英会話のための英文法!基本的な副詞「So」の使い方とイメージ!

 

副詞 (3)

 

副詞は「名詞以外なら何でも修飾できる品詞」です。

それだけに文に多くのニュアンスを与え様々な使い方ができます。

また日本語で捉えようとしても、
名詞のような「なんとなく形のあるもの」や、
動詞のような「動作や動きを表すもの」ではないので、
その感覚を肌で捉えるのが、少し難しい品詞でもあります!!

今回は、そんな品詞の中から「So」のイメージについてご紹介致します。

 

基本副詞「So」のイメージ!!

 

副詞 (2)

 

基本副詞「So」は様々な意識やイメージを持つ単語です!!

具体的には主に以下の3つの場面でよく使われます。

・強調したいときに副詞として使う
・前の内容を受ける副詞として使う
・接続詞として使う

ひとつひとつ具体例をあげながらみてみましょう!!

 

・強調したいときに副詞として使う

The kitty is so cute!!(その猫はすごく可愛い!!)

この文で使われている「So」は形容詞の「Cute」を修飾していますが、
ニュアンスとしては「Very」よりも感情の篭ったイメージです。

「その猫はすごく可愛い!!」だから「抱き締めちゃいたい!!」

。。。みたいな、強い感情や意識が込められています。

 

たまたま昔撮影した動画で「So」を使ってる場面があったのでどうぞ↓^^

 

なんとく「Very cute」よりも「So cute」の方が感情が篭ってますよね?

可愛くて可愛くて仕方がない。。。みたいな^^

そんな風に「So」には、ただの「とても」ではなくて、
その魅力に引き込まれる意識が一緒に付いて来るんですね。。。

 

・前の内容を受ける副詞として使う

Do you think it’s better for taking a bus?
(バスに乗って行った方がいいと思う?)

I think so.(うん、そう思うよ)

この会話文では前の文を受けて「そう思う」と使っていますよね?

こんな感じで「So」には前の文を受ける使い方もできます。

また、他にも前の文を受ける意識では、こんな風にも使うことができます。

I really like Taylor Swift.
(テイラー・スウィフトが大好きなんだ)

So do I.(私もだよ)

こんな感じで、前に出た文に乗っかってますよね。

 

これと似たような言い方としては、以下のような言い方もできます↓

I really like Taylor Swift.
(テイラー・スウィフトが大好きなんだ)

Me too.(私もだよ)

。。。ですが、この「So do I.」と「Me too.」では意識の違いがあります。

それは「Me too.」の方が「ずっとカジュアルな言い回し」で、
「So do I.」の方が「少し丁寧な言い回しになっている」ということです。

理由は「Me too.」には動詞がないので「私も」という感じの意識になりますが、
「So do I.」には動詞があるので「私もそうです」という感覚があるからです。、

なので、友達と話す時なんかは「Me too.」でも良いと思いますが、
目上の人や知らない人と話す時は「So do I」を使った方が無難ですね^^

会話としては成り立つので、どっちでも良いですが。。。

 

・接続詞として使う

I was exhausted so I fell in asleep on the couch.
(疲れきっちゃって、ソファの上で寝てしまったよ。。。)

この文では「So」は副詞ではなくて、接続詞として働いています。

疲れきっちゃった。。。だから。。。ソファの上で寝ちゃった

こんな感じで前の文を受けて「⇒」で次の文へ繋げる!!

日本語に翻訳したとすると「~だから」が適当ですね。

会話では、めちゃくちゃ役に立つ表現なので使いこなせると便利です。

 

ちなみに余談ですが私はカナダの語学学校に通っていたときに
放課後、よく学校のソファで居眠り(爆睡)をしていたので、
こんな落書きをホワイトボードに書かれていました。。。(((;_ _)ノ

 

【今日の単語】

49 (22)

 

学校のソファで爆睡するのは辞めましょう!!

今日の新しい単語に取り上げられてしまいますので。。。^^;

 

どうでしたか?

できるだけ細かく「So」についての意識をお伝えしてきましたが、
簡単なので考えなくても使いこなせますよね?

ですが「So」には副詞で使うにしろ、接続詞で使うにしろ、
なんとなく「受ける意識”だから(⇒)”」が宿っています!!

そこを捉えて使いこなしていくと、更に上手に使いこなせると思いますよ^^

 

前のページ ⇒ 英語の副詞の使い方③「程度・頻度・度合いの副詞」と入れる場所!

次のページ ⇒ 英会話のための英文法!基本副詞「Such」の使い方とイメージ!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

2 Responses to “英会話のための英文法!基本的な副詞「So」の使い方とイメージ!”

  1. 秒速で英会話マスターする方法 より:

    確かに副詞って目に見えないからとらえにくいですよね。soの説明がすごく分かり易かったです。私も英会話マスターのブログを書いているので、またお邪魔します!

    • choro より:

      >秒速で英会話マスターする方法さん

      ありがとうございます♪

      目に見えない分、イメージするしかないですよね。

      イメージや細かいニュアンスは感覚の部分なので、
      文章で伝えるのが難しくて四苦八苦してます^^;

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ