成から理解しなければ、
それは「英語を音楽のように聞き流している」のと代わりがありませんよね?

 

リテンションを上げるのに大事なことは、英語を理解できる能力を付けること!!

つまり、結局「文法と単語」という訳なんですね。

なんだか地味に感じるかもしれませんが、基礎って本当に大事で、
基礎から順番にやらばければ、英会話をやっても効率が悪くなってしまいます。

理由は、リテンションが低いので、
英文を覚えられない、予測が出来ない、考えられない、組み立てられない。。。

そんな状態になってしまうからです。

 

なので、英語は必ず以下の順番で学習するようにして下さい↓

1.文法 + 英単語 + リスニング

2.本格的にリスニング + 英単語

3.スピーキング + 英単語

4.本格的に英単語

英会話が難しい。。。

そう思ってしまう理由は、
英語を読んでも聞いても理解も予測も出来ない状態なのに、
いきなり英会話をやってしまうことです。

読んで聞いて、理解できて、先を予測できる状態であれば、
早押しクイズで問題を聞き終わるよりも先に、答えが分かるのと同じで、
英語だって簡単にスラスラ話せるようになります!!

そのためには学習の順番を考えて、効率良く勉強していくようにしましょう。

 

前のページ ⇒ TOEIC高得点者でも英語が話せない理由と話すための練習法!!

次のページ ⇒ 英語を話せる人と話せない人!英会話習得のための3つのステップ!

お薦めの文法書はこちら ⇒ より詳しく英文法を学びたい方必見の著書です!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ