英単語は書いて覚える?英語の学習は想像力とイメージが決め手!

 

英単語 (4)

 

よく英語を勉強していると「なんでこんなに物覚えが悪いんだ!」と、
自分で自分を責めてしまいモチベーションが下がってしまうことがあります。

あなたも「自分はバカなんだ」。。。と自分を責めてしまったことないですか?

でも実は、そもそも人間は1度で物事を覚えられない生き物なんです。

英語はやり方を少し変えるだけで、劇的に覚えられるようになります。

今回はその方法をご紹介致します。

 

単語を書いて覚える学習法は効率がいい?

 

英単語 (1)

 

単語を書きまくって覚える学習法、これは効率が良いのでしょうか?

結論から言うと、あまり効率的とは言えません!!

よく学校の先生は「1日に5個で毎日単語を覚えなさい」と言ってきます。

なので、私達はノートに書きまくって単語を覚えようとしますよね?

あなたもノートの左から右まで、びっしり単語を書きまくる!!

学生時代にそんな学習法をしたことありませんか?

しかし、英単語に限らず物事を覚える際に大事なのはイメージと反復です。
※詳しくは前回の記事をご覧になってください↓

⇒ 英単語が覚えられない方へ!常用単語を効率よく簡単に覚える方法!

 

例えば駅ですれ違う人を覚えようとした場合、目立つ人は記憶に残りますが、
目立たなくてインパクトの少ない普通の通行人は記憶になこらないですよね?

一方、インパクトが少なくても毎日同じ時間に同じ場所で見かける人は、
徐々に覚えていく。。。なんてこと、ありませんか?

これが物事を覚える際に重要な「インパクト」と「反復」の力です!!

 

では、単語をノートに左から右までびっしり書いていく学習法はどうでしょう?

まず、インパクトという面から考えてると。。。
全く印象に残っていないものを書いているだけなので「ゼロ」だと思います。

では、反復という面から考えてみるとどうでしょうか?

ノートの左から右までびっしり単語で埋まっているので反復したように思えます。

しかし、単語を左から書いている間、最初の3~5回は意識して書いていますが、
それ以降になってくると、ただ機械のように書いているだけになったりしませんか?

単語を覚える際に、頭は働かず手だけ機械のように動いている。。。

これでは、何十回書いても鍛えられるのは手の筋肉だけですよね^^;

 

語彙というものは、あくまで自然に覚えるもです。

考えてみてください。。。

日本語で新しい単語を聞いた時、あなたは書いて覚えますか?

おそらくほぼ100%書かないですよね?

どちらかとしたら、見聞きしたイメージが定着していく感じじゃないですか?

英語や英単語もそれと一緒でイメージがとても大事なんです。
なので語彙の学習をする時には、必ずイメージで覚えるようにしましょう!!

 

イメージを作って覚えよう

 

英単語 (3)

 

英単語を覚えるには「イメージをするのが大事だ」とお話しましたが、
単語を覚える際にこのイメージ作りをして覚えている人は少ないです。

例えば、学生時代に単語帳単語カードを作って通学中に一生懸命覚えた
。。。なんて人も少なくないと思います。

その際、単語を見て意味を覚えて。。。ってやったと思いますが、
その時に一生懸命覚えた単語っ覚えていますか?

おそらく覚えていないと思います。

では何故覚えていないのでしょうか?

答えは、その単語の「イメージ」が定着していないからに他なりません!!

 

英単語をイメージで覚えると2つの大きなメリットがあります。

1つ目は「英単語が覚えやすくなる」というメリット、
2つ目は「英単語を忘れづらくなる」というメリットです。

とはいえ「イメージで覚えろ」と言われてもどうやってやったらいいか、
なかなか見当がつかないと思います。

そういった場合は、ストーリーを作って覚えるようにすると良いです!!

 

英単語 (2)

 

例えば、「apologize」という単語を覚えたいとします。

その際に例文では「私はその交通事故について謝罪をした」だったとします。

・I apologized for the traffic accident.

これで「私がその事故について謝っているところ」を想像できますが、
それだけでは、まだまだインパクトが弱くて脳に定着しなさそうです。

そこで、少しストーリーを考えてみます。

私は車を運転していて事故を起こしてしまいました。
相手の方は無傷でしたが、乗っていた自転車を壊してしまいました。
後日、その方の家へ菓子折りを持って謝りに行ってきました。

こういった感じで物語をイメージしてみてください。

菓子折りを持って頭を下げているイメージ、それが「apologize」です。

こうするとで「apologize(謝る)」という単語が定着しやすくなり忘れ辛くなります。

ついでに作った物語の英文を考えると、使い方の練習もできて一石二鳥ですね♪

 

ストーリーは自分の中の空想の出来事なのでフィクションでOKです。

どんな変なストーリーでもオリジナルの方がイメージが定着しやすいですし、
英単語を覚えるのが楽しくなると思いますよ♪

是非、この方法で英単語の勉強を試してみてくださいね。

 

前のページ ⇒ 英単語が覚えられない方へ!常用単語を効率よく簡単に覚える方法!

次のページ ⇒ 英語学習が嫌になってしまう理由!覚えられないは無駄じゃない!!

語彙力アップの学習法まとめはこちら↓

語彙力アップ ⇒ 英単語は日本語も使って習得しよう!語彙力UPのオススメ教材!

簡単な英語で話すには? ⇒ アメリカ大統領元通訳おすすめの英会話学習法!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ